SPONSORED LINKS

黄砂アレルギー画像

黄砂が上陸してきて、黄砂アレルギーの影響で
花粉症の影響で鼻水やくしゃみの症状がとまらず
辛い思いを抱えている方々が多い様なので
どうしたら、改善できるのかについて調べてみました。

黄砂アレルギーとは

資金は、中国大陸から偏西風によって飛来する黄砂によって
引き起こされるアレルギー性の疾患の事です。

花粉症と同じように目、鼻、気管支、皮膚等に症状があらわて来ます。
花粉に比べて黄砂とともに飛来する微粒子には、
PM2.5などの有害物質等も含まれている可能性が多いので、
黄砂に対する一層の注意と対策が必要なのです。

黄砂アレルギーの症状

黄砂アレルギーの症状は、
他のアレルギー性疾患と同じように、
目、鼻、気管支・皮膚などにあらわれます。
目に入ると、不快感やかゆみが症状として現れます。

・鼻に入った場合には、鼻水やくしゃみ、及びアレルギー性鼻炎の
ような症状を引き起こします。

・気管支に入ると喘息を誘発させる場合もあります。

・黄砂に含まれるカビ・ダニ・ホコリなどが原因の場合には
アレルギー性疾患、アトピー性皮膚炎などを発症する場合もあります。

結局、花粉症と同じような症状なので、
花粉症だと勘違いをしている人がいるかもしれませんが、
黄砂の飛来とアレルギー症状が出る時期が重なるようなら、
黄砂アレルギーの可能性もあるので注意しましょう。

また、両方を併発している場合もあるかもしれません。
黄砂は、花粉に比べて粒子が細かいので、
気管に入ったり、肺の奥まで侵入してきて
地区生死、症状を長引かせることもあるようです。

黄砂アレルギーの薬というものはありませんので、
症状にあわせての対症療法をお勧めします。

SPONSORED LINKS

黄砂アレルギーの原因は

近年の黄砂は、中国のゴビ砂漠やタクラマカン砂漠などの
乾燥地帯から日本に向けて吹く偏西風によって
運ばれてくる砂漠の砂塵なのです。

特に、黄砂は日本では3月から5月に観測されている自然現象です。

特徴としては、春先に晴れているのに、
空が黄色く煙っているように見えたりします。

その他に、白く砂のようなものが車などにつもっているのが
見られればそれが黄砂の可能性があります。

この砂塵に付着している黄砂が、
一緒に飛ばされてきてゴミ・ダニなどの生物や
ホコリなどの有害物質が黄砂アレルギーの原因なのです。

黄砂自体は、昔から発生している自然現象ですので、
近年は、中国の産業の発展などにより、
砂漠の砂塵などの自然物質だけでなく、
車の排気ガスや工場などから排出される有害物質なのです。

近年、ニュースでも話題になっている
発がん性が評判になっているPM2.5などの
人工的な有害物質も原因となっています。
黄砂やPM2.5などは花粉などの比べても
粒子が非常に細かいために、
体内に入り込みアレルギーの症状を引き起す原因です。

黄砂アレルギーの予防/治療法

黄砂アレルギーの予防は、
基本的には花粉症の予防と同じと考えても良いですが
ただし、花粉と同じように粒子が細かいために、
PM2.5対応の目の細かいマスクや眼鏡等を利用して
体内への侵入を防ぐのが一番の予防です。

しかし、花粉症用のマスクでは黄砂を通してしまいますので、
あまり意味がないのかも知りません。

そして、黄砂の飛びやすい季節、
特に、黄砂の飛来の多い日は、
出来る限り外出を控えるのがよいでしょう。

洗濯物を屋外に干さないなどの対策や、
外出から帰った時に室内に持ち込まないように
衣服についた黄砂を払うなどする注意も必要です。

市の他に、家の中も出来るだけ窓を開けずに掃除をするようにするなど、
基本的な対策は、花粉症の対策とほぼ同じといってもいいでしょう。

また、予防薬や特効薬はありませんので、
発症が疑われる場合は、アレルゲンを特定する検査や、
症状にあわせて、投薬などの治療が有効になります。

「アレルギー性鼻炎度」の診断方法

それって、普通の風邪?
それとも、アレルギー性鼻炎?
くしゃみや鼻水が出たり、鼻が詰まったりするけれど、
風邪なのか花粉症なのかわからない。
しかも、一年を通して鼻の調子が悪い。
そんなアレルギー症状を持つ方の数や割合は、
年々増加しているようです。

これらについては、ご自分で確かめましょう

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!