SPONSORED LINKS

インフルエンザ症状

目次

インフルエンザとは?


インフルエンザは、インフルエンザウイルスが気管等に感染することで起こる病気の事です。

通常の風邪の症状よりも高熱が出たり、関節痛が起きて重篤化しやすい病気なのです。

インフルエンザに感染するのは大半が9才以下の子供さん達です。

そして、インフルエンザが原因で死亡するのは65才以上の方が多い傾向があるので

注意するように心がけましょう

インフルエンザは特に低温で乾燥してる時期を好むために、

毎年11~12月頃から感染者が増え始め、

1~3月頃に爆発的に感染者が増える傾向があるのです。

___________________________________

インフルエンザの潜伏期間と症状について

インフルエンザにはA型、B型、C型の3種類が存在しますが、

どのタイプのインフルエンザも1~3日程度の潜伏期間を経過した後に、

寒気を伴う高熱や、全身がダルくなる等の症状がおきて一気に発症します。

インフルエンザが発症してからは、鼻水や咳、吐き気、下痢等の症状が現れますから、

インフルエンザにかかったことがわかります。

インフルエンザはタミフルなどの薬服用すれば1週間~10日程度で回復しますので

早期対策をする様にしましょう!

________________________________________

インフルエンザA型・B型・C型の違いは


インフルエンザA型とは

毎年11月~3月までインフルエンザが大流行しますが、その大半はA型なのです。

人以外にも鳥・豚などに感染することが確認されています。


インフルエンザB型とは

B型は人にだけ感染するインフルエンザなので自覚症状がほとんどあまりありませんが、

感染力が非常に強いので、知らない間にB型インフルエンザウイルスを

感染してしまうことがあるのです。


インフルエンザC型とは

インフルエンザC型とは感染するのは人だけなので、

A型、B型が11月~3月の寒くて乾燥する時期に爆発的に感染するのに対し、

インフルエンザC型は一年中感染するタイプなのです。

感染力が比較的に弱く、そして、インフルエンザ特有の症状も

感じないので、爆発的に感染する事は殆どありませんので安心です。

______________________________

インフルエンザの予防接種(ワクチン)は効果があるのでしょうか?

インフルエンザの予防接種(ワクチン)には肯定派と否定派がおられます。


肯定派の考え方としては、

・予防接種(ワクチン)をした場合、

しなかった場合に比べて65才未満の健常者は

インフルエンザの発症率が7~9割下がる傾向にあると考えています。

・65才以上の一般高齢者では肺炎やインフルエンザが

原因で入院する確率を3~7割程度下げる事ができるとも考えています。

・養護施設など高齢者が入居する施設でのインフルエンザの発症率を

3割から4割程度では、インフルエンザが原因で

入院する確率が5~6割、死亡リスクを8割下げる事ができるとも考えています。

肯定派の考え方としては、

インフルエンザの予防接種(ワクチン)を行っても

100%予防できるわけではないのだがが、

症状が重症化するのを防ぐ為には有効であるとの考えているようです。


逆に否定派の考え方としては

・インフルエンザワクチンは血液中にしか抗体を作成することができないため、

喉や鼻から侵入してくるインフルエンザウイルスに対しては

感染を防ぐことができないと考えています。

そうなると、予防接種をしていても家族や周りの人からの感染を防ぐ事ができない

と考えています。

・インフルエンザウイルスは物凄い勢いで増殖し続けているので、

SPONSORED LINKS

過去の流行したインフルエンザウイルスに対抗できるワクチン接種をしても

意味がないとも考えています。

・インフルエンザワクチンは製造過程の都合上、

弱い抗体しか作成することができないので

また一度殺したウイルスの、

さらにそのウイルスの断片的な部分を利用して作られるため、

体内で抗体を増やすことができないので、

一部のウイルスにだけにしか効力を発揮しないとも考えています。

・インフルエンザの予防接種にはあまり効果が有効でない事を、

医者も知っているのだが、患者離れが怖い、

また予防接種の市場は、とても営業的に、

儲かることから真実を告げられなうのが現状の様です。

この様に、双方の意見があるのですが、

否定派の方たちが証拠として提示している「前橋レポート」があります。

そして肯定派である五本木クリニック院長先生の公表している意見も

別の考え方を主張しておられるのが現状です。

参考ブログ インフルエンザ予防接種ワクチンは打たない派の方へ

インフルエンザ予防接種ワクチンは打たない派の方へ・・・なんで判ってもらえないんだろう?追記あり

__________________________________

インフルエンザの検査方法

インフルエンザに感染した疑いがある場合、

病院で検査を受けることによって、

インフルエンザに感染してるか判断することができます。

具体的な検査方法としては、

1.鼻の奥や喉の奥に綿棒で抗体を採取

2.その綿棒を検体処理液に漬けて、検体を採取する。

3.検体をインフルエンザ検査キットに滴下

4.15分程度経過すれば陽性、陰性が判断できます。

インフルエンザの検査は、比較的簡単に行えますが、

発症したばかりのタイミングでは陰性と判断される場合があります。

理由としては、インフルエンザウイルスに感染した直後の状態だと

ウイルスがまだ増殖していないので、検査キットで判定するには

インフルエンザウイルスが少なすぎる場合があるからなのです。

インフルエンザウイルスは8時間毎に100倍のスピードで増殖するので、

1個のインフルエンザウイルスが8時間後に100個、16時間後には1万個の割合で

増殖するのです。

インフルエンザの検査で確実な結果を得るためには、

発症してから12時間以上経過していると

より正確な判断ができると言われています。

________________________________________

インフルエンザに効く薬はどんな薬があるの?

現在インフルエンザに効く治療薬は5種類あります。


1.タミフル

インフルエンザA型、B型の両方のウイルスの増殖を防ぐ効果があります。

重要なポイントとしては、インフルエンザが発症して48時間以内に服用する

必要があることです。


2.リレンザ

タミフル同様インフルエンザA型、B型の両方のウイルスの

増殖を防ぐ効果があります。

タミフルはカプセルタイプ(小児の場合は散剤)で
水等で服用(経口投与)しますが、リレンザは専用の吸入器を使います。

リレンザもタミフル同様に早期に吸入することで
インフルエンザウイルスの増殖を効果的に防ぐ事が可能です。


3.イナビル

タミフル、リレンザ同様にA型・B型インフルエンザウイルスに効果があり、

リレンザと同じく吸入するタイプの薬ですが、
リレンザと異なる点としては1回の吸入だけで完結する点です。

ちなみにリレンザは1日2回5日間の吸入が必要です。


4.ラピアクタ

点滴で投与するタイプの薬で、カプセルを飲んだり、

吸入するのが苦手な方にも投与することが可能。

タミフル、リレンザ同様に48時間以内に投与した場合

有効性が認められています。

5.シンメトレル

インフルエンザA型にのみ効果があり、

1日に400~1200mgを経口投与するタイプですが、

現在アメリカでは使用が禁止され、

日本でも使用される事はほとんどありません。

_________________________________

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!