SPONSORED LINKS


首相は靖国神社で毎年行われる秋季例大祭への
参拝は見送りました。
このコーナーでは、首相が靖国神社参拝を見送った理由や
靖国神社で行われる内容などについて調べてみました。
そのほかに靖国神社とは及び創建の経緯や
参拝に関しての海外の報道内容などを掲載しています。

首相が靖国神社参拝を見送った理由は

衆院選で秋田、山形両県を遊説して回るので
2012年12月の第2次政権発足後、
首相は13年12月26日に靖国神社を参拝してきたが
春季・秋季例大祭には参拝しませんでした。
いずれも真榊を奉納する対応をしてきたためでした。

靖国神社とは


神社
の宗教といえば、神道の事であり
神の道と書いて神道といわれています。
日本には仏教が伝わったのは
6世紀頃と言われています。

神道というのは実は仏教よりも昔から
日本に根ずいてきたのです。
しかし、その発祥は定かでありませんが
日本には古来から存在した「大自然のあらゆるところに
神様が宿っている」
という考え方から、
自然に発生した宗教

と考えられてきました。

靖国神社の始まりは

靖国神社の始まりは1869年(明治2年)に

「東京招魂社」
として創建されました。
魂を招き寄せる社」という意味が込められています。

靖国神社の貢献に尽力したとされている

大村益次郎は銅像として敷地内に神社の敷地内に
建設されています。
この大村安次郎は、幕末に長州藩に所属しており
旧幕府軍との戦いに勝利し旧野本軍の創始者とも
呼ばれたいました。

この大村安次郎が靖国神社を建設した理由が
「戊辰戦争での新政府び戦没者を慰霊するため」

このように伝えられてきていますが
戊辰戦争は新政府軍と旧政府軍が戦った日本の内戦の
ことなのです。この戦争を恵経て異例をするための
社の創建を唱えたとされています。

中国メディア、日本が日中関係悪化まねくと批判した理由は

中国外務省報道官は、
「参拝は日本の侵略と植民地支配を取り繕う行為で、
戦後の国際社会の秩序を乱す」

と強く非難していた。

靖国神社は日本侵略の精神的支柱、
象徴であるという見方を明確にしたと語っていた。

 人民日報傘下のグローバル・タイムズ紙は、
日本政府が尖閣諸島を「購入」して以来、
日中関係は重大な危機に直面している

と報道。

SPONSORED LINKS

日本が「中国の脅威」を訴えることも、
中国にとって、安全保障上の利益の侵害だと
反発を招いてきた。

こうした状況下での参拝は、
日中関係改善を阻む大きな課題になる

、と指摘していました。

・韓国メディア「安倍が本性をあらわした」と報道
 韓国文化省は、
「許されざる戦犯を祀る靖国参拝は、
日本の首相の誤った歴史認識の表れで、
北東アジアの安定と協調を乱す時代錯誤の行動だ」と抗議した。

 韓国の聯合ニュースでは、

靖国参拝は侵略の歴史を正当化するもの

で、
外交的影響は計り知れないと報じている。

李明博前大統領の竹島上陸以降、
日韓関係はかつてないほど沈滞している。

安倍首相と朴槿恵大統領との首脳会談も開かれていない。

韓国メディアは、
悪化の一途をたどる日韓関係改善を阻む、という論調だ。

コリア・タイムズ紙は、
中韓は「安倍が本性をあらわした」とみている、と報じている。

アメリカも遺憾の意を表明した報道の理由は

 アメリカも参拝反対の立場を明確

にし、
強い懸念を表した。

東京の米大使館は、
「近隣諸国との緊張を高める行為は遺憾である。

過去の問題を乗り越える建設的な解決策を見出し、
地域の平和と安定という共通の目的に向けて
協調していくことを望む」と表明した。

・日本=軍国主義との批判根強く報道の内容は
 人民日報傘下のグローバル・タイムズ紙は、
安倍政権はアジア諸国への謝罪を拒否、

平和憲法を改正しようとするなど、
日本は戦争責任を放棄している、と報じている。

また中国国営新華社通信は、
既に危うい近隣諸国との関係を深淵に落とす行為で、
軍事色を払拭しようとしている国際社会の努力を無にしている、
と批判した。

 安倍首相は、参拝は「不戦の誓い」で、
戦犯崇拝との批判は誤解だと説明している。
しかし、中韓メディアの論調は厳しく、
こうした説明が受け入れられるのは非常に困難といえそうだ。

編集後記

今回は阿部総理が靖国神社に参拝出来なかった理由と
靖国神社とはそのような神社なのか
靖国神社の始まりについて
中国メディアの報道の内容や
韓国メディアの報道の内容についたも掲載しました。
いずれにしても靖国神社は戦争に携わった戦犯の
功労者を祀った神社ですので日本人としては
これらの方々の御霊に対して敬意を表したいのは
当然のことのような気がします。
しかし、戦争というのは酷なもので世界から
戦犯という方々に対するご意見は
皆様はどのように感じられるのでしょうか

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!