SPONSORED LINKS

浴衣と着物タイトル画像

着物と浴衣の違いを知ってますか?
着物の種類も沢山あり、そして浴衣の種類も沢山あるので
今回はこれらの内容を掲載いたしました。
然しそれらの種類は分かっても、由来を知ることによって
着用の仕方なんかを理解するともっと
楽しく着用できるようになりますので参考にして下さい!

■浴衣の由来について

浴衣画像

浴衣(ゆかた)の語源は、

平安時代の頃、風呂に入る時に着用していた着物を

湯帷子(ゆかたびら)という物からきていたそうです。

平安時代に貴族(高貴の人たち)が入浴時にまとった

湯帷子(ゆかたびら)にさかのぼると言われています。

「帷子」とは麻の着物のことを指すのです。

平安時代当時の貴族は、蒸し風呂という方法で

入浴していたそうです。

現在は一寸信じられませんね

入浴する時に水蒸気で火傷をしないで汗を摂る為と

自分の身体を隠すために

「湯帷子」を着用していたそうです。

入浴とはいっても今のように湯につかるのではなく、

当時は、蒸気を浴びるサウナのような蒸風呂で、

汗を吸い取るため、

またヤケドをしないように麻の薄い単(ひとえ)を

着ていました。これが「湯帷子」なのですが

(本来白っぽい麻地のものにかぎられていました)。

室町時代には手拭いならぬ「身拭い」(身ぬぐい)とも

言っていたそうです。

浴衣が庶民の間に広がったのは、

風呂屋が普及した江戸後期の頃からだそうです。

江戸時代になり、町人文化の発展してきたので、

浴衣も随分進化してきました。

江戸時代には風呂屋が普及した事によって

裸で入るようになってきました。

だから浴衣もはじめは湯上りの汗をふき取るために、

今のバスローブのように風呂屋の休憩所などで着ていたものが、

次第にそのまま着て外へ出るようになり、

下着から外着へとその用途を変えていきたのです。

この頃になると浴衣の生地も木綿に変わってきたのです。

江戸町民の間では、盆踊りや花見などに

揃いのゆかたで出かけることが流行し

華やかな様子が生まれてきたのです。

また、歌舞伎役者が舞台で着た衣装を庶民が

真似るなどしたことで浴衣文化が江戸に人気になったのです。

もう一つの発達の原因は、天保の改革が考えられます。

天保の改革(徳川時代後期、天保年間(1830~1843)

将軍徳川家慶のときに老中水野忠邦が中心となって

行った幕政の改革と諸藩の藩政改革の総称)で

町人は絹を着てはならないという掟が出されてからは、

木綿のゆかたがますます発達たとも言われています。

浴衣が夏の普段着として全国的に定着したのは

明治に入ってからと言われています。

それまでの木綿の染め方が本藍の手染めにかわって、

大量生産が可能な「注染」という染色方法が発明されてからです。

最近浴衣もまた見直され、色・柄ともに多種多様なものが

中国の量産によって、安い浴衣が流行する様になり

最近では若い女性の間で「夏のおしゃれ着」として

流行してきたのです。

浴衣は夏の風物詩として現在も流行しているのです。

■浴衣と着物の違いについて

着物と浴衣の違いはご存知ですか?

一般的には、寝巻きになるかならないかとで見分けています

浴衣は、素肌に直接着るので寝巻きとしても使えます。

浴衣の生地は木綿なので大変柔らかく肌に気持ちよく

着る事が出来るのですが

最近は木綿の折り方や染め方が進歩してきており

外出着としても利用されています。

ただ、高級な浴衣は、着物と同じで、

長じゅばんを着て着用することもあります。

綺麗な柄模様の浴衣を着ている姿を見ていると

大変美しく又涼しさを感じますね

着物は、必ず長じゅばんを着用します。

その点が違うんですね。

着物の生地は木綿ではなく

絹・ ウール・塩瀬・紗・上布・縮・ 縮緬(ちりめん)

