SPONSORED LINKS

毎日の平穏な生活を過ごしている最中

天気予報が雷注意報が発令されると

家庭では家電などの落雷対策は十分準備が

出来ているのかが心配になりますね

そこで今回は

今後雷災害に遭わないようにするには

どのような対策をすればいいのだろうか?

万一、落雷の被害に遭遇した時の

復旧の方法などをお伝えしますので

ぜひ参考にしていただけたら幸甚です。

落雷の季節はいつ頃から始まるの?

落雷の季節は7月から始まります。

雷が多くなる季節がやって来ています。

7?9月(夏季雷)に最も多く発生しますが、

日本海側(特に秋田県から鳥取県)では

11?3月頃に冬季雷と呼ばれる雷が発生します。

冬季雷は夏季雷よりも落雷数は少ないのですが、

エネルギーが100倍以上に達することもあるほど、

強力だといわれています。


この様な時期には特に注意が肝心です。

雷が鳴り始めたらの注意点

①建物の中に避難するようにしましょう!

この際には壁側から離れ、

なるべく部屋の中心にいるようにします。

また、洗濯・洗い物などの家事や、入浴は避けましょう。

雷の電気は水道管を通ってくる可能性がありますので


間違っても軒先で、

空模様を眺めるような行為は止めましょう。

非常に危険です。

②自動車の中に避難する方法

自動車がある場合は、自動車の中が比較的安全です。

その場合、雷が車両に落ちても、

雷の電気は自動車の外側を通って地面に逃げてしまいます。

その場合には、車内では、

車内の金属部分には絶対に触れてはいけません。

なるべく車の中心部に身を寄せると比較的安全です。

パソコンや電子機器に落雷対策を

最近の電子機器は落雷に弱

いとされています。

特に、電話機やインターネット機器などは、

電源線と回線など外部との接続が2つ以上あるものが、

落雷被害を受けやすいとされています。

また、高性能化&省電力化された電子機器は、

高い電圧への抵抗力が弱いので、

これが原因で落雷での電子機器の被害は、

急増しているといわれています。

自宅に落ちないで、

間接的に被害を受ける場合が多いのも特徴の一つ

です。

自宅に落雷を受ける直撃雷よりも、

数キロ先に落ちた雷が電線や配管などを

通って自宅に侵入する誘導雷が、

パソコン・電子機器・家電製品の基板や、

電源部を破壊する被害がほとんどです。


大変怖い現象ですね

避雷針について

建築法上、地上20m以上の建物には、

避雷針を設置する義務がづけられていますが、

避雷針は主に人身事故や火災防止が役割なので、


建物の中にある電子機器を守ることは出来ません

機器を保護するには避雷器が必要になります。

避雷器は記事の中で紹介していますので

参考にしてください。

避雷器を内蔵した電源タップを使用しましょう

避雷器とは

SPONSORED LINKS

雷の被害から電気設備を守るためのものです。

家庭用分電盤や、電話線、アンテナそれぞれに

避雷器を設置するのが理想ですが、

設置工事が必要になります。

簡単な対策としては、

タコ足延長コード等の電源タップに、

避雷器や耐雷サージ機能が内蔵している製品が

比較的安価で市販されています。

家電量販店やネット通販で購入できます。


※もし、避雷器内蔵製品の準備なしに、

雷が鳴り始めたらあらかじめ電子機器の

電源コンセントを抜いておくようにしましょう。

この方法は、避雷器付きテーブルタップを

利用することによって一応解決できます。

電源関係の安全器具を紹介します。

落雷に備えて自動的に電源を遮断してくれる

器具を紹介いたします。

今回紹介する器具は落雷時に自動的に電源を

遮断してくれる器具を紹介しました。

・おすすめ避雷器付きテーブルタップの紹介

・おすすめブレーカー自動遮断装置の紹介

編集後記

今回は、一般家庭の落雷対策で家電を守る方法を掲載しました。

落雷は非常に恐ろしいエネルギーを持っていますので

決して軽はずみな行動をとらないことが大切です。

文中にも記載しましたが


間違っても軒先で、

空模様を眺めるような行為は止めましょう。

非常に危険です。

その他に、避雷器付きテーブルタップを利用したり、

ブレーカー自動遮断装置を利用することによって

一応解決できますので、お薦めいます。

このような対策を子応じておくことによって

一般家庭の落雷対策で家電を守る事ができます。

その他に避雷針は

建築法上、地上20m以上の建物には、

避雷針を設置する義務がづけられていますが、

避雷針は主に人身事故や火災防止が役割なので、

建物の中にある電子機器を守ることは出来ません。

故に、一般家庭の電気機器を守る事は出来ないのです。

今回は、避雷針の関係する記事は割愛しました。

このようにして一般家庭の電気機器を守るようにしましょう!!

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!