SPONSORED LINKS

山法師の木の画像

花のような総苞片が美しく、庭のシンボルツリーとしても
人気の高いヤマボウシ。
その中でも1年中緑の葉っぱをつけている
常緑タイプのヤマボウシがあるのをご存知でしょうか?
今回は、まだまだ種類も少ない常緑ヤマボウシについてご紹介します。

ヤマボウシ(山法師)の特徴

高さ5~10メートル位まで成長します。

幹は灰褐色。葉は対生し、楕円(だえん)の形をしています
または卵円形で長さ4~12センチ位のものもあります。

全縁でやや波打っており。
花は6~7月に開きます。

淡黄色で小さく、多数が球状に集合し、
その外側に大形白色の総包片が4枚あり、花弁のように見えます。

<山法師の実は

山法師の実の画像

果実は集合果で9月頃に赤く熟し、
直径1~3センチで球形、食用にもなります。

種子は約3ミリで、大きい果実には3~4個、
小さい果実では1個入っている。

果肉はやわらかく黄色からオレンジ色であり
マンゴーのような甘さがあります。

果皮も熟したものは、とても甘く、
シャリシャリして砂糖粒のような食感があるので美味しいが
果実酒にも適しています。

山法師の繁殖地と利用方法

山地に普通に生え、本州から九州、および朝鮮半島、
中国に分布しています。

街路樹・庭園樹・公園樹としても利用されています。

材は器具材として用いられる。

近縁にハナミズキ(アメリカヤマボウシ)があるが、
こちらの果実は集合果にならず、個々の果実が分離している。

庭木などにも利用されるが、
幹には粘りがあり固いことから、
古くから木槌や水車の歯車など古くから
器具材として用いられてもいます。

本来山の谷筋などに自生する樹木であるので、
水はけのよい常に水が存在する場所を好みます。

夏に乾燥すると葉の回りが枯れたり、
小枝やひどい場合は全体が枯れたりするので、
乾燥させないことが必要である。

また、粘土質の土壌では根の張りが悪くなりがちなので、
土壌改良などをして水はけのよい状態にして
根が伸び易いようにしてやることが必要である。

山法師の楽しみ方

・花として・果実を食し・紅葉と3回楽しめるので、
庭木にもよく用いられるが10m近くまでに育つ樹であるので
周囲には大きな空間を必要である。

山法師の病気

病気では特に目立ったものはないが、
害虫ではアブラムシ、カイガラムシが付くことがあり、
すす病(昆虫の排泄物に黒いカビが生えたもの)を
誘発する事があります。

また、幹に穴を開けて食害するテッポウムシが付くことがあり、
注意が必要である。

常緑ヤマボウシとは?普通のヤマボウシとの違いは?

学名 Cornus hongkongensis
科・属名 ミズキ科ミズキ属
英名 ー
原産地 中国
開花期 6~11月
花の色 白、クリーム色
種類 ホンコンエンシス
サマーグラッシー
ガビサンヤマボウシ
ヒマラヤヤマボウシなど
普通のヤマボウシ同様、


ミズキ科ミズキ属の果樹で


ヤマボウシは落葉樹です

常緑ヤマボウシはその名の通り、
1年中葉が茂っている常緑樹です。

また、常緑ヤマボウシは中国が原産国ですが、
普通のヤマボウシは日本という違いもあります。

この常緑ヤマボウシは最近生まれた種類で、
一般に流通している数は少ない、珍しい樹木です。

ヤマボウシ(山法師)の花言葉や種類は?ハナミズキとの違いは?

山法師の実の画像

ヤマボウシは古風な名前にぴったりな、真っ白い花をつける樹木で、
庭先や街路樹で多く利用されています。

幹には粘りがあり固いことから、
私たちの生活とも深く関わりあっています。

また、ハナミズキと花の形状などが似ていることからも
親しみやすさが感じられます。

ヤマボウシ(山法師)の花言葉



花言葉は『友情』です

ヤマボウシは、さわやかで落ちついた
印象のある白い花が特徴なので

その花の色にぴったりな純粋さを感じさせる
花言葉から、大切な友人へのプレゼントとしても
人気が高い花です。

ヤマボウシ(山法師)の開花時期と見頃の季節は?

