SPONSORED LINKS

るゼラニュームの花

ゼラニュームの花は、初心者向きの代表とも

言われている鉢花ですなのです。

誰でも一度は育てたことがあると思います。

じつは、ゼラニュームの花の歴史

古く江戸時代頃から親しまれていた鉢花の様です。

しかしながら、
丈夫なのですが手間がかからず

育てるのは簡単な鉢花です。

何年かすると大きく成長してしまい

形が崩れたり、花が少なくなったりして、

「美しい」状態をキープするのは

意外と難しい様です。

今回は、皆に喜んでゼラニュームを楽しんで

頂けるように、奇麗に育てる方法を解説しようと思います。

※もくじ(タッチするとその項目に移動します)

・ゼラニウムは南アフリカ原産の植物です。

■ 

和名を「天竺葵」



原産地は南アフリカ。

■日本には江戸時代末期にオランダから

長崎の出島に入ってきました。

中国よりさらに遠い国からやって来たということで頭に

「天竺」

(今のインド)が付いたと伝えられています。

天竺を冠した植物にはこのほか天竺豆(ソラマメ)

天竺牡丹(ダリア)などがありますが

和名の下の

「葵」
は葉が徳川家の紋所にもなっている

葵に似ているから付いた様です。

よく、ヨーロッパの窓辺で咲き誇っているのを

写真や映像で見ることがあります。

・ゼラニュームのkンりのコツは

環境的には、

日当たりと風通しを良く
することが

ポイントです。

日本の高温多湿なので、ちょっと苦手の様ですが

直接雨が当たる場所よりは、軒下やベランダなど雨が

SPONSORED LINKS

避けられる場所に置いて管理する事によって改善されます。

ただし、
水のやり過ぎも禁物
の様です。


土がしっかり乾いてから水やりをする
と、

良いでしょうしましょう。

真夏と真冬以外は花をつけます。

・ゼラニュームの花がら摘みと、切り戻しをしよう

参考動画がありますのでご覧っ下さい!

育てて見るとわかりますが

ゼラニウムはよく発育して伸びます。

放っておくとひょろひょろと伸びしまい、

形がまとまり難くなってしまい

花数も少なくなってしまいます。



次から次へと花を咲かせるコツは

上手に切り戻しと剪定を行うことが大切です。

日々の管理の方法は、しっかりと


咲き終わった花は順次摘み取り

種が出来ない様にする事が大事です。

花房の花がすべてが咲き終わったら、

花茎のつけ根から折り取りましょう。

好きな高さで、わき芽のある

節の上でカットするのがポイントです。

梅雨時には、長く伸びた枝を半分くらいに切っておくと

形も整いますし、風通しもよくなるのでオススメです。

・ゼラニュームの植え替えをしよう

ゼラニュームは丈夫な植物なので、

ついつい何年も同じ鉢で放置してしまいがちですが

成長が早く、1年でかなり、根詰まり状態になってしまうので


植え替えも定期的に行う様にしましょう!

一回り大きな鉢に植え替えをすると

大きな株に育てることができます。

大きくしたくない場合は

根っこをほぐして古い根を取り除き

同じ大きさの鉢に植え直しましょう。

思いきって根を切っても、ゼラニュームは大丈夫ですから

大丈夫です。

真夏や真冬以外ならいつでも、植え替えできますが

春先になったら毎年やる、と決めておくと

いいかもしれません。

※(桜の咲く頃や、咲き終わった頃は、

わかりやすくてオススメです)

・編集後記

ゼラニュームの花は、大変丈夫な花なので

枯らしてしまう事は、少ないのですが

やっぱり、ゼラニュームを育てるならば

形の良い株に仕上げて、楽しむようにしましょう!

今回は、参考動画を交えながら、奇麗に育てる

方法を記載いたしました。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!