SPONSORED LINKS

風邪title画像
地球の温暖化により大気の温度が刻々と変化している昨今
風邪をひいてしまう機会が多くなってきています。

そこで、風をひいた時の対象方を掲載いたしています。
残念ながら風邪をひいていしまったときの
・対処方法
・風邪の治し方
・関節痛の原因
・風邪に効く飲み物や食べ物

等の項目について詳しく掲載いたしましたので
参考にして、元気な体調を維持されます様にしましょう

風邪の治し方

風邪をひくと、どうしてもビタミンCが消費されてしまうので、
ビタミンCを多く含むドリンクを飲むと効果が現れます。
特に、スポーツドリンクは水分補給にもなって一石二鳥です。

そして、食事は脂っぽいものは極力控えて、
なるべくおかゆなど胃にやさしい食材を食べましょう!

消化にエネルギーを集中させないで、
なおかつ体力を必要以上に落とさないようにするには
無理のない食事が大変効果があります。


規則正しい食事を摂るようにしましょう!

十分なビタミンCや栄養の摂取して、水分の補給をし、
そして体を温かくして十分な休養をとることこそが、
無理なく、早く風邪を治す方法だと思いますので実行しましょう!

その他に効果があるのは、亜鉛のサプリメントも有効です!

結論
①温めたスポーツドリンクを飲む
②おかゆをよく噛んで食べる
③温かいお茶でうがいをする
④正しい手洗いをする
⑤高熱の時はおへその上を冷やす
⑥寝る前にたまご酒を飲む
⑦風邪を治すうえで必要なのは「良質な睡眠」。

関節痛の原因

体内で分泌されるPGE2(プロスタグランジンE2)
関係していると考えられます。

ウイルスや細菌などが体内に侵入してしまうと、
白血球がサイトカインという物質を分泌するのです。

発熱や鼻水のように表立っては現れませんが、
サイトカインは体を守る免疫機能ですから

ただ、サイトカインは過剰に分泌されてしまう恐れがあり、
臓器に悪影響を及ぼしてしまう事があります。

そのサイトカインを余分に生成させないように
抑制させる為に分泌されるのがPGE2の役割です。

PGE2には、
熱や関節痛を引き起こす作用があり、
発熱や鼻水と同じように関節痛は体の免疫機能が
風邪のウイルスや細菌と戦っている証です。

風邪に効く飲み物や食べ物

固い食べ物を食べるのも、風邪予防には有効です。
・長ネギ
長ネギの画像

SPONSORED LINKS

発汗作用と解熱作用があります。

温かいスープなどに入れて温まりながら摂取するとより効果的です。

・レタス
レタスの画像

レタスも解熱作用のある食べ物です。

・生姜
生姜の画像

風邪を引いた時には定番の食べ物ですね。

やはり、発汗作用と解熱作用があります。
生姜湯などにして飲むと効果的です。

ゴーヤ
ゴーヤの画像

ゴーヤにはビタミンやカリウムなど風邪を引いた時に
摂取したい栄養素も入っており、解熱作用もあります。


・摂取の仕方

摂取の仕方は、温かい状態で食べるのが効果的です。
発熱は、細菌やウイルスが繁殖できない温度まで
体を温めている状態でもありますので

その為、食べる物も温かい状態の方が効果的です。

まとめ

如何だったでしょうか?
追伸
風邪をひいたとき、
処方薬や市販薬を服用する方もいるかと思うのですが、
服用の際に知っておきたいポイントがあります。

処方薬のポイントは

実は風邪のウイルスに直接作用する薬は沢山はありませんので、
薬による対症療法の間に自然治癒を待つのが一般的なのです。
そんな訳で、極力風邪をひかない様に普段から心がけましょう!

最後までお付き合い有難うございました。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!