SPONSORED LINKS

%e6%a0%b9%e9%9b%aa%e3%81%ae%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e7%94%bb%e5%83%8f
北海道には美味しいものが沢山あるようなので
旅行に出掛けてみました。

札幌ラーメンや海鮮料理とかが美味しそうなので
楽しみに心わくわくな気持ちも旅行は久しぶりでした。

ホテルで時間があったのでなんとなくテレビを見ていた時に

「今年は初冠雪が遅いですし、積雪までに
時間がかかりそうなので、根雪となると当分先かもしれません」

こんなニュースが流れてきました。

自分は東京育ちの人間なので
「根雪」とはどんな雪なのか知りません。

そこで、今回は根雪について調べてみました。

根雪とは

根雪とは、ズバリ簡単に言うと長期積雪の事です。

長期積雪とは長い間雪が溶けないことをいうのですね

ですから、長い間雪が溶けない状態は東京等でも日陰なので
雪が溶けないで残っている雪の事を「根雪」というようですよ!

根雪という言葉は特に北海道に住んでおられる方々は
誰でも知っている当たり前の言葉のようですが
あまり雪に縁がない地域の人たちには知られていない単語でした。

SPONSORED LINKS

北海道のホテルの従業員さんに
雪は何時ごろからフルのかを聞いてみました。

北海道地方では、秋の終わりころに初雪が降ってくるそうです。
その頃になると蜂須もや初雪が見られる様になるそうです。

時期としては毎年12月の初旬らしいですが
初積雪は気温もまだ温かい時期なので大体すぐ
溶けてしまうことが多い様です。

12月中旬から下旬頃になると、
気温も氷点下になってきますので
一層冷え込んでくるようです。

この頃になると積もった雪が溶けなくなってしまいます。
この溶けなくなった雪の事を「根雪」と言うのだそうです。

北海道地方ではこの根雪は春先まで残るらしいですね!

根雪の定義

根雪の定義?とは存在するのでしょうか?

根雪の定義は気象庁で定められています。

その内容について調べてみると

気象統計上は積雪が30日間以上継続する状態を
根雪の定義とし定められていました。

この定義を見てみると、
30日間以上積雪することっていう状態は
なかなか本州では、一寸味わえないですね。

そして。北海道地方もも広いので、
やはり北側は根雪になる可能性は高く、
南側は北側に比べるとやはり気温は少し高めだそうです。

南側は暖かそうですね。

・まとめ

北海道に美味しいものを食べたくて旅行してみたら
東京地方では知られていない「根雪」という言葉を
知ることが出来ました。
実際日本は広いので地方によって方言があるように
地域の方々が普段使っている言葉もたくさんあるようです。
今回は「根雪」という単語を知ることが出来ました。
旅行に出掛けたら知らない単語を少しでも沢山吸収したいと
感じた次第です。

最後までお付き合い有難うございました。感謝!!

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!