山法師の実の画像



総苞片が見られるのは5~7月頃
で、
先端の尖った花のような総苞片を4枚広げ、
その中心に黄緑色の小さな花が球状に集合しています。
9月頃には実が赤く熟し、
その後11月上旬頃には紅葉を楽しむことができるので、
季節ごとに姿の変化を私たちに楽しませてくれます。

SPONSORED LINKS

常緑ヤマボウシの育て方は?植え付けの方法・時期はいつ?

山法師の実の画像山法師の実の画像

基本的には普通のヤマボウシと同じ育て方です。
常緑ヤマボウシは苗木の植え付けから始めるのが一般的ですが、
植え付け時期は10~11月、3~5月が適期で、

常緑ヤマボウシは寒さに弱いため12~2月は避けましょう。

特に大きい苗木で販売されていることが多いので、地植えがおすすめです。

日当たりがよく、水はけの良い場所を好みます。
半日陰でも育ちますが、
日当たりが少ないと花つきが悪くなるので注意が必要です。

植え付ける際は、
あらかじめ苗木より2~3割程度大きな穴を掘り、
腐葉土を底に入れ堆肥・肥料などをすき込んだ土を用意します。

水はけを良くするため地表よりやや高くなるように
苗木を植え付け、用意した土を入れ
わらやバーク堆肥、腐葉土で表面を覆います。

しっかりと根付くまでは支柱を添えてくださいね。

苗木が幼いうちは花つきがあまり良くありませんが、
しっかりと根付いて生長すると花つきも良くなってきます。

常緑ヤマボウシの剪定方法や時期は?土・肥料や水やりの方法・注意点は?

基本的には普通のヤマボウシ同様、
常緑ヤマボウシは基本的に樹形が整った状態で生長するため、
枯れてしまった枝やスペースの関係以外には、
基本的に剪定の必要はありません。

剪定する場合は12~2月頃に行うようにします。

花芽を切り落とさないように注意しながら
枝の分岐している場所のすぐ上で切ると良いでしょう。

剪定した枝の切り口には、
病気の予防に保護材を塗って置く事を忘れない様に!

大きな枝を剪定した場合は
しばらくは花つきが悪くなることがあります。

肥料は1~2月頃に寒肥として油かすなどの
有機質肥料を適量与えます。
水やりは地植えの場合は不要です。

常緑ヤマボウシの増やし方は種?挿し木?どんな病気になる?

増やし方もヤマボウシ同様、
接ぎ木が一般的ですが、種まきでも可能です。

秋に果実が実るので、その果実から種を取り出したら、
乾燥させないように直ぐにまきます。

乾燥してしまうと発芽力が弱まってしまうので注意が必要です。

ただ、種から生長させる場合は花が
楽しめるようになるまで7~8年程度はかかり、
難易度も高いため、
その場合には、接ぎ木にチャレンジしてみましょう!

常緑ヤマボウシの病気

常緑ヤマボウシで注意すべき病気はウドンコ病です。
梅雨時期から梅雨が明けるまでの間に葉や
新芽に白い粉がかかったようになる病気で、
放っておくと樹が弱ってしまうので、
殺菌剤をまくなどして対処しましょう。

落葉しない常緑ヤマボウシはシンボルツリーにおすすめ

普通のヤマボウシも
花・紅葉・果実ともに美しい樹木ですが、
常緑のヤマボウシも庭のシンボルツリーとして
魅力的です。

普通のヤマボウシ同様に見た目は個性的ですが、
果実も美味しく食べることができます。

まだまだ流通の少ない種類ですが、
これからの改良でもっと種類が増えて
手軽に購入できるように期待しましょう。

ヤマボウシの実、味・効能・食べ方は?ジャムや果実酒の作り方は?

