SPONSORED LINKS
菊の花の
菊の花の

菊の季節についていろいろと調べてみました。

菊の花は、きれいな花ですね!

しかも、日本の方々に大変愛されています。

最近の菊の花は、以前と比べて品質改良が加えられて

現在は、一年中楽しめるようになりました。

菊の花の由来について

菊の花は、奈良時代末頃か、若しかすると平安時代初めに

中国から日本に伝えられたと伝えられていますが、

確実な情報は、はっきりとした由来は不明のです。

最初に中国から渡来した時には「」を
kuk(クク)」と呼ばれて

いたようですがその時から
「キク」と呼ぶようになったらしいです。

そのほかには、「窮まる(きわまる)」を語源として、

一年の最後に咲く花という意味だともいわれています。

菊とはどんな花、菊の咲く季節とはいつなのか

菊の原産地は中国といわれていますが、

北半球各地でも見受けることがあります。

「キク」という名前は、1年の最後に咲くので、

「行き詰まる」という意味のなかでは「極まる」ということから

由来したとも、言われています。

そのほかに。漢字の「菊」は、

手の平にお米をおいて握った時の様子から

発生したとも言われているようです。

菊の咲く季節は?

菊の花は、日本に平安時代に伝わって来たといわれていますが、

暑さ寒さに強く日本の気候に適しているので

多く栽培されるようにななってきました。

さらに品種改良が進み人々に愛されるようになりましたのです。

菊の花は、大変綺麗な花なので

幕末のころからイギリス人の方々が

日本のさまざまな品種を持ち帰ったことで

外国でも、流行するようになったとの情報もあります。

菊の花言葉は

菊の花言葉は、
「高貴・清浄・高潔・高尚」などですが、

皇室が紋章にしたところから発生したものが多いようです。

さらに色ごとに、異なる花言葉をあるのです。

黄色~長寿と幸福・わずかな愛・やぶれた恋・白~誠実、

真実・赤~あなたを愛しています。

この様に、花言葉としても使われています。

菊の種類について

菊の花の種類は

花色や、花の咲き方や、花びらの形と、背丈や、

咲く季節など、多種多様な菊が出回るようになってきました。

そして
花の大きさから、大菊、中菊、小菊と分けられてもいます。

さらに、大菊のなかには、花びらが中心に向かって

こんもりと盛り上がっている「厚物」や

花びらが管状になって放射状にのびている「管物」と

菊の御紋のように平たい花びらが一重で並んでいる「広物」
などに分類されていうのです。

菊の育て方


1日9~15時間ほど日の光が浴びられる場所で育てることが重要ですよ!

菊は多くの日光を好みますので、

日が短くなると花が咲く性質をしています。

季節の変化が感じられる場所で育てて行くことが大切です。

菊(キク)の苗植えの時期と方法は?


菊の苗は、鉢植えか地植えにして育てることができます。

秋に花を咲かせるものは、6~7月中旬頃までに

鉢や地面に植え付けていきます。

SPONSORED LINKS

鉢植えの場合は、苗よりも1回り大きな鉢に土を2/3ほど入れて

植えることで良く育ちます。

地植えの場合は、日当たりと水はけのよい場所を選んで、

株同士の間隔を15~20cmほど空けて植え付けるようにしましょう!

菊(キク)の土作り、水やり、肥料の与え方

土作りの仕方
水はけのよい土を使うことがポイントです。

鉢植えには、赤玉土(小粒)3:腐葉土4:パーライト2:くん炭1の配合か、

黒土に腐葉土を2~3割混ぜたものがおすすめです。

市販の菊用培養土を使ってもかまいません。

地植えは、植え付ける場所の土を耕し、

腐葉土を2~3割混ぜて水はけをよくします。

水やりの仕方

水が多いと根腐れを起こしてしまいます。

鉢植えは、土の表面が完全に乾いてから水やりをします。

生育期の夏は朝夕の1日2回、

休眠期に入る冬は週に1回ほどが水やりの目安です。

地植えは、よほど乾燥していない限り、水やりの必要はありません。

肥料の与え方

花土をよくするためには、


リン酸成分の多い肥料が欠かせません。

植え付けるタイミングで、米ぬか、魚粉を発酵させた専用の

乾燥肥料を混ぜ込んでおくようにしましょう。

そして、9月上旬までは15~20日に1回、

同じ乾燥肥料を定期的に施してあげましょう。

9月中旬以降はチッソ成分をほとんど含まない

リン酸とカリウム

多い液肥に切り替えて、開花直前まで週1~2回ほど与えてあげましょう!

菊の剪定の時期と方法は?

本葉が6~8枚になったタイミングで摘心をしてあげましょう!

摘心することで、脇芽が沢山生えるようにしましょう!

そして、枝に葉っぱが5~6枚ついたら、

芽先を摘み取る作業を繰り返しましょう!

これによって花数や枝ぶりを調節しすることによって、

イメージどおりの形に仕立てていきましょう!

秋から冬に花が咲き終わったら、

株元から5~10cmのところで株全体を切り戻します。

そうすることで

春になると、株元からまた新しい芽が生えてきます!

菊の植え替え時期と方法は?

菊は多年草ですが、同じ場所で何度も育てていると、

病気や害虫の被害を受けやすくなってしまいます。

できる事ならば1年ごとに挿し木で株を増やしながら、

別の場所に植え替えた方が安心です。

鉢植えは、同じ大きさか1回り大きな鉢に、

新しい土を用意して植え替えます。

地植えは、株を掘り起こし、土を入れ替えて同じ場所に植えるか、

日当たりと水はけのよい別の場所に植え付けます。

手順や時期は、植え付け時と同じです。

菊の増やし方!挿し木の仕方や時期は?


5月上旬頃に、茎を5~10cmほど切って挿し穂にしましょう!

切り口を斜めに切って、2時間ほど水に浸けてから、

先端の葉っぱを3~4枚残して、鹿沼土(極小粒)の

5:バーキュライト3:赤玉土(小粒)1:くん炭1の割合で混ぜた土に、

深さ1.5~2cmの穴を空けて挿しましょう!

そうすると、根が生え、茎の長さが15cm以上に生長してきたら、

鉢や地面に植え替えましょう!

菊の栽培で注意する病気や害虫は?

カビ(糸状菌)による伝染病

灰色かび病、さび病、うどんこ病など各種のカビ(糸状菌)に

よる病気は、風通しが悪いと発生しやすくなります。

地植えは水はけが悪くなりがちなので、

畝や溝を作るなど排水性を高める工夫をしるようにしましょう。

病気にかかったら、

葉っぱや枯れた枝をすぐに取り除いて、

ワラやもみ殻で根元をマルチングすることによって

泥の跳ね返りによる病気の拡大を防ぐことが出来ます。

定期的に殺菌剤を散布する事によっても、

病気にかかるリスクを減らすことができますよ。

まとめ

菊の季節に関係する記事を掲載しました。

菊の花は日本の象徴として使われていますが

菊の特徴や種類についても記載いたしました。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!