SPONSORED LINKS

熱中症のタイトル画像

毎年楽しい夏がやってくると、老若男女を問わず
外出の機会が多くなって来たり、室内でじっとしていても
室内の温度が上昇したりして、熱中症を患ってしまうケースが
多く成って来てしまいます。
今回は熱中症を発症した場合の対策について解説いたします。

どうして熱中症になってしまうのか?

室内・室外問わず、暑いところにいることによって、
何らかの体の不調が出てしまう症状が現れてしまうのです。

熱中症と言うと、暑い屋外で無理な運動をした時などに
起こるものだというイメージもあると思いますが、
室内で熱中症にかかってしまう人も多くいます。

夏に、クーラーがなんらかの理由で効かなくなり、
部屋の中で熱中症にかかって亡くなって
しまうお年寄りが、毎年ニュースになっています。

熱中症は、ともすると命にかかわる深刻な病気なので
まずは熱中症にならないよう予防に努め

もし周りの人が熱中症にかかってしまった時のために、
熱中症の症状と対応方法をしっかりと
把握しておく必要があります。

熱中症の症状と対応方法とは

暑い日に友人や家族と外を歩いていて、
その人が急に「体調が悪い」と言い出したら、
あなたはどうしますか?

熱中症かもしれない?と思っても、
涼しいところで水分補給くらいの対処法しか
知らなかった場合が多いのではないでしょう。

最悪、手遅れになってしまうかもしれません。

一緒にいる人が熱中症になってしまったときには、
また、自分が熱中症になってしまったときに、
即座に正しい熱中症対策を施せるように、
熱中症の症状と、その症状に合わせた
対策をしっかりと把握しておきましょう。

熱中症の症状が軽症の場合の対処法

意識ははっきりとしているけど、
めまいや立ちくらみ、こむら返り、
大量の汗が出るなどの症状があれば、
それは熱中症の初期症状なのです。

この様な場合には、直ぐに涼しい場所へ移動し、
安静にして水分補給を行いましょう。

医療機関の受診は必要なく、
現場での対処を早くする事で
症状が回復する事が殆どです。

しかし、熱中症になる要因として、
風邪・下痢・二日酔い・脱水といった
一時的なものだけではなく、
糖尿病や精神疾患や、低栄養状態等も
熱中症の要因となっている場合があります。

その場は回復しても、
しばらくしたら再び熱中症の症状が
出てくるような場合はには、
一度病院で診てもらった方が良いかも?

熱中症の診療に際しては


採血検査ができることが望ましいです。

内科であればほとんどの病院で採血検査を
行って呉れるのですが、
残念ながら、小さなお医者さん採血検査を外注で
行っている事があります。

その場で診察結果を知りたい場合には、
病院内で採血検査を行っているかを
事前に問い合わせてから診察して頂く様に
する事が大切です。

熱中症の中等症の場合

頭痛や吐き気が見受けられ、
体がだるい?、体に力が入らない?等の症状があれば、
それは熱中症の中等症の症状です。

基本的には軽症の場合と同様、
涼しい場所へ移動し水分補給をして様子を見て

大量に汗をかいた場合は、
塩分を含んだスポーツドリンクや
経口補水液が良いでしょう。

症状が回復すれば受診の必要はありませんが、
もし改善が見られないようなら、
すぐに病院へ連れて行くのが最善の方法です。

然し、意識はあっても自分で水を飲むのが難しかったり、
動くことができないといった症状が見られた場合も、

直ぐに医療機関の診療を受ける必要があります。

意識はあるのに、救急車を呼ぶというのは
ちょっと…とためらってしまう人もいると思いますが、

熱中症に対する処置が遅れると、
脳に後遺症をきたす場合がありますので

明らかに様子がおかしい場合は迷わず
119番に電話をしましょう。

熱中症の重症の場合

呼びかけに対する反応がおかしかったり、
体が痙攣しているが、普段通りに歩けなかったり、
意識がないなどの症状が認められた際には、

それは熱中症が重症なので、
大変危険な状態です。

命に関わる状態なので
すぐに救急車を呼び、救急外来による
集中治療を受ける必要があります。

対処法としては、まずは119番、
続いて、救急車が来るまでの間、
現場で出来る限りの応急処置をし、
症状の悪化を食い止めましょう。

対処法に自信がなければ、119番を繋いだまま
指示を仰ぐとよいでしょう。

真夏の昼間の時間帯は紫外線が最も強いため、
肌の老化を防ぐためにも不要不急の外出は
控えたほうが良いのは間違いありません。

とはいえ、楽しい季節にレジャーにも行かないというのは
残念ですし、楽しくありませんね。

夏は、UVケアを徹底するとともに、
正しい熱中症対策を頭に入れてから
外出するように普段から心がけておきましょう!

