google-site-verification: googleb1efe07e040f47ff.html p3dNjYBhRzVGgcGuNgl61j3qK9pa-Sn9KrTnB9uwVHM,104406292561472284698

ビットコインとは 分かりやすく、解説しました


SPONSORED LINKS

ここでは仮想通貨(ビットコイン)を始めたい方のために、

スムーズにリスクを理解しながら

仮想通貨投資で運用できるようにまとめてみました。

ただの仮想通貨の仕組みだけでなく、

その知識をいかに利益に結びつけていくか?

その視点で記事を書いているので参考にしてください。

その他に、仮想通貨投資で運用できるように纏めました。

ただの仮想通貨の仕組みだけでなく、

その知識をいかに利益に結びつけていくかとう

視点で記事を書いているので参考にして戴ければ幸甚です。

仮想の通貨・ビットコインとは何か、

ひとことで言えば「仮想通貨」

です。

「仮想」の「通貨」のことです。

まず、「通貨」ということからも、

「コイン」ということからも分かる通り、

ビットコインは大切なお金です。

「お金」なので、円やドルのように通貨の単位が存在します。

ビットコインの単位は、


BTC(ビーティーシー)
と表記されます。

1円や1ドルのように、1BTC(1ビットコイン)と、

数えることができるのです。

しかし、「仮想」ということから分かる通り、

円やドルとは違って、

手にとって目に見える姿形が存在しません。

大きく「B」と書いてあるコインが

存在するわけではないのです。

ビットコインは、「仮想」の「通貨」なのです。

ビットコインを使うメリットとは

ビットコインは、国家や企業が関与していませんので、

例えば個人間の送金においては、

次のようなメリットが存在します。

◆個人間で文字通り「直接」送金できるのです。

個人間で文字通り「直接」送金ができます。

一般的な通貨で送金を行う際には、

銀行などを仲介する必要がありますが

しかし、ビットコインの場合には、

個人間が直接支払うことができるのです。

ビットコインを使うメリットとして、

直接会って財布からお金を出して支払うのと同じように、

ビットコインを使えば直接相手にお金を支払うことができるのです。

◆手数料が無料か格安

仲介する組織が存在しないので、

基本的には手数料を払う必要がありません。

これは個人間の少額な支払いにおいては、

非常に重要な特徴なのです。

銀行送金でも、クレジットカード支払いでも、

一定の手数料が存在しますが

少額の商品の売買が難しくなったり、

ビジネスの利益率が下がったりしますが

ビットコインは、

その最大のメリットとも言える

直接送金のしくみのおかげで、

従来の手数料の概念を覆した決済を実現するのです。

◆監視や制限が存在しません。

ビットコインでの決済は銀行を経由した

決済では無いので、

煩わしい手続きや制限が存在しません。

この作業によって

お金の流通が、より自由に行えるようになります。

SPONSORED LINKS

また国によって通貨の単位が異なるといった

特徴もありませんので、

ビットコインを使えば、

世界中で同じ通貨が

利用できるというメリットがあるのです。

ビットコインの仕組みは?

ビットコインを利用するすべての人は

ウォレットを作成方法に基づいて

ウォレットを保有することができます。

そこにビットコインを保存するのですが、

ビットコインには、ウォレット(財布)という

インターネットを利用した場所に保管されているのです。

ですから、ウォレット(財布)という場所から

入出金の決済に利用する方式なのです。

これは、円やドルの例で言えば、銀行口座にあたるものです。

つまり、ビットコインを使いたい人は全員、

ウォレットを作成する必要があるのです。

ビットコインは誰が管理しているの?

国家や企業が管理していない通貨と述べましたが、

それでは一体誰がビットコインを発行し、

流通を管理しているのでしょうか。

常識的に考えれば、

誰も管理していない通貨など、

リスクの塊でしかありません。

誰かが勝手に通貨を大量に発行して

その通貨の大金持ちになることができてしまえば、

通貨の信用は失われます。

そんな不安定な通貨は流通しませんし、

誰も価値を見出しません。

ビットコインは、

中央での管理を行わない代わりに、

コンピューターのネットワークを利用して

通貨を管理する仕組みとなっています。

ビットコインにおける新しい通貨の発行や、

取引の詳細情報は、

そのすべてがコンピューターネットワーク上に

分散されて、保存される仕組みです。

ビットコインで行われたすべての取引記録を記載した、

1つの大きな取引台帳が存在しているとイメージしてください。

この可視化された記録のおかげで、

通貨の偽造や二重払いなどを防止することができます。

すべての記録は残りますが、

その記録に個人情報は含まれません。

記録はあくまでも、

ビットコインの流通の整合性を保証するために存在するのです。

1つの大きな取引台帳を特定の組織が管理していたら、

これまでの通貨と同じです。

ビットコインは、特定の組織の元にではなく、

分散されたコンピューターのネットワーク上に

その1つの大きな取引台帳を置くことで、

中央管理を不要とする仕組みなのです。

取引の整合性を保証するための

1つの大きな取引台帳なのに、

そのデータが分散されてて保存されていたら、

取引記録に不整合が発生してしまいそうです。

しかし、ビットコインはこの解決策を生み出したために、

今日に至る広がりをみせています。

まとめ

通貨は国家の信用を基に価値を担保しているのですが

ビットコインは

ビットコインでの決済する場合には、

双方がビットコインによる支払いを

受け付けている事が必須となります。

ビットコインという通貨が

ネットワーク参加者全体で相互に形成されていますので

「通じる」間柄でなければ、決済はできないのです。

ですから、ビットコインを利用するためには

初期登録から行う必要があります。

初期登録から行う方法については別記していますので

参考にしてください。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!

コメントを残す

サブコンテンツ

関連記事はこちら!

    None Found

このページの先頭へ