google-site-verification: googleb1efe07e040f47ff.html p3dNjYBhRzVGgcGuNgl61j3qK9pa-Sn9KrTnB9uwVHM,104406292561472284698

いぐねとは仙台地方の屋敷林について解説


SPONSORED LINKS


いぐねと呼ばれている屋敷林について調べてみました。
いぐねとは、屋敷の周囲に設置された林のことであり
一般的には「屋敷森」とも呼ばれています。

代表的ないぐねは
仙台地方に存在する長喜城があります。
長喜城は、中世の豪族である沖野氏らが
この地に館を築き、
“喜びに満ちた不朽の城であるように”との
願いを込めて命名した屋敷名であります。

長喜城には、「いぐね」に囲まれた数軒の屋敷が
まとまって点在しています。

いぐねの名前の由来は


家を表す「い」と地境の「くね」から
屋敷境を表したことが語源だと言われています。

また、いぐねとは”居(住まい)を守る久根(生け垣)”、から
つまり屋敷林のことなのです。

いぐねの由来は

風雪から家屋敷を守るためや、
食料や建材、燃料として利用するために

敷地を取り囲むように植えられた屋敷林
のことです。

仙台を中心とした東北地方の太平洋側で
広く使われている呼び名です。

SPONSORED LINKS

仙台平野の水田地帯に緑の浮島のように
見える「いぐね」は、先祖代々から引き継がれた
農村での暮らしの知恵であり、

また、農村の風土を形づくる独特の風景なのです。

仙台平野に広がる水田の中に、
ぽっかりと島のように浮かぶ“イグネ”と
呼ばれる木立が点在している。

この森は奥羽山脈から吹きつける強風から
家を守るために植えられた屋敷林のことで、

400年以上にわたって人々に守り継がれてきました。

仙台平野の美しい四季の生活は、のどかですが
先祖代々の日々の生活をしながら
伝統を守って維持してきて現在まで伝え継がれてきた
努力は素晴らしいものがあります。

奥羽山脈から吹き下ろす強い風から家屋を
守るために人々が一本一本植えたものだと言われています。

23戸が暮らす仙台市若林区長喜城地区では先祖が
残してくれたイグネの木々を使い家を建て、
いぐねに植わる栗、柿、クルミなどの実を食し、
木の葉を燃料とする、昔ながらの暮らしを営んでいます。

そして、イグネを守り継いできた先人を敬いながら、
子孫の繁栄を願いイグネに新たな木を植え継ぎながらの
生活環境は素晴らしい限りです。

編集後記

”いぐね”という言葉は普段あまり聞きませんが
調べてみると素晴らしい日本の集落であることが
わかりました。
ここでは
いぐねの名前の由来についてと
いぐねの由来について調べた内容を掲載しました。
如何でしたでしょうか?

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!

コメントを残す

サブコンテンツ

関連記事はこちら!

    None Found

このページの先頭へ