SPONSORED LINKS

WS000024

エコノミークラス症候群という病気は決して
安心できない病気なのです。
そこで、エコノミークラス症候群の
症状やエコノミークラス症候群に罹らない
対策などについて解説しています。

エコノミークラス症候群の症状について

長時間同じ姿勢でいる状態だと、
足の血液の流れが悪くなり

血の塊が出来てしまうので、その時に塊が、肺などの血管に
詰まってしまうと
最悪の場合には死亡に至る場合もあるので
注意が必要です。

エコノミークラス症候群の対策について

一般的には、
水分を沢山摂取する事が大切です。

その他には、長い間同じ姿勢でいると
エコノミークラス症候群に成ってしまいますので
こまめに、運動するなどをすると効果があります。

車の中で寝泊まりをしている車中泊なども考えられます。

エコノミークラス症候群はどんな人が発症するの?

エコノミークラス症候群を発症しやすい現象は、
特に40歳以上の人が多いので注意しましょう。

高齢者は、特にリスクが高いと言われていますが、
患者の中で、出産まもない20代後半の女性が発症した
ケースもあった事例もありました。

SPONSORED LINKS

また発症する人は、特に、女性が多い傾向があります、
車中泊をしている方々や、トイレを我慢したりしてしまう
等の特徴がみられることが原因とも考えられます。

女性が多いの特徴としては、
トイレを我慢してしまったり
して
水分を十分にとらない人が多い方達にも注意が必要です。

車中泊の場合には、

2日以上の車中泊が危険
であると言われていますが、
1泊でも発症することがあるので、注意が必要です。

エコノミークラス症候群とはどんな病気?

長時間、同じ姿勢でいると過ごしていると
足の静脈に血の塊や、血栓ができ易くなるので

この一部が血の流れで肺に運ばれてしまい、
肺の血管をふさいでしまう病気なのです。

その他に考えられるのは

車の中で避難生活を長く続けたり、
避難所等にいても
体を動かさず
に座ってばかりいると
発症するのが高まるのです。

エコノミークラス症候群はどんな症状なの

初期症状として現れるのは、足が赤くなってきたり、
むくみや痛みが現れる様になります。

そして血栓が肺に詰まってしまうと、
胸の痛みが出てきたり、呼吸困難の症状が現れたりして、
意識を失ってしまい、最悪の場合には、死亡してしまう事もあります。

エコノミークラス症候群に起こりやすい人は?

血行が悪くなると血栓ができやすくなります。

特に注意が必要な方々は
・高齢の人
・足のけがや手術の経験がある人
・肥満の人
・妊娠中または出産直後の人
・糖尿病や高血圧、高脂血症など生活習慣病がある人
 こうした人は特に注意が必要です。

余談ですが、
旅客機で長時間座り続けた人によくみられる症状なので
エコノミークラス症候群と呼ばれるようになったそうです。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!