SPONSORED LINKS

蓄膿症の画像

蓄膿症とは、皆さんはご存知でしょうか?
鼻が詰まっているようで、発音には独特の
不自然に聞こえてくるので、若しかしたら
蓄膿症ではないの?
この様な症状についてもう少し詳しく調べてみました。

実際に蓄膿症にかかってしまった場合には
頭痛等やその他の症状も併発されるのか?
心配でなりませんので、どのようにしたら
治せるのか?手術するにはどの位の費用と
期間はどの位なのかについて、具体的な情報を
お伝え致します。

蓄膿症とは?

鼻の周りには「副鼻腔」と
呼ばれている空洞があります。

この空洞が風邪や花粉症等によって
炎症を起こしてしまう病気の事を
「副鼻腔炎」と言います。

発症初期の物を急性副鼻腔炎
炎症が長引いてしまったものを
慢性副鼻腔炎といいます。
これらの症状を一般的に「蓄膿症」
言われています。

蓄膿症の最も代表的な症状は
鼻水や鼻ずまりがある場合なのですが

特徴としては、黄色や粘着性のある鼻水が
出ている症状です。

これらの症状があると
一般的に「アレルギー性鼻炎」等と
勝手に思い込んでしまい、診察を
受けない人が多いのが現状なのです。

蓄膿症に成ってしまうと鼻ずまりに始まり
色々な不快な症状が現れます。
・鼻が詰まって息苦しい
・鼻をかんでも鼻水が出る
・ドロッとした黄色や緑色の鼻水が出る
・両頬や目の周囲などに副鼻腔のある場所が痛んで重く感じる
・鼻水がのどまで垂れてきてネバネバして気持ちが悪い
・鼻が詰まって臭覚が鈍り食事の味が分かりにくい
・鼻の中から嫌な匂いを感じる
・頭痛がする


この様な症状を感じた方は蓄膿症の疑いがあります。

然し、蓄膿症は決して油断してはいけないのです。
そのまま放置していると中耳炎や目の疲れや痛みを
耐えていると
脳脳症や髄膜炎等の合併症を引き起こしてしまい
最悪の場合には、後遺症が残ってしまい
死に至る事もあるので充分な注意をしましょう!

蓄膿症になる主な原因は?

蓄膿症になる主な原因としては、
風邪や花粉症からくるアレルギー性鼻炎や
鼻の形が原因だと考えられています。

・風による原因としては
鼻の粘膜が副鼻腔迄広がってしまい
蓄膿症になることがある様です。

・花粉症やカビによるアレルギーの場合
風邪と同じように、鼻の粘膜が副鼻腔迄広がってしまい
蓄膿症になることがあります。

花粉だけではなく、ハウスダストやペット等によっても
原因として考えられています。

・鼻の形による場合
鼻の真ん中を通り左右を分ける仕切りの
様な物を「鼻中隔」と呼んでいますが

これが極端に曲がってしますと、どちらか
片方の鼻の通りが悪くなってしまって
副鼻腔が炎症を起こしやすくなってしまうのです。

これら以外にも虫歯や栄養の偏った食生活や
ストレスや顔面の怪我などの
原因になることもあります。

SPONSORED LINKS

蓄膿症を治すには?

蓄膿症を治す方法は結構沢山あるのですが
未だ、初期の症状の場合には
自宅で治すこともできます。

蓄膿症に成ってしまった時には
まず、生活習慣を見直して、バランスの良い食事を
とって、なるべく空気の綺麗な場所で生活をする様に
心がけるようにしましょう!

蓄膿症は身体の抵抗力が弱まって来た時にかかり易い
病気ですので、キチンとした生活習慣を正し、
栄養バランスの良い食事を摂るようにして
体の免疫力を高めることで蓄膿症は改善されていきます。

蓄膿症は空気感染をする可能性があるので
大気中のウイルスや雑菌のせいで
なってしまう事もあります。

ですから、
空気を綺麗にすることで蓄膿症は改善されます。

その他自宅で治療する方法としては
鼻洗浄(鼻うがい)の方法です。

耳鼻科でも蓄膿症の治療として
鼻洗浄を行ってくれます。

蓄膿症の手術と費用について

蓄膿症の手術期間は、医療施設、症状によっても
変わってきますので、事前に調査してから行うのが
最善の方法です!

その場合の手術期間は、当然症状の具合を診断して貰い

診断結果によって

短くて日帰りの入院から、2泊3日、
または、1週間から10日程度になることもあります。

実際には、術後の経過、状態が順調に回復してくれば、
5日から一週間程度といった期間が一般的だと思われます。

蓄膿症の日帰り手術ですが、

病院によっては手術前に一度検査をして、
その後手術を実施し、
日帰りで終わるケースもあるようです。

しかし、症状にもよりますので、
日帰りでの手術が妥当かどうかは、
他の医療機関の見解を聞いてみる方が
良いかもしれません。

少々時間がかかっても、
確実に治した方が後々安心出来ます。

蓄膿症の手術、(日帰りの場合)費用は?

蓄膿症の手術を日帰りの場合は、
医療機関や症状にもよりますが、
一般的な費用は
健康保険が使えるので、
診察料と手術費用とで
約6万円程度が平均的
のようです。

ただし、検査料金などが別途かかる事がありますので
一度、最寄りの耳鼻科にお問い合わせ
すると一層確実に分かりますので問い合わせが肝心です。

蓄膿症の手術、(入院の場合)費用は?

健康保険に加入していれば、
8万程度以上の医療費は返還されます。

仮に10日程の入院では数十万程かかる場合がありますが、
高額医療の手続きをしておくと、

その分を引いた額で、数万円の支払いで済む可能性があります。
手続きをしていなくても、後日すればお金は還付されますので

安心して事前に問合せを充分に行っておくと安心して
治療に専念できます。

まとめ

蓄膿症の手術費用と入院期間について、ご理解いただけましたでしょうか。
症状や医療機関によって、費用や入院期間は、異なりますが

大体一般的なところを、記載いたしました。

蓄膿症またの名を副鼻腔炎の手術は、

内視鏡手術など昔と比べて技術も向上してきていますので、

入院期間も短期間で済むようになってきています。

入院の費用は高額医療制度もありますので、

一度医療機関にお問い合わせをおすすめします。

症状が軽度であれば、薬で治ることもありますが、
再発する可能性もあるとの事ですので

より確実に治すには手術を行うことが
最善の方法かもしれません。

現在、ここに記載した事項の中で少しでも

蓄膿症の可能性があると判断された方は
まずは、近くの耳鼻咽喉科に出向き診察を
されたら如何でしょうか?
最後までお付き合い有難うございました。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!