SPONSORED LINKS

大相撲のタイトル画像

大相撲は日本の国技として現在人気絶頂中です。
しかし、各場所の名前がどのようにして
定められたのか について解説しています。

現在の場所名と開催場所は

一月場所(初場所):両国国技館
三月場所(春場所):大阪府立体育会館
五月場所(夏場所):両国国技館
七月場所(名古屋場所):愛知県体育館
九月場所(秋場所):両国国技館
十一月場所(九州場所):福岡国際センター

上記のように定められています。

大相撲の各場所の由来

江戸勧進相撲の伝統から来ていますので解説いたします。

相撲会所という名称で(いまの相撲協会)が作られました。

始まったのは
公に相撲が許可されたのは、貞享~元禄時代の頃
年一、二回 原則として3月(春場所)
または10月(秋場所)だったそうです。
これを、公許勧進相撲と当時は言っていました。

貞享~元禄時代の頃で、当時は年一、二回
原則として3月(春場所)
または10月(秋場所)として開催されていました。

その後、年二場所が定着したのは明和3年からですが
春場所は2、4月の時もあり、
秋場所が11月の時もあったようです。

旧暦の11月は冬なのですが

秋は実るが
冬はさびれるという事で、
「冬場所」の言葉は嫌われていたそうです。
 
 千秋(穐)楽の言葉もあります。
(一月場所がはじまったのは、
文化10年浅草が初の土俵となった時です。)
幕末までこのままの様です。

SPONSORED LINKS

その後に世が騒がしくなり混乱期の到来です。   
そんな時に、六、七月場所になることもありました。
夏ですが秋場所と呼んだのかも知れません。

明治13年春、1月と5月 夏の二場所制が
定着するようになりました。

大戦中の昭和18年まで長く続きましたので
昭和18年の、この春は新暦なので
初春の意味で春場所としたようです。

戦時中の昭和19年は戦時意識高揚のためる為に、
初の年三場所が開催される様になりました。
春、夏、秋(1、5、11月開催)です。
これが現在の原型です。

戦後は混乱期で

混乱が収まり、昭和24年より年三場所制が定着して

昭和28年より年四場所、1,3、5、9月になり、
春場所が1月から3月へ押し出され
1月は初場所になりました。
初、春、夏、秋場所です。

昭和32年の年5場所を経て、
昭和33年よりいまの年六場所制に
なったのは記憶に新しいです。

1、3、5、7、9、11月、に開催される
事になったのですが
初、春、夏、秋は従来通りで、
7月は、名古屋場所
11月は季節名は付けられないので、
九州場所にしたわけです。

まとめ

現在の場所名と開催場所と
大相撲の各場所の由来について
解説しましたが

皆さんは大相撲が何時何処で
開催されるのかがお分かりになられたことと
思います。

今度の場所では誰が優勝するのか
どの力士が活躍するのか
そして、来場所の番付がどうなるのか等々
興味が深々ではありませんか?

楽しみに大相撲を見るのが楽しみですね
最後までお付き合い有難うございました。

関連サイト

【画像付】大相撲の歴代横綱の経歴と出身地|完全解説

大相撲の懸賞金の予想はいくら位 優勝者予想 白鵬?稀勢の里?豪栄道?

大相撲 決まり手!珍手や奇手の数を画像で紹介

大相撲トーナメント! 巡業の一日の行事を見てみよう!
豪栄道の成績が初優勝で来場所横綱昇進もある?

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!