google-site-verification: googleb1efe07e040f47ff.html p3dNjYBhRzVGgcGuNgl61j3qK9pa-Sn9KrTnB9uwVHM,104406292561472284698

中日クラウンズ ゴルフトーナメント2016の詳細情報!


SPONSORED LINKS

中日クラウンズのタイトル画像

中日クラウンズ ゴルフトーナメントは
ゴルフファンの待ちに待っていたので
詳細情報を掲載いたします。

今年で57回目を迎える事になりました。
開催会場は例年と同じの
「名古屋ゴルフ倶楽部和合コース」を舞台として、
4月28日(木)から4日間、開催されます。
初日のティオフは午前11時。

2016年の優勝者は誰になるのか楽しみですね!

今年の出場予定選手と経歴は?

青木功の経歴
 

生年月日 1942年8月31日(73歳)
 身長 180 cm (5 ft 11 in)
 体重 80 kg (176 lb)
 国籍 日本
 出身地 千葉県我孫子市
 配偶者: 青木 宏子 (1978年から)
 ※スタートすれば、
ツアー最年長記録となる。

____________________
池田勇太の経歴
 8年連続のツアー優勝となる通算14勝目を挙げている
 今回はジャケットを着る事が出来るかに注目!

 生年月日: 1985年12月22日 (30歳)
 生まれ: 千葉県 千葉市
 身長: 176 cm
 体重: 76 kg
 学歴: 東北福祉大学
_________________________
永野竜太郎の経歴
 所属先 フリー
 生年月日 1988年05月06日
 出身地 熊本県
 身長 181cm
 体重 85kg
 血液型 O型
 出身校 水城高校
 趣味 音楽鑑賞
 ゴルフ歴 10歳~
得意クラブ ロングアイアン
 アマチュア時代の戦歴 全国高等学校ゴルフ選手権 優勝  全日本パブリック 優勝 日本アマチュア選手権2位
 ツアープレーヤー転向 2008年12月08日
__________________________
今平周吾の経歴
 生年月日 1992/10/02
 プロ転向 2011年
 出身地 埼玉県
 身長 165.0cm
 体重 60.0kg
 出身校 東京国際大
通算勝利 【その他 2勝】
_________________________

尾崎将司の経歴
 生年月日: 1947年1月24日 (69歳)
 生まれ: 徳島県 海部郡
 身長: 181 cm
 体重: 91 kg
 配偶者: 尾崎義子
 兄弟: 尾崎直道、 尾崎健夫

・日本ゴルフ界の重鎮のひとり。
プロ野球選手からプロゴルファーへと転身して以来、
国内外通算で実に113勝、
国内ツアーにおいては賞金王に12回も輝いている。
世界でも類を見ない勝ち星の多さで、
長く日本ゴルフ界の第一人者として君臨してきた。
高年齢の域ではあるが、その卓越した技術やスター性は
今なお健在で、トーナメント会場では常に
ギャラりーからの熱い視線を集めている。
2002年には「全日空オープン」で55歳7か月29日の
最年長優勝記録を樹立。
2005年以降は獲得賞金枠でのシードを逃すなど
低迷が続いているが、
その圧倒的な存在感や影響力に陰りは見られない。
66歳で戦った2013年「つるやオープン」の
第1ラウンドではレギュラーツアー史上初の
エージシュートに留まらない「62」をマークし、
世界に衝撃を与えた選手である。
引用 http://www.golfdigest.co.jp/?car=top2_navi

_____________________

小田孔明の経歴
 生年月日 1978年6月7日(38歳)
 身長 176 cm (5 ft 9 in)
 体重 90 kg (198 lb)
 出身地 福岡県田川市
 プロ転向 2000年
プロ転向 2000年
出身地 福岡県 身長 176.0cm
成績
優勝回数 日本男子:8勝

・名前の由来は中国三国志の策士
・諸葛孔明から。
ツアー屈指の飛ばし屋として鳴らす一方で、
多彩なショットを持つ大器。
ロングアイアンを駆使しながら飛距離の
アドバンテージを活かした攻撃的な
プレースタイルを確立している。
プロ転向は2000年、ツアーデビューは03年、
初のシード権獲得は07年と苦節を越え
一流選手の仲間入りを果たした。
08年の「カシオワールドオープン」で
初優勝を手にすると、翌09年に年間2勝を挙げて
賞金ランク3位に入り、飛躍を遂げた。
14年には「関西オープン」と
「ブリヂストンオープン」で2勝を挙げたほか、
2位に3度、3位に2度入り、
初の賞金王に輝いている。
翌15年は7度のトップ10入りも優勝できずに終わった。
引用 http://news.golfdigest.co.jp/players/profile/104/