ヤマボウシは花びらや紅葉の美しさを
楽しむことができる植物ですが

個性的な見た目のせいで、
果実が食べられることを知らない方も多いかもしれません。

今回は、ヤマボウシの実はどのように食べるのか、
果実の味や効能についてまとめました。

ヤマボウシの実はどんな味?

ヤマボウシは、6~7月頃に花が開き、
9月頃に果実を実らせます。

ヤマボウシの実は、皮が赤色やオレンジ色なので
果肉は黄色をしています。

熟すと地面に落下してしまいます。

そのまま皮を剥いて生でも食べられますが
果肉には小さな種がたくさん入っていて、
味は甘く、よくマンゴーやバナナやあけびの味に
似ていると例えられています。

ただし、ぶつぶつした形をしているので、
食べられることをあまり知られていない果実です。

ヤマボウシの実の効能は?

ヤマボウシの実にはビタミンや
カロチン、アントシアニンなどを含み、
滋養強壮や疲労回復などの効能があるといわれています。
果実を乾燥させてから利用すると、
下痢や腹痛にも効くそうですよ。

ヤマボウシの実の食べ方は何があるの?

ヤマボウシの食べ方は、4つあります。
1つはそのまま生で食べる方法、

2つは乾燥させて食べる方法、

3つはジャムにして食べる方法、

4つ目はお酒にする方法です。

ブルーベリーと同じくらい使用用途が広く
食用に向いていることがわかります。


ヤマボウシの実を使ったジャムの作り方

ヤマボウシが熟して落ちた実や、
熟したものを収穫した実を準備します。

まずは、ヤマボウシを水に入れて手でしっかりと洗い、
皮のつぶつぶ部分を取り除きます。

次に、軽く手で潰して、上から砂糖をまぶしながら混ぜ合わせ、

約30分~1時間ほど置いておきます。

次に、鍋に果実を入れて中火で温めて、
沸騰したら火を止めて粗目のザルで果肉をこします。

何回かこした後に、
細かい目のザルに変えて果肉をこして、
再び中火にかけます。

木べらなどで焦げ付かないように底や鍋肌をなぞりましょう。
底をなぞった際に一瞬鍋底が見えるくらいの
とろみ具合になったら、レモン汁を加えれば完成です。

<参考レシピ

●ヤマボウシの実 600g
● 砂糖 200g
● レモン汁 大さじ1杯(15g)


ヤマボウシの実を使った果実酒の作り方

ヤマボウシの実で果実酒を作ることもできます。

まず収穫した果実のヘタを取り、
しっかりと水洗いをして汚れを落とします。

キッチンペーパーなどで水気を取り、
果実酒用の容器に入れます。

ホワイトリカー、氷砂糖、レモンを
加え2~3ヶ月間浸け置きします。

2~3ヶ月後に果実を取り出して
さらに半年~1年間熟成させれば完成です。

水洗いの際に、実を潰さず丁寧につぶつぶを落としておくと、
漬け込み中の見た目が良くなります。

<甘めの果実酒の参考レシピ

● ホワイトリカー 実の3倍の量
● 氷砂糖 ホワイトリカー1Lに対して100g
● レモン 1/4個

ヤマボウシの実を食べてみよう!

ヤマボウシの実は、生でも調理しても
美味しく食べられます。

花や紅葉の美しさだけではなく、
果実の味覚も楽しめると
一石二鳥でヤマボウシを堪能することができます。

育て方もそれほど難しい樹木ではないため、
ぜひ苗木から育てて楽しんで下さい

まとめ

常緑ヤマボウシに植木の特徴から
全ての関係する項目について詳しく解説いたしました。
この植木は大変大きく成長しますので
樹木も加工して利用でき、又美味しく食べる事も出来
落葉としても楽しめる植木ですので可愛がって
育てましょう!
最後までお付き合い有難う御座いました。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!