SPONSORED LINKS

春のお彼岸

「暑さ寒さも彼岸まで」

こんな諺が知られている春のお彼岸ですが、実は秋のお彼岸も存在します。

実際お彼岸の季節が来ますと、
商店などでは綺麗な花束が店頭に並べられる様になります。

この様な光景が見られると、なんとなくお彼岸の季節が来た事を感じるようになります。

お彼岸とは何なのかを説明します。

「彼岸」とは、もともと仏教用語から来た季節の事です。

その意味は、煩悩に満ちた世界から脱した悟りの世界の事ですが、

そんな、境地のことを指して、彼岸と言います。

彼岸に対して、煩悩に満ちた世界のことを「此岸(しがん)」とも表現されています。

つまり、煩悩に満ちた世界が此岸=こちら側の岸(世界)、

悟りの境地に達した世界が彼岸=あちら側の岸(世界)、という意味ですね。

煩悩に満ちた世界の此岸は、私たちが生きる世界ととらえるので、

彼岸は、亡くなった方たちがいる極楽浄土の世界とされています。

一寸難しいですね
____________________________________________________

春と秋のお彼岸は いつからいつまでなの

お彼岸の期間は、春分の日と秋分の日を含むその前後となりますので



春のお彼岸:3月の春分の日+その前3日間+その後3日間の計7日間




秋のお彼岸:9月の秋分の日+その前3日間+その後3日間の計7日間

春分の日と秋分の日は、太陽が真東から昇って、真西に沈む日の事です。

そのほかに、「西方浄土」という言葉が存在するのですが、

極楽浄土の世界はに、西の彼方にあると考えられています。

その故に、真西に沈む太陽は、極楽浄土への道筋を

示してくれると考えられていたのですね。

そうして、春分の日と秋分の日の前後7日間には、

「彼岸会」という仏事が模様されるされることにもなっています。

これらが、現在の「お彼岸」に繋がっているとの習慣になったのです。
_____________________________________________________

お彼岸の墓参りは何故するのでしょう

簡単に説明しますと、なくなられた方々が

浄土の世界にいる事に対して、

先祖を偲び、敬い、感謝をする期間なのと考えてお参りするのです。

お彼岸の季節になると、外出し易い季節なので

SPONSORED LINKS

お参りに出掛けやすくなったのも理由としてあるようです。

又、お盆の季節になるとお墓参りをする習慣もあります。

理由は、故人の冥福を祈ったり、極楽浄土で

安らかに過ごされることを願う期間ですから、お参りしては如何ですか?

しかし、この季節になるとお参りに来られる方々が多くなりますので

交通状態を確認してお参りに出掛けましょう。
[ad#co-1]

_____________________________

日彼岸の花について

お彼岸の花

お彼岸の花を墓前に備えましょう

お彼岸の花2点

 

 

お盆にもお墓参りをしますが、

お彼岸との違いを分かりやすく言うと、

お盆はご先祖様を供養する期間となっています。

故人の冥福を祈ったり、極楽浄土で安らかに過ごされることを願う期間ですね。

お彼岸の期間内で、「この日にお墓参りをしなければならない」と

決まっている日はありません。

ただ、中日と呼ばれる春分の日、秋分の日に訪れる人が多くなっています。

そのため、道路や駐車場が混雑する霊園もあるようです。

また、お彼岸期間の初日は、「彼岸入り」と呼ばれていて、

この日に、お墓や仏壇の掃除をするものとしている地域もあるそうです。

私たちが今こうして生きていられるのは、

遥か昔からのご先祖様の存在があってこそ。

お彼岸は、極楽浄土に思いを馳せながら、

ご先祖様を敬い、感謝を捧げる、良い機会ですね。

都合があってお墓参りができないこともあると思います。

お彼岸の期間は、お墓参りができなくても、

ご先祖様に感謝を捧げる気持ちを持って過ごしたいものですね。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!