_________________________
川村昌弘の経歴
 生年月日: 1993年6月25日 (22歳)
 生まれ: 三重県
 身長: 172 cm
 体重: 72 kg
 出身校 福井工業大学付属福井高校

・5歳からゴルフを始め、
ジュニア時代から数々のタイトルを獲得をするなど
早くから非凡な才能を発揮。
2009年から3年連続で
ナショナルチームメンバーに選出される。
2011年のファイナルQTで19位に入り、
同年末にプロ宣言。
ルーキーイヤーとして迎えた2012年、
ツアー第2戦「つるやオープン」で3位タイの成績を収め、一躍その名は全国区に。
その後も3回のトップ10フィニッシュを重ね、
賞金ランキング32位で初シード権を手にした。
翌13年には、アジアンツアーとの
共催競技「アジアパシフィックオープンゴルフ
チャンピオンシップ
パナソニックオープン」でツアー初優勝。
海外ツアー参戦への気概も強く、
国内外での活躍が期待される若手のホープだ。
引用 http://news.golfdigest.co.jp/players/profile/6656/

__________________________

近藤共弘の経歴
 生年月日: 1977年6月17日 (39歳)
 生まれ: 愛知県 東海市
 身長: 167 cm
 体重: 60 kg

・本名は近藤智弘。
2009年1月13日に登録名を近藤共弘に変更している。
2006年のメジャー「日本プロゴルフ選手権」で
プレーオフを制して初優勝を飾り、
改名前はツアー通算4勝を重ねた。
改名後は11年「つるやオープン」と
14年「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」の
2勝にとどまっているが、
上位の常連となっている。
アマチュア時代は高校在学中に「日本ジュニア」で
優勝、
大学時は「日本学生選手権」など数々の
タイトルを獲得し、
日本代表として出場した1998年のアジア大会では
個人・団体ともに金メダルを獲得している。
16年にネスレ日本に入社し
名刺や社員証なども持つ。
社員教育や外部との関係構築への寄与が
主な目的とされ、
サラリーマンとしての給与も受け取る。
引用 http://news.golfdigest.co.jp/players/profile/58/

______________________
重永亜斗夢の経歴
 生年月日 1988/09/14
 プロ転向 2008年
 出身地 熊本県
 身長 172.0cm
 体重 60.0kg
 出身校 日本大(中退)

・地元の熊本県を離れ、
福岡県の沖学園高校を卒業後は
日本大学に進学したが、
1年で中退してプロ転向を果たした。
その直後に左手首を痛めて試合から
遠ざかっていた中、
転機となったのは2012年の結婚と愛娘の誕生。
覚悟を決めてゴルフに集中し、
その年のQTを3位で通過した。
翌年はシード権獲得とはならなかったが、
QTではトップ通過を果たし
再び14年のツアー出場資格をつかんだ。
亜斗夢の由来は「アジアで1番に」との願いで、
手塚治虫原作の漫画「鉄腕アトム」から父親が命名。
難病指定されている潰瘍性大腸炎を抱えての
ツアー参戦が続いている。
引用 
http://news.golfdigest.co.jp/players/profile/958/

__________________________

星野英正の経歴
 生年月日: 1977年9月19日 (38歳)
 生まれ: 宮城県 仙台市
 身長: 180 cm
 体重: 73 kg

・端正なルックスとスター性を兼ね備え、
ジュニアの頃から注目を集めた逸材。
東北福祉大時代には日本アマ3連勝、
さらに日本オープン・ローアマなど、
数々のビッグタイトルを手中に収める。
そして2000年に鳴り物入りで、
プロへと転向。
3年目の2003年、「中日クラウンズ」で
念願のツアー初勝利を挙げた。
しかし、その後の大会では予選落ちが目立つなど
やや荒削りな面も覗かせ、
2003年は23試合に出場してトップ10入りが5回。
ツアー2勝目が期待された2005年は未勝利に終わったが、
2006年の「コカ・コーラ東海クラシック」で
2勝目を達成。キャリアハイとなる賞金ランキング8位に
入った。
2008年は「UBS日本ゴルフツアー選手権
宍戸ヒルズ」を制し、
メジャー初タイトルを獲得。
着実にトッププロへの道を歩んでいる。
引用 http://news.golfdigest.co.jp/players/profile/11/

