SPONSORED LINKS


冬の寒さが緩んでくると
時々暖かい日があるようになる日がありますね
その頃になると「三寒四温」という言葉を
聞く機会が増えてきます。

大体毎年の2月下旬から3月初旬位に
使われてくるようになりますね

今回は、「三寒四温」の意味や、
使われる時期を調べてみました。

・三寒四温の意味は

三寒四温という言葉は
美しい4字熟語ですね

この、三寒四温という言葉は
春頃になるとスピーチの中や
お手紙の季語としてよく使われます。

でも、いつ頃使われるのでしょうか?
何となく、春のイメージとして使っている方々も
多いのではないでしょうか

使われる時期を考えてみましょう。

三寒四温は基本的に冬の季語として
使われています。

現実には、秋の終わりころから春の始まる前位ではないでしょうか
三寒四温の意味は
冬の時期の気象現象の事を意味しています。


3日間位寒い日が続いた後
4日間位暖かい日が続く

そして、この現象を繰り返すという意味なのです。

元来、中国東北部や朝鮮半島北部などで
冬の時期の、寒暖の周期の変化を表す言葉として
使われている言葉だったようです。

SPONSORED LINKS

そして、日本に伝わってきたのですが
実際には日本では三寒四温の現象が起こるのは
真冬ではなく春先に現れるのです。

早春に低気圧と高気圧が交互にやってきて
寒くなったり、暖かくなったり繰り返すようになります。

そんな春先に三寒四温の言葉を使う方々が
いつの間にか増えてきたようです。

・三寒四温の使い方は

三寒四温の意味の項で説明した通りですが
最近では、三寒四温が本来のは冬ではなく
春先の変わりやすい天気に
使われることが多くなっているようです。

三月から四月にかけて
っ春先に向けてだんだん暖かくなっていく
時に使わているのです。

テレビの気象予報士も春先に使われているの様です。
時代の変化と共に言葉の意味合いが
変化していくことがあるのです。

・三寒四温の文例を紹介します。

①「三寒四温と徐々に暖かくなる今日この頃」
②「三寒四温などと言われる季節」
③「三寒四温の季節皆様におかれましては」
④「三寒四温と言いますがこうして徐々にはるになって」
⑤「三寒四温と言われる季節、そろそろ梅のつぼみも」
⑥「三寒四温の季節、皆様におからましては
 ご健勝のこととお慶び申し上げます」
⑦「めっきり春らしくなりましたが、
 まだまだ三寒四温で、寒い日もございます。
 どうか、お身体ご自愛くださいませ」
⑧「三寒四温の候、貴方様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか」
⑨「三寒四温、少しずつ春めいてきたように感じられる今日この頃、」
⑩「三寒四温の候、体調を崩されること無く新年をお迎えのことと存じます」

・編集後記

三寒四温とはそもそも冬の言葉だったのだが
最近では春先に使われる方々も増えてきたようです。
この様な素敵な季語をさりげなく使えるように
なりたいですね

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!