SPONSORED LINKS

タチアオイは、別名 「ツユアオイ」ともいわれています。

梅雨の始まる6月頃から幹の下の方から咲き始めて

幹の頂上に花が咲いた頃、梅雨明けになります。

タチアオイの花の変化の画像

花の色はピンクや紫と白や黄色の花の種類があります。

その他に一重や八重の花が咲きますので

とても奇麗な花ですので、楽しませてくれる花なのです。

今回は、タチアオイをプランターでの育て方について

説明しています。

タチアオイの種類

タチアオイには、

  • 春にまいてその年の夏に咲く一年草、
  • 秋にまいて翌年の夏に咲く一年草、
  • 春にまいて翌年の夏に咲く二年草


  • の3種類があります

    育てる環境が合えば宿根草として育てられますが、

    株の寿命が短く二年ほど咲かせると弱ってしまいます。

    地上部が枯れたとしても、こぼれダネで翌年も咲くことがあります。

    タチアオイの花言葉

    タチアオイの花言葉は、

  • 「熱烈な恋」
  • 「威厳」
  • 「平安」
  • 「高貴」
  • 「大きな志」


  • この様な花言葉ががあります。

    タチアオイの特徴

    背が高く、夏の直射日光を遮るほどの

    大きく鮮やかな花を咲かせるタチアオイは、

    庭に植えると非常に映える植物ですが、

    見方によっては「暑苦しさ」を感じることもあるので

    密集させないで植えると楽しめます!!

    SPONSORED LINKS

    タチアオイをプランターで育てる方法と注意点

  • 日当たりの良い場所を好みます。
  • 耐寒性がありますが、霜には弱いので注意しましょう。
  • 土の表面が乾いたらたっぷりと水をあげましょう。
  • 肥料は控えめでも成長します。

  • 病気はありませんが、害虫のワタノメイガ、ハムシが
     つきますので駆除してあげましょう。

    タチアオイをプランターなどに植え替えをする方法


    根を傷つけないように注意しましょう。

    花茎が長く伸びてきたら支柱をたてて
     鑑賞しましょう。

    ・タチアオイを種まきで増やす方法
    一年草タイプのものは3月~4月に
    種をまくとその年の夏に花が咲きます。


    春まきは開花までの期間が短いために手軽で育てられます。

    一年草のタイプを9月頃にまくと
    翌年の初夏~夏に花が咲きます。


    秋まきは育苗期間を長くとれた株の育成をはかれるので、
    花が多く咲きます。

    二年草タイプのものは
    4月~5月に種をまいて育苗し、
    翌年の初夏~夏に花を咲かせます。

    あまり土質を選ばずによく発芽するので、
    プランターや花壇や鉢に直接種をまいて
    育てることができます。



    発芽適温は20℃前後が最適です。

    種の表面が水をはじきやすいので、
    一晩水につけてからまくと良いです。

    株分けもできますが、
    根を傷めやすい為に、種まきで増やす事が簡単です。

    まとめ

    今回の記事には
    タチアオイの種類
    タチアオイの花言葉
    タチアオイの特徴
    タチアオイをプランターで育てる方法と注意点
    プランターなどに植え替えをする方法
    タチアオイを種まきで増やす方法
    等について説明いたしました。

    タチアオイは非常に育てやすく方法によっては
    毎年楽しめますので是非お楽しみください!

    SPONSORED LINKS

    この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!