SPONSORED LINKS

__________________________
宋永漢の経歴
 
生年月日 1991/07/21
プロ転向 2011年
出身地 韓国
身長 179.0cm
体重 71.0kg
 出身校 韓国体育大
 通算勝利 【日本 1勝】

・甘いマスクの注目株。
父の影響でゴルフを始めた。
12年に日本のQTを受け59位。
13年は日本と韓国ツアーを掛け持ちした。
14年には賞金シードを獲得した。
15年は飛躍の年となった。
未勝利ながら5度のトップ10入りで
賞金ランク15位となり新人賞に輝いた。
16年「SMBCシンガポールオープン」で
ツアー初優勝を飾った。
引用 http://news.golfdigest.co.jp/players/profile/13826/

__________________________

片山晋呉の経歴
 生年月日 1973/01/31
 プロ転向 1995年

出身地 茨城県
 身長 171.0cm
 体重 73.0kg
 出身校 日本大
通算勝利 【日本 29勝】
 (【国内メジャー 7勝】)

・日本男子ゴルフ界を長らく引っ張る永久シード保持者。テンガロンハットを着用するスタイルはお馴染み。
ゴルフの名門である水城高校に通いながら
ナショナルチームに所属し、
日本大学へ進むと33ものタイトルを獲得した。
プロ転向後も1998年の「サンコーグランドサマー」での
初優勝を皮切りに多くのツアーで勝利。
2000年には年間5勝を挙げ賞金王に輝いた。
さらに04~06年に尾崎将司、青木功に次いで
3人目となる3年連続賞金王を獲得。
08年には5度目の賞金王に輝くとともに、
悲願の永久シード権を獲得した。
09年の「マスターズ」で自己ベストとなる4位に
入ったことで“燃え尽き症候群”に陥り、
しばらくタイトルからは遠ざかった。
13年の「コカ・コーラ東海クラシック」で
5年ぶりとなる勝利を挙げ、
常勝・片山の復活は大きな話題を生んだ。
14年、15年と2年続けて1勝をマーク。
器具を駆使し行う独特な練習は世界で話題となり、
欧州ツアーの公式HPで取り上げられた。
パターの持ち方、パットを打つ前のルーティンなども
独自の方法で進化を遂げている。
引用 http://news.golfdigest.co.jp/players/profile/47/

________________________
藤田寛之の経歴
 
 生年月日 1969/06/16
 プロ転向 1992年
 出身地 福岡県 身長 168.0cm
 体重 70.0kg
 出身校 専修大
通算勝利 【日本 18勝】 (【国内メジャー 3勝】)

・1997年の「サントリーオープン」でツアー初優勝。
急成長したのは「サン・クロレラクラシック」で
2勝目を挙げた2001年からで、
コンスタントに勝利を積み重ねた。
年を追うごとに独特のスイングとプレースタイルは
完成度を増し、40歳を過ぎて迎えた12年についに爆発。
最終戦の「ゴルフ日本シリーズJTカップ」を
含めて年間4勝を挙げ、賞金王へと上り詰めた。
43歳で初の賞金王獲得は、ツアー史上最年長記録を更新。14年にも年間3勝を挙げており、
その進化の行き着くところは
まだまだ先にあるのかもしれない。
引用 http://news.golfdigest.co.jp/players/profile/9/

_________________________

松村道央の経歴
 生年月日 1983/07/22
 プロ転向 2006年
 出身地 埼玉県
 身長 172.0cm

・安定感抜群のドライバーショットを駆使し、
ツアーデビューの2007年は出場した7戦すべてで
予選突破を果たした。
同年のチャレンジツアーでは賞金王に輝き、
翌08年はレギュラーツアーにフル参戦。
変わらずの安定感で予選落ちは24戦中
わずか5戦という戦績だった。
10年の「コカ・コーラ東海クラシック」で
藤田寛之、兼本貴司をプレーオフで下し
ツアー初優勝を飾ると、
「カシオワールドオープン」で年間2勝目を挙げ、
賞金ランキング5位と健闘。
翌11年の12月に結婚し、
14年8月には長男の羚央(れお)くんが誕生した。
15年の「ブリヂストンオープン」で
愛息と香織夫人が直接見守る前では
初めての優勝となる、ツアー通算5勝目を挙げた。
引用 http://news.golfdigest.co.jp/players/profile/115/

