SPONSORED LINKS

インフルエンザ


Sponsored Link






インフルエンザの予防接種について

各市町村により、金額は異なるのですが、
大体、1,000円~3,273円を公費で
負担していただけますので、
高齢者の方はこの機会に是非、
予防接種を受けることをお薦めします。
例年の通り、ワクチンの不足する事が
予想されますので、
なるべく早めにご予約する様にしましょう。

インフルエンザの効果期間は

実は、インフルエンザの予防接種をしてもすぐには、
予防の効果が発揮しません。

インフルエンザワクチンを接種してから、
1~2週間かけて抗体が作られますので

インフルエンザが流行してから慌てて、
予防接種をしても抗体が間に合わないのです。

せっかく予防接種を受けても、抗体が出来る前に、
感染すると発症してしまいます。

インフルエンザの潜伏期間は1~7日間ぐらいが
普通と言われてます。

潜伏期間に予防接種をしても
インフルエンザを治す薬ではないので
発症を防げませんから注意しましょう。

予防接種をして1ヶ月後に
抗体の効果がピークになって、
3ヶ月後ぐらいから段々と低くなります。


予防接種の効果は一般的に5ヶ月
といわれてます。

インフルエンザは毎年12月頃に始まり、
1~3月にピークを迎えるのが普通です。

ですから、予防効果がある抗体ができるまでの
2週間を逆算すると、
遅くとも12月頃までに接種を終わらせるのがベストです。

ワクチンによって出来た抗体が身体に残ることはなく、
次のシーズンの前には予防の効果はありません。

なので、
毎年予防接種をする必要です。

インフルエンザが猛威を振るう前に、

しっかりと予防をしましょう。
60歳以上の方に特にお勧めしたいのですが

インフルエンザワクチンを打つまえに、

インフルエンザに掛かる可能性が今の現状は高いのです。

ですがインフルエンザで亡くなることはなくても、

肺炎でなくなる可能性もあります。

SPONSORED LINKS

特に65歳以上の高年齢者の方や、乳幼児は

肺炎球菌ワクチンをあらかじめ行っておくことをオススメします。

インフルエンザの予防接種を受ける時期は

「インフルエンザワクチンの投与時期についてですが、

一般的には10月中旬~11月中に接種する事が良いとされています。

13歳未満の方は2回、それ以上の方は1回接種が普通です


■インフルエンザが流行る時期がある

「通常インフルエンザは12月頃からA型が、

2月頃から B型が、3月頃から再度A型が流行します。

以前はB型が各年で流行していましたが、

数年前よりB型が毎年のように流行しています」

また、これまでワクチンは以前言われていた

新型A型インフルエンザと、

通常の香港A型インフルエンザ、

B型インフルエンザ一種の三価ワクチンだったが、

今年からB型インフルエンザを二種類にして

四価のインフルエンザになっている様です。

そのため各医療機関での購入金が上がり、

予防接種にかかる金額も500~1000円ほど

値上げしているということもあるらしいですから


確認してから受診しましょう。

これからインフルエンザの

流行が本格的になってくるので

予防接種は病気に対する治療ではないため、

健康保険が適用されません。

心配な方は早めに受け、今年の冬に備えると良いでしょう。


Sponsored Link






インフルエンザは子供にも有効なの

子供はインフルエンザにかかると

非常に重症化しやすいのが普通です。

インフルエンザ流行時期の病院は、

37度台の熱でも十分に可能性がありますので、

悪化する前に思い切って受診する様にしましょう!

検査を受けるにあたってひとつ注意点があります。

あまり早くに検査を受けると正しく判定が

でない場合があります。

基本的にインフルエンザの検査は

発熱後12時間以上経過していないと

正しい判定がでないのが普通です。

なので、検査を受けるタイミングには注意してくださいね!

特に小さい子供はインフルエンザにかかると、

重症化しやすいので、

毎年インフルエンザの予防接種を受けておくと安心です!

インフルエンザの予防接種は効果が

でるまで約2週間くらいかかります。

1ヶ月で効果がMAX!状態になり、

その後約5ヶ月間効果が持続します。

一番インフルエンザが流行する時期は、

12~3月に効果が発揮できるように、

この時期が超おすすめなのです!

11月に受けると、ちょうど3月くらいまで

効果が持続するのが普通です!

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!