SPONSORED LINKS

ジェネリック医薬品
お医者さんに診察をして処方箋を頂き、
薬局に行くと、ジェネリックのお薬を
進められますが、ジェネリック?と疑問を抱くと
思うのは同然です。
なので、ジェネリック医薬品とはどんな薬なのかを
解説致します。

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品は、新薬(先発医薬品)の事です。

医師から処方された薬は、(先発医薬品)新薬と言います。

この新薬は、厳しい試験に合格し、厚生労働大臣の承認を受け、
国の基準、法律に基づいて製造・販売されている薬ですが

ジェネリック医薬品は、新薬と品質、効き目、
安全性が同等なお薬の事です。

ジェネリック医薬品と新薬の違いは

一般にお薬は
「医療用医薬品」と「一般用医薬品」の2つに分かれています。

SPONSORED LINKS

・医療用医薬品は、医師の診断によって処方されるお薬の事で、
 患者さんが自由に購入することは出来ません。

新薬は、9~17年もの歳月と、数百億円以上の費用をかけて
開発されたお薬で、開発した製薬会社は、
特許の出願によりその期間、
そのお薬を独占的に製造・販売する権利が与えられます。

・ジェネリック医薬品は新薬と同じ有効成分を同じ量含有し、
 効き目も安全性も同等なお薬です。

添加剤は、それ自体では人に対して薬理作用がなく、
安全性も確認されたものだけを使用しているのです。
ドラッグストアや薬局などで処方せん無しで
購入出来るお薬です。

新薬の特許期間が過ぎると、
その権利は国民の共有財産となるので、
他の製薬会社から同じ有効成分を使ったお薬が
製造・販売できるようになります。
それが、ジェネリック医薬品です。
新薬に比べ開発費や開発期間が少ないために、
新薬より低価格でご提供されています。

ジェネリック医薬品と新薬の成分の違いは

ジェネリック医薬品は新薬と同じ有効成分を同じ量含有し、
効き目も安全性も同等なお薬です。
添加剤は、それ自体では人に対して薬理作用がなく、
安全性も確認されたものだけを使用しています。

新薬、ジェネリック医薬品どちらも、
共に広く医薬品に使用されているものです。
新薬と、色や形、味や香りなどの添加剤が
異なる場合がありますが、
有効成分の種類と量が同じであり、
効き目に差はないのです。

如何でしたか?

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!