_________________________
I.J.ジャンの経歴、
 生年月日 1973/02/14
プロ転向 2004年
 出身地
身長 174.0cm
 国籍 韓国
 体重 72.0kg
 出身校 韓国大学
 通算勝利 【日本 3勝】

・1993年の韓国ジュニア、1994年の韓国アマで優勝。
22歳からの2年間は、
成年男子の義務である兵役につきながら、
トップアマとしても活躍し、
アマチュア時代は負け知らず。
1998年、プロ転向後、壁にあたりスランプにもなったが、2004年、韓国ツアーで賞金王に輝き、
出場優先順位を決めるファイナルQTでランク30位に入り、日本ツアーにやってきた。
本格参戦1年目の2005年、
「三菱ダイヤモンドカップゴルフ」で
日本ツアー初優勝を飾る。
その後は2008年にシード落ちも経験したが、
12年の「中日クラウンズ」で
7シーズンぶりとなるツアー2勝目をマーク。
前年度大会でブレンダン・ジョーンズに
プレーオフで敗れていたが、見事復活を遂げた。
引用 http://news.golfdigest.co.jp/players/profile/81/

________________________

市原弘大の経歴
 生年月日 1982/05/29
 プロ転向 2001年
 出身地 東京都
 身長 171.0cm
 体重 75.0kg
 出身校 埼玉平成高等学校

・埼玉平成高校時代に「日本ジュニア」を制し、
「世界ジュニア」には3年連続で出場。
卒業後すぐプロ転向を果たすも、
パターの“イップス”、腰椎ヘルニアに悩まされ、
不調が続いた。
2008年からアジアンツアーに本格参戦し、
2009年はトップ10入りを5回果たした。
また、同年は日本のチャレンジトーナメントで
5位にランクインし、2010年のツアー前半戦の
シード権を獲得。
「つるやゴルフオープントーナメント」で、
日本ツアーでの自己ベストスコアを更新する「66」を
マークし、さらに
国内自己ベスト5位タイでフィニッシュするという
健闘を見せた。
2011年は、アジア、日本と両ツアーのフルシード権を
獲得、転戦を続ける。
引用 http://news.golfdigest.co.jp/players/profile/9753/

_________________________
キム・キョンテ(韓国)の経歴
 生年月日 1986/09/02
プロ転向
出身地
身長 177.0cm
国籍 韓国
体重 74.0kg
出身校 延世大
通算勝利 【日本 13勝】 (【国内メジャー 1勝】)

・母国の韓国では、その強さから「鬼」と恐れられた。2007年韓国ツアー3勝の実績をもって、
08年から日本ツアーに参戦した。
1年目からシードを獲得。
10年には「日本オープン」を含む年間3勝で
韓国人選手として初の賞金王になった。
11年には韓国で2度目の賞金王となり、
米国進出を目指したがQTに失敗した。
米国挑戦を見据えたスイング改造が
あだとなり12年には1勝、
その後の2年間は未勝利と不振にあえいだ。
14年にソンヨ夫人との結婚を発表、
“できちゃった婚”だったことを明かした。
翌15年は復活の年となった。
かつてのスイングを取り戻し、
6月の「タイランドオープン」を
皮切りにシーズン5勝を挙げ、
国内2度目の賞金王に輝いた。
表彰式ではMVPを含む6冠。
同年の賞金女王イ・ボミとは地元が同じで、
小学生のときから同じ練習場を使用していた。
16年は国内開幕戦に続き「中日クラウンズ」
「~全英への道~ミズノオープン」で優勝
引用 http://news.golfdigest.co.jp/players/profile/118/

まとめ

今年で57回目を迎える伝統の“クラウンズ”が、
4月28日(木)から4日間、
今年も名古屋ゴルフ倶楽部和合コースを舞台として
開催されますが
今回の大会には、3月にJGTO会長となったばかりで、
現職会長としては史上初の大会出場されるので
楽しみですが
何といっても高齢なので果たして
予選が突破できるのかが一抹の不安です。
若し、予選を見事に突破されれば大会は相当盛り上がって来るのは確実です。
然し、名古屋ゴルフ倶楽部和合コースは
日本屈指の難コースなので、誰がジャケットを着るのか?
注目したいと思います。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!

コメントを残す

サブコンテンツ

関連記事はこちら!

    None Found

このページの先頭へ