SPONSORED LINKS

土筆のタイトル画像

だんだん春めいてくると、

どうしてか野山に出掛けて見たくなるものですね

そのころの野山には、いろんな山菜が目に着くようになります。

然し、昔から山菜は食べられる山菜と、食べられない山菜が存在します。

そこで、今回は食べられる土筆について記載しました。

確かに、土筆は昔から多くの方々に好まれた植物です。

土筆は料理の仕方によって美味しく食べられるのですが

土筆は、どんな場所で採れるのかを、調べてみました。

綺麗な皇帝ダリアの増やし方や栽培方法&対策法

土筆の取れる場所と採取方法について

土筆の取れる場所
土筆はどんな場所で採取するのかというと

民家から離れた場所で採るのが基本ですが

土筆は川の土手や田の畦、や原っぱなどで見ることができます。

なんとなく、土手や田の畦に生えている土筆を見つけると

大変かわいらしい土筆の姿を見る事が出来ます。

そんな時には、春を感じます。

でも、可愛い土筆を見つけたら、土筆の気持ちになって上手に採取する

様にしましょう。

ツクシがよく生える場所は、

一般的には川の土手や田畑の畦道に生えています。

特に、肥料のよく効いた休耕畑には

太くて長い、土筆が沢山生えている傾向にありますので

祖の様な場所は、人間が畑の土を踏み固めてしまうと、

土筆が生えてこなくなってしまいますので

そんな時には、下に沈んだ土を耕してやる気持ちが大切です。

SPONSORED LINKS

然し、実際には改めて耕す人はいないようです。

ですから、土手等の斜面の方が土壌が固まりにくく

養分も、流れてくるので

永い間安定して生えて来ますが、

特に、土盛り工事の後などは(2~3年後に)林のように

繁茂することも確認されています。

結果的に土筆を採取するには、将来の為に、気遣いも大切です。

土筆を美味しく食べるには

土筆は、シダ植物に属するスギナの胞子茎をを食べる事になります。
土筆の胞子

土筆を見た目の特徴としては、

薄茶色で『袴』と呼ばれる茶色で輪状の葉が茎を

食べる事になるますがその土筆の長さは、丈は10~15センチ程度です。

土筆の穂を放置すると緑色を帯びたほこりのようなものが多数出てきまが

これが胞子と呼ばれるものです。

土筆を食べる前準備が必要ですのでその手順を紹介します。

土筆は袴を丁寧に取り 一晩水につけてあく抜きを行いましょう。

土筆あく抜きの参考動画

土筆は袴を丁寧に取り 一晩水につけてあく抜きを行いましょう。

 このとき、水を2~3回 新しいものに取り替えるのがコツです。 

 袴を取る作業は指が真っ黒になってしまいますので

 手が汚れるのを嫌いな方は 薄手のゴム手袋などをはめて

作業するのも方法です。

 土筆が新鮮なうちに 手際よく、すべて終わらせることがポイントです。

然し、この作業は結構手間のかかる作業ですが、土筆を美味しく

食べる訳ですから、頑張って行う事は仕方ありません。

袴を取った土筆をザルなどに上げ、土筆の水気を切ります。

 

鍋にたっぷりのお湯を沸かし、 土筆が柔らかくなるまで茹でます。

茹で上がった土筆をザルにとり、 水にさらして最後のあく抜きを行います。

このときの、ポイントとしては、水に長時間つけておくのではなく

茹で上がった土筆を 軽く水にくぐらせる程度にするのがポイントです。

ここまでが土筆の下ごしらえが完了です。

如何でしたか?下準備に結構時間を使ってしまいましたが

これから、土筆を美味しく食べる楽しみがあります。

土筆の食べ方及び料理の方法

土筆の食べ方及び料理の方法について

ここに記載した動画はyoutubeより引用しました。

摘んできたつくしを料理してみました!

[ad#co-1]

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!