SPONSORED LINKS

%e3%83%8f%e3%83%ad%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e7%94%bb%e5%83%8f

ハロウィンの仕様について記載しました。
皆さんが知っているハロウィンとはどんな行事なのか
良く理解していなくても、各ショップや地方等でお祭りの様に
賑わしていますね
ハロウィンは実際にどんなお祭りなのか?について
調べてみましたので、参考にして下さい。

・ハロウィンとは、

英語では、Halloweenと表現します。

由来は、キリスト教において毎年11月1日にすべての聖人を
記念する祝日の前夜祭の事です。

万聖節とも呼ばれている様です。

この万聖節には、秋の収穫を祝い悪い霊を追い出すお祭りです。

・語源について

Hallow(神聖な)+een(even=evening)
から来ています。
万聖節はAll Hallow’sとも云われています。

その前日である事からAll Hallow’s Eveと呼ばれていたのが、
Hallow E’enとなり、短縮されてHalloweenと
呼ばれるようになったといわれたのが 有力な話です。

・ハロウィンの起源は

数千年前の古代ケルト民族の祭り(Samhain)が
起源と言われているようです。

古代ケルト民族達は、1年の終わりを10月31日と定め、
その夜を死者の祭としたのです。

それは死者の霊が親族を訪れる夜の事であり、
また悪霊が 横暴し、子どもたちを拉致したり、
作物や家畜に害をなす夜でもあったので
死者の霊を導いたり、また悪霊を払いさったりする為に、
焚き火は不可欠なものとなったのです。

その起源は古く、古代ケルト民族の崇拝するドルイド教の
収穫祭の行事に対して、ローマの果家女神Pomonaの祭が
加味されたものらしいとも伝え継がれて来たとの
歴史が残っています。

ですから、Halloweenは、
古代ケルト・古代ローマ・キリスト教という3つの
宗教による要素が混合したものなのです。

ラテン系国家では、宗教的色彩が強いのですが、
イギリス・アイルランド・アメリカ地方では
民族的習慣が教会的儀常時と並行して現在でも残存しています。

SPONSORED LINKS

・仮装して子どもたちが練り歩きの由来

これらの行為をTrick or Treatと言います。

Trick or Treatの由来とは
仮装して子どもたちが村や街を練り歩き、
窓をたたくことを”Trick or Treat”と言ってお菓子をねだるのは、
祭り用の食料をもらって歩いた農民の様子を まねたもので、
中世のなごりとして残っています。

日本でも、かなり多くのイベントとして定着してきました。
英会話教室・幼稚園・学校・地域などでパーティや
イベントが開催され、様々な商品も販売されています。

初めてハロウィンパレードを実施したのが
原宿キディランドだそうです。
今でも原宿表参道は日本のハロウィン本家とも言われ、
毎年パレードがあるようです。

・Halloweenを象徴する色について

オレンジと黒を基礎として、
Jack-o’-lantern(かぼちゃをくり抜き目・鼻・口をつけた提灯)、
黒猫、ガイコツ、クモやクモの巣で飾られます。

ハロウィンの当日には、夜になると子どもたちが
思い思いに仮装して、近所を「Trick or Treat」と
周りお菓子をもらう習慣が残っています。

最近は事故防止のために、色々と工夫して
周るようになってきています。
大人たちもコスチュームパレード・パーティ
・Mallや教会のお祭に参加をし、Halloweenを祝うのです。

ハロウィンの商品にはこんな物もあります!

・まとめ

ハロウィンとはどんなものかを調べて記載しました。
歴史は随分古くからあったのを知る事が出来ました。
そして、ハロウィンのお祭りの歴史についても記載しました。
皆さんがご存じなかった様なことについてもお判りに
なられた事でしょう!
現在では、お子様を中心としても、大人の皆さんも
仮想してお祭りに参加したり、家庭のパーティなどで
楽しむのも楽しいですね!

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!