SPONSORED LINKS

 紬(つむぎ)・芭蕉布(ばしょうふ)・羽二重(はぶたえ)・
ポリエステル・ 綸子(りんず)・ 絽(ろ)・等の各種の材料を駆使して

作成されていますので、決して肌触りが良くありませんので

下着として長じゅばんを着用するのです。

■浴衣の種類について

基本の生地は綿と麻なんですが、

技法や織りかたや、

生地の合わせて方かたで、

いろいろな浴衣が作られています。

§江戸小紋

江戸小紋という名称は、

昭和29年重要無形文化財技術保持者認定の折、

京都の小紋と区別する為に国から命名された浴衣です。

江戸の頃、定小紋(さだめこもん)として武士の裃に

見られるだけの柄が、

職人の手の揃ってくることで庶民の着物にも

利用されるようになって来ました。

庶民のきものに着用されることによって

小紋の柄に拡がりが出て来たのです。

その他にも、

「綿絽」「綿紬」「綿縮」「綿紅梅」「綿麻」「麻」「絹紅梅」と

いったものや、

「絞り染め」「型染め」「長板中形」「籠染め」と

いった技法で作られた浴衣も存在します。

■浴衣の特徴

浴衣は、夏に着る薄手の木綿(主に木綿生地)の着物です。

着物の一種です。

着物の形と浴衣の形は同じです。

昔は、お風呂上りに着て、夕涼みをし、

そのあと浴衣のまま就寝するという

庶民の暮らしが続いていました。

昭和30年~40年代までは、

浴衣を寝巻きとして着る人は多かったのです。

主に白地か紺地のものばかりでした。

現代では、浴衣は夏の遊び着として定着していて、

おしゃれを競うように装うようになってきましたので、

様々な色のものがあります。

しかし素材は木綿が主体で、

裏地のない仕立て方は同じなのです。

■着物の特徴

着物は浴衣と基本的には同じ形です。

着物は裏地のないものと裏地のあるものが存在します。

裏地のないものを6月~9月位まで着用します

(現代はもう少し期間が長くなっていますが・・・)。

裏地のあるものをその他の期間に着ますが。

素材は木綿、絹、ウール、化学繊維と幅広く、

生地の織り方も多種多様です。

着物は同じ形ですが、

染め方、織り方で様々な用途の着物ができあがります。

よくご存じの振袖から、

部屋着に近い普段着のものまであります。

■浴衣と着物の決定的な違い

上記のように見た目の形は同じで、

浴衣も着物の仲間なので、大差はないのです。

一番大きな違いといえば、

素肌に着て寝巻きにもできるのが浴衣で、


そうではないのが着物といえます。

今は浴衣は外出用に着る人が多いため、

素肌に着ることはまずありませんが、

寝巻きにしたり、湯上りに着るのは浴衣だけで、

着物では決してそうではありません。

着物を着たままで寝るスタイルは存在しません。

それからもう一つ。

浴衣には内側に着るものが下着だけ、

着物は長じゅばん(それに類する半じゅばんも含む)を必ず着ます。

以上の二点が大きな違いです。

もちろん浴衣を着るのは夏だけです。

浴衣は外出用として着るには、6月から9月中まで。

お祭りなどでは、5月、10月の

お祭りの行事などでは浴衣を着ることもあります。

■着物に近い浴衣について

「浴衣は長じゅばんを着ない」といいましたが、

例外があります。

それは絹紅梅、絞り、長板中形などの、

いわゆる高級浴衣と呼ばれる浴衣は、

そのまま浴衣としても使いますが、

長じゅばんを着て着用することもあります。

長じゅばんを着て着用すると、

外出着には、白い足袋をはいてバランスをとります。

帯も名古屋帯を合わせるとよく似合います。

これらは夏の着物の着方と同じになりますので、

浴衣としても着物としても通用します。

■国際交流で浴衣が着られるわけ

国際交流の場面で、

夏でもないのに浴衣で青年たちが

交流している場面が見受けられます。

どうして着物を着ないのでしょうか?

不思議ですね

それは長じゅばんを着て本格的に着ようとすると、

着物を着付けるには手間も時間も掛かるので

外人さんには出来ないからなのでしょう。

浴衣だけなら、長じゅばんの手間が

はぶけので簡単に着られます。

それから、着物を持っている人が

少ないこともあるでしょう。

浴衣に統一しておけば、

持っている人も比較的多いこと、

買うことになっても低価格のものがあることなどが

理由になっていると思います。

秋や冬の交流会は寒くても室内なら暖房もできるし、

外国人に着せるにも着せやすい、

ということで浴衣が着物の中で選ばれる理由なのでしょう。

日本人であっても、

着物を着る機会がほとんどなく成長しているので、

お祭りや国際交流などがきっかけになって、

浴衣や着物に興味をもって着用して

もらえるようになるのでしょう。

■着物と浴衣の違いは何?のまとめ

浴衣は着物の一種です。

浴衣と着物の違いは、

長じゅばんを着るかどうかということ。

そして、浴衣は素肌に着たり寝巻きにしたり、

湯上りに着ることがありますが、

着物はそういう着方はしませんね

今回記載した内容で

浴衣の由来や浴衣の種類

着物の着方や着物の種類について

解説いたしました。

如何だったでしょうか?

参考にして頂けたら幸甚です。

最後までお付き合い感謝いたします。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!