熱中症にならないための正しい水分補給の仕方

水分だけ摂ってはいけない!

熱中症には水分補給が一番です!
これは誰しもが知っていることだと思います。

しかし、熱中症にならない為には、
どういう風に水分を補給するかも重要です。

SPONSORED LINKS

ただ水を飲んでいるだけでは、
逆効果になってしまうことも少なくありません。

熱中症になってしまう原因として考えられるのは、
体の水分不足もあるのですが、

汗と一緒に排出されている塩分・ミネラルの不足も
重大な要因なのです。

水分だけ補給してしまうと、これらの不足が補われず、
体内の塩分・ミネラル濃度が薄くなってしまいます。

体は、塩分・ミネラルの濃度が薄くなると、
それらの濃度を正常に保つため、
尿として水分を排出しようとします。

その結果、喉の渇きは潤っても体内の水分量は
まったく改善されていない状態に陥ってしまうのです。

熱中症に効く飲み物

熱中症にならない為には、

塩分・ミネラルが含まれ、水分とともに
効率的に体内に吸収されるような飲み物が好ましいです。

手軽なのは、スポーツドリンクです。
スポーツドリンクにはナトリウムやカリウムと共に、
糖質が含まれています。

実はこの糖質には、
ミネラル分の吸収を促進してくれる事として知られています。

さらに、それに引っ張られ、水分も吸収されやすくなるという、
一石二鳥の効果があるのです。

自分で作るなら、1リットルの水に
5グラム程度の食塩と、好みに応じて
角砂糖をいくつか溶かしたものを飲むとよいでしょう。

その他には、クエン酸を加えると、
体の疲れが取れる夏バテ対策飲料の出来上がりです。

熱中症対策のために一番いい飲み物は、
「経口補水液」です。
これは、食塩とブドウ糖を水に溶かしたもので、
脱水症状の治療に使われ、
薬局やドラッグストアで手軽に手に入ります。

な飲み物

熱中症対策に飲んではいけない飲料もあります。

ビールやチューハイなどのアルコール飲料と、
コーヒーや紅茶などのカフェインが多く含まれる飲み物です。

アルコールやカフェインには利尿作用があり、
体内の水分が失われてしまいまう可能性があります。

もちろん、適度に楽しむのはまったく問題ありませんが、
熱中症対策の水分補給としては、

これらの飲料を飲むのは熱中症には効果がない、
ということは覚えておきましょう!

熱中症対策に有効な食べ物

熱中症対策のために摂りたい栄養素とは

熱中症は、気温が高い状態が続き、
汗として水分と塩分やミネラル(ナトリウムや
カリウムなど)が排出されて失われ、
体温調節ができなくなってしまう事を言います。

体の水分やミネラルが足りなくなると、
めまいや頭痛、吐き気、失神、痙攣など、
様々な体の異常が発生します。

熱中症は、
気温の高い場所をできるだけ避けることも
重要ですが、

体の水分や塩分・ミネラルが失われないよう、
食事で体の内部から対策をすることも大切です。

ここでは、熱中症で失われやすい栄養素を、
効率よく摂取できる食べ物を紹介していきます。


日本伝統の「梅干し」が熱中症に効きます!

熱中症の効果が期待できるものに、
近年注目されている「塩熱飴」があります。
こちらは、飴に塩分やクエン酸などの
熱中症に効く栄養素を配合したもので、
効率よく熱中症対策ができます。
携帯性がよいので、

暑い日は塩熱飴をかばんに入れておくとよいでしょう。

まとめ

熱中症に成ってしまわないような内容を
解説しましたが如何だったでしょうか?
楽しい生活を送って熱中症に成らない様に
普段から心がけるのが第一ですが、万一発症してしまった場合には
110番通報をして指導を受ける事が大切です。
そうすると救急車の手配をして頂けますので
頑張って下さいね!

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!