SPONSORED LINKS

お盆のタイトル画像

お盆休みは毎年暑い季節になるとやってくるのですが

待ち遠しい方々も居られるとおもいます。

まず考えられるのは、盆踊りやお祭りの他に

お墓参りを思い浮かぶのではないでしょうか?

今回は、お盆とはどんな行事なのでしょうか

お盆の由来やその語源について解説致します。

■お盆とは

お盆の画像

ご先祖様の霊を供養し、その冥福を祈る行事または

その行事を行う期間を指しています。

この期間は、無くなったご先祖様が浄土(天国)から

地上に戻って来ると言われています。

お盆とは祖先の霊を祀る(まつる)ために

7月15日頃に行われる行事です。

▼祖先の霊を祀る(まつる)行事の事を言います。

お盆とは、ご先祖様の霊を祀るためです。

お盆は、仏教行事から来ているのですが

・仏教の盂蘭盆(うらぼん)

・盂蘭盆会(うらぼんえ)という行事の中に、

祖先の霊を祀る(まつる)信仰があるのです。

然しながら、親族の方々がお亡くなりになられた時には

お葬式を行い、その後四十九日・一周忌・三回忌などの

法事法要とは別に、

法要として供養の儀式が営まれますが、

初盆以外のお盆には、

遺族だけで、祖先の霊と一緒に供養をする教えがあります。

故に、

・初盆には四十九日、

・一周忌、

・三回忌などの法事法要とは別 に、

法要として供養の儀式が営まれますが、

初盆以外のお盆には、遺族だけで、

祖先の霊と一緒に供養をするのが一般 的です。

伝統的には旧暦の7月15日に当たる中元節の日に

行われていましたが、

最近では地域によって変わってきています。

毎年の8月15日(月遅れの盆)を中心として

行うところが多くなってきていますが、

東京など関東圏の一部では7月15日を中心に行われています。

その理由は 

東京と地方とで盆の時期をずらすことで、

縁者一同が集まりやすくなる事と

皆でゆっくり先祖の供養をするために、

このような形が定着したと思われます。

農家では、農作業が忙しい時期を避けるために、

東京と地方とで盆の時期がずれたのかも知れません。

お盆の最初の13日を「迎え盆(お盆の入り)」、

最後の16日を「送り盆(お盆の明け)」と言っています。

■お盆とはいつからいつまで

一般的な8月のお盆は8月13日から4日間!ですが

8月のお盆は「月遅れ」のお盆と言います。

東京など関東圏の一部では

7月15日を中心に行われる場合もありますが

最近では、夏休みにあわせた月遅れお盆が一般化しています。


※地域によってお盆の日程は異なりますのでご注意下さい!

SPONSORED LINKS

伝統的には旧暦の7月15日に当たる中元節の日に行われていましたが、

現在は地域によって変化してきています。

その理由は、

8月15日(月遅れの盆)を中心として

行うところが多かったのですが、

東京など関東圏の一部では

7月15日を中心に行われます。

この様に 東京と地方とで盆の時期をずらすことで、

縁者一同が集まりやすくなる利点が考えられます。

皆でゆっくり先祖の供養をするためには、

このような形が定着したと考えられます。

故郷の田舎では、農作業が忙しい時期を避けるために、

東京と地方とで盆の時期がずれたとする考え方もあるのです。

ちなみに、お盆の最初の13日を「迎え盆(お盆の入り)」、

最後の16日を「送り盆(お盆の明け)」と言っています。

■お盆の その由来と語源について

お盆は、本来「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言うのですが

「盂蘭盆」という説もあります。

これは、「盂蘭盆会」が略されたものになります。

盂蘭盆会は、古代インド語(梵語)の「ウランバナ」を

漢字で音写したもので、逆さづりという意味があるのです。

盂蘭盆会は、これが転じて

「逆さに吊るされるような苦しみを除く」という意味の行事です。

お釈迦様の第十弟子の一人で「神通力」の第一人者といわれている

目連尊者(もくれんそんじゃ)というお坊さんが、

初めて神通力を得た時のことです。

目連尊者は、亡き父母に何かできないものか?と考え、

その力を使って探した結果、

餓鬼の中で何も飲み食いができず、

苦しんでいる母親を見つけたのでした。

何とか母親を助けたいと思った目連尊者は、

鉢に盛ったご飯を差し出しましたが、

母親がご飯を食べようとすると、

口に入れる前に炭になってしまい

食べられませんでした。

その姿を見た、目連尊者は号泣し、

お釈迦様のところへ戻って、母親の話を報告しました。

すると、

お釈迦様は「あなたのお母さんの罪は重かったようで、

あなた一人の力ではどうにもできません。」と諭されたのです。

旧暦7月15日(現在の8月中旬頃)に

安居(あんご)の修行を終えた、修行僧達にたくさんの

御馳走を与え、心から供養しなさい!

そうすれば、父母も先祖も親族も三途の苦しみから

逃れることができて、時に応じて解脱し、

衣食には困らないでしょう。と、教えてくれたのです。

目連尊者が、お釈迦様に言われたとおりに実行してみると、

母親は餓鬼から逃れることができ、

無事に往生することができました。
__
という教えがあったのです。

目連尊者は、母親を餓鬼から救うことができた事に感激し

この慣わしを、後々までに残したいとお釈迦様に懇願しましたが

すると、お釈迦様はこのように教えて下さいました。

旧暦7月15日にいろいろな飲食を盆に盛り、

同じように仏や僧や大勢の人たちに供養すれば、

その功徳によって、たくさんの先祖は苦しみから救われ、

今生きている人も幸せを得ることができるでしょう。

と、教えてくれたのです。

これが、お盆行事の始まりと言われています。

■まとめ

夏休みが近づいてくると
お盆という言葉が気になってくると思います。
今回は、お盆とはいつからいつまでなのかな?
その由来と語源とお坊さんの教えの内容を記載いたしました。

いずれにしても、お盆には故郷の田舎に里帰りをして
親族の皆さんと一緒に先祖の供養をするのが習慣になっています。
この時には先祖のお墓の掃除をして、お寺さんのお坊さんに
供養をして頂くのも習慣の一つになっています。
その時のお坊さんの説法を聞くことにより
先祖の色々なお話も聞くことが楽しみの一つです。
また、田舎に出掛けたついでに、近くの観光旅行なんかも
楽しいかもしれません。

最後までお付き合い有難う御座いました!

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!