SPONSORED LINKS

巨人軍
巨人ファンの皆様今日は!小生も巨人ファンです。
今年の成績が芳しくなかったのは残念でなりませんね
そこで、来年こそは何が何でも優勝して欲しくて
色々と調べてみました。
スポンサードリンク



そんな訳で、現在行なわれているドラフト会議の
現在の経過情報を調べてみました。

巨人軍が来年度に優勝する為に一番必要な選手は
なんといっても、即戦力の投手獲得を最優先で
はないかと思います。

報道によりますと、巨人のドラフト1位候補として、
立命大の最速150キロ右腕・桜井俊貴投手(22)
急浮上したことが20日、明らかになっていました。
確かに、最速150キロ右腕・桜井俊貴投手には
魅力がありますね。

SPONSORED LINKS

◆桜井 俊貴のプロフィール

◆桜井 俊貴(さくらい・としき)1993年10月21日、
兵庫・神戸市生まれ。22歳。
多聞東小4年で野球を始め、
多聞東中まで軟式。
北須磨高で最速140キロ超の「公立の星」として
注目されたが、甲子園出場なし。
立命大では2年春からエースを務め、
リーグ戦通算27勝8敗、
防御率1.10。昨年21U日本代表。
181センチ、80キロ。右投右打。

東京・大手町の球団事務所でスカウト会議を開催での
候補選手には、
仙台大・熊原、
大商大・岡田と実質3人に絞られている模様です。
しかし、最終決定はドラフト当日ですが、
運命のドラフト会議まであと2日ですので
楽しみにしましょう

桜井は兵庫・北須磨高では甲子園経験こそないが、
立命大で本領発揮。MAX150キロのストレートを武器に、
この秋の関西学生野球のリーグ戦では6戦6勝。
14日の関大戦では巨人のスカウト5人が見守る中で
延長14回完投勝利を挙げ、候補選手として注目されています。

その他に
熊原、
岡田、
東海大相模・小笠原、
富士大・多和田、
明大・
高山、
青学大・吉田の名が候補として考えているようです。
実質的には桜井、熊原、岡田の3人が最終候補とみられ、
中でも急成長中の桜井が一歩リードの模様ですよ!

関東第一・オコエに関しては

「(1位を)外したときに残っていれば多少考える」との
評価にとどめていましたので、余り注目していないようです。



来年の優勝を目指して巨人ファンの皆様
応援を宜しくお願い致します。




頑張れ!巨人軍!

スポンサードリンク



SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!