SPONSORED LINKS


バレンタインデーの由来について説明します。
そもそも、バレンタインデーには、
現在の日本の女性の方々が男性?にチョコを
渡す習慣と考えている方々が多いのでは?

しかし、バレンタインデーの由来を知っていると、
ただ渡しただけではなく、
渡した本人にも納得できるので
満足できるので、学んでみませんか?
そして、バレンタインデーを楽しみましょう!

・バレンタインの由来とは?

バレンタインの由来について説明いたします。

ローマでは
ルペルクス
という
豊穣(ほうじょう)の神のために

ルペルカーリア
という祭が
何百年ものあいだ行われていたそうです。

ルペルカーリアという祭は
毎年2月14日の夕方になると、
若い未婚女性たちの名前が書かれた
紙が入れ物に入れられて、
ルペルカーリア祭が始まる翌15日には
男性たちが、その紙を引いて、
あたった娘と祭の間に、
時には1年間も付き合いをするようになって
ふたりは幸せになったと伝えられています。

ですから
翌年になると、また同じようにくじ引く習慣が生まれたのです。

496年になって、若者たちの風紀の乱れを憂えた
当時の教皇ゲラシウス一世は、
ルペルカーリア祭を禁じたようです。

代わりに、違った方法のくじ引きを始めたのです。

それは、女性の代わりに聖人の名前を引かせ、
1年間のあいだその聖人の人生にならった
生き方をするように励ますものだったのです。

そして、200年ほど前のちょうどこのお祭りの頃
に殉教していた聖バレンティヌスを、
新しい行事の守護聖人としたのだそうです。

次第に、この日に恋人たちが
贈り物やカードを交換するようになってきたのです。

・どうしてバレンタインデーにチョコレートをあげるの?

SPONSORED LINKS

実は、女性が男性にチョコレートを贈るのは、

日本独自の習慣です。

欧米では、恋人や友達、家族などが
お互いにカードや花束、お菓子などを贈っていました。

では、バレンタインでーのチョコレートとは
どこから出てきたかというと、
1958年に東京都内のデパートで開かれた
バレンタイン・セールと称して、
チョコレート業者が行ったキャンペーンが
始まりだそうです。
業者の商魂たくましい戦術に多くの人が
はまってしまったようです。

こんな説もありました。

、神戸モロゾフ洋菓子店が1936年、
「バレンタインチョコ」についての広告を出し、

以降はチョコレートの消費が増加するのに合わせて、
広まっていったという事でが残っています。

今では当たり前のように、デパートで行われている
バレンタインチョコのフェアを最初にやったのは、
新宿伊勢丹だったようで、
本格的に風習として広まっていったのは、
1970年頃と言われています。

・バレンタインデーは日本と外国の違いは?

日本ではバレンタインというと

「女性が告白してチョコレートを男性に送る」
ものと
一般に言われていましが、


外国ではどうなんでしょうか?

アメリカでは、男性から女性に、
或いはお互いに告白するのだそうです。

渡すのもチョコレートではなくて、
薔薇やメッセージカードが定番の様です。
宗教的な要素が現れているのかも知れませんね。

また義理チョコを送る習慣は日本だけで、

アメリカでは「感謝の意を示す」という形で
贈り物をするそうです。

本命や恋人、奥さんに送るのは変わりませんが
他にもドイツでは、「既に付き合っている、
結婚しているカップル限定」の
イベントなのだそうです。

ですから、キリスト教発祥の文化だけあって、
イスラム教圏などでは
行われていないようですね。

日本は多宗教国家なのですので、
個人個人の思想が、反映されるのだと思います。

・編集後記

バレンタインデーにはどのように楽しむのかは、
皆さんの自由ですが義務ではありませんので
女性としては、考えてしまいます。

バレンタインデーの今回記載した

当然ながら義務ではないと思いますが、
女性からすれば色々考えてしまうもの。

バレンタインの起源と由来をはじめ、今回の記事を見て、
各々 「 今年のバレンタインデーはどう過ごそうか 」 と

考えてみるのも、いいのではないでしょうか。
勿論、楽しんでしまうのも全然アリだと思いますよ。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!