SPONSORED LINKS

%e3%83%90%e3%83%92%e3%83%89%e3%83%bb%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%83%ab%e3%83%9b%e3%82%b8%e3%83%83%e3%83%81%e3%81%ae%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e7%94%bb%e5%83%8f

サッカー日本代表チームは現在世界に向けて
はばたこうとしています。
今回は、サッカー日本代表の監督として君臨している
バヒド・ハリルホジッチの経歴や手腕について
調べてみましたので掲載いたしました。

・バヒド・ハリルホジッチの経歴

生年月日: 15 May 1952
6人兄弟の第4子として出生

出生地: Jablania, Bosnia and Herzegovina (ex Yugoslavia)
ヤブラニツァ、ボスニア・ヘルツェゴビナ(旧ユーゴスラビア)
身長: 182cm
Position : Forward

家族構成 ディアナ夫人と子供が2人の4人家族
愛犬コスモ

%e3%83%90%e3%83%92%e3%83%89%e3%83%bb%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%83%ab%e3%83%9b%e3%82%b8%e3%83%83%e3%83%81%e3%81%a8%e6%84%9b%e7%8a%ac%e3%82%b3%e3%82%b9%e3%83%a2%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f

・バヒド・ハリルホジッチの手腕

選手時代は、フォワードとしてプレーし、
FKヴェレジュ・モスタル、
FCナント、パリ・サンジェルマンFC等に在籍していました。
ナント在籍時には、2度フランスリーグ得点王に輝いています。

SPONSORED LINKS

代表歴: 15試合8ゴール(旧ユーゴスラビア代表)
1976年 UEFA欧州選手権・ユーゴスラビア大会 出場
1982年 FIFAワールドカップ・スペイン大会 出場
監督としてのキャリアは、
母国のFKヴェレジュ・モスタルからスタートし、
ラジャ・カサブランカ(モロッコ)では
国内リーグ2度優勝、
CAFチャンピオンズカップ
(アフリカサッカー連盟所属のクラブチームによる
大陸王者決定戦)も制した。

その後、フランスリーグに活躍の場を移し、
リール、レンヌ、パリサンジェルマンで監督を努め、
リールでは、年間最優秀監督として表彰された(2000-01シーズン)。

2005年以降は、トルコ、サウジアラビアなどの
クラブで指導した後、
コートジボワールにて初めて代表チームの指揮を執る。
2006年にコートジボワール監督として来日し、
日本代表と対戦。

ワールドカップ2014ブラジル大会には、
アルジェリア代表監督としてワールドカップに出場し、
一次リーグ突破。
決勝トーナメント1回戦でドイツと対戦し、
延長戦の末に敗れたが、優勝したドイツ代表に対して
最も善戦したチームとして、高く評価される。

2015年3月、日本サッカー協会からのオファーを受諾し、
日本代表監督に就任。

参照 https://halilhodzic.jp/

_

・指導スタイルの履歴

● 2008年から率いたコートジボワール代表では

史上稀に見る攻撃的なチームを作り上げた

敗戦して悔しい思いをしています。
やはり、試合に勝利しないとダメなのかしら

●アルジェリア代表では、
北アフリカのチームらしく
綺麗にパスをつなぐ
スタイルだったチームにタイトな守備と鋭い速攻
を植え付け、
W杯ベスト16となった履歴が残っています。


対戦相手によってフォーメーションを変える采配
が有名です。

●ルール、規律、練習」をモットーとし、どんな有力なスター選手でも
妥協を許さないスタイルを維持しています。

●チームの全責任は監督にあるという信念を持っています。

・まとめ

今回はサッカー日本代表のバヒドの
経歴と家族構成!手腕について
調べてみた結果を記載しました。
如何でしたでしょうか?

現在の日本代表サッカーチームが少しでも早く
世界に羽ばたいて行ける様になる為には
バビド監督の手腕に期待したいものです。
今回調べてみた結果では
バビド監督は百戦錬磨の経験を踏んで来られて
日本代表サッカーチームを指導して頂けるのは
大変嬉しい限りです。
どうか、バビド監督の指導の結果が良い方向に
進んで行く事に期待しましょう!!

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!