SPONSORED LINKS

スポンサードリンク




*世界のバラ園 秋の最盛期の様子
秋バラの紹介をしています。
秋バラの特徴は花輪は小ぶりですが、
香り高く色つやがよいことが特徴です。
1本1本の美しさ、香りを、心地よい秋空の下で
ゆっくりとお楽しみください。

秋バラの種類

ルリカラクサの特徴
ルリカラクサの特徴
北アメリカ西部原産で、草丈は10cm~20cmほどです。
花の大きさは2cmほどで、花色は白に青紫色です。
この花色と、葉が唐草模様(からくさもよう)に似ていることから、
「瑠璃唐草(ルリカラクサ)」という名前で呼ばれています。

別名“ネモフィラ(Nemophila)”は、
ギリシャ語の“ネモス(nemos;森)”と“フィレオ(phileo;愛する)”の
2語から成る言葉で、森林の周辺や茂みの中に自生することにちなんで
名づけられました。
国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)のみはらしの丘の
ネモフィラが有名です。

(フロリバンダローズ)
(フロリバンダローズ)
アンティーク感のあるカフェオレ色の可愛らしい お花。秋になると色や形に深みが増して、とても暖かな粉雰囲気につつまれ、心から癒されます。花はふんわりとしたカップ咲き。ふんわり広がる性質で、ブーケのようにこぼれるように咲きます。たぶん、ベージュ色のバラでは一番花つきが良いと思われます。庭植え、コンテナ植えに最適で、とても育てやすいです。

SPONSORED LINKS

清流
清流
やわらかな紫ピンクの花びらが細かく波打ち、清らかな川の流れのよう。 春は紫ピンクの花が房でふわふわと咲き、秋は落ち着いた紫に。四季ごとに変化する表情を楽しめます。2012年秋、岐阜県で開催された「ぎふ清流国体」にちなんで選ばれ、名付けられました。

ビブ・レ・バカンス!
ビブ・レ・バカンス!
何度も繰り返し株全体が満開を迎える、まさにフロリバンダ。鮮やかなオレンジの中輪花が賑やかに咲き、元気で楽しげな雰囲気です。多花性な上にセルフクリーンで、景観を保ちます。株はコンパクトにまとまり大きくならず、一株でも華やかになるので、小さなスペースやコンテナ栽培に向きます。葉は緑色で、丸みを帯びています。

ラ・ドルチェ・ヴィータ
ラ・ドルチェ・ヴィータ
ややオレンジがかった鮮やかな黄色で、
綺麗に整った形の中輪カップ咲きのバラです。
四季咲き性も強く、春から秋まで繰り返し
満開の花を楽しませてくれます。

芳純
芳純

薫乃

ソフトベージュの花が、中心部を覆うようにしとやかに咲く
様子が美しいバラです。
ダマスク系とティー系の混合した上品で素晴らしい香りです。
透明感のある繊細な花弁とその薫りは独特の存在感です。
花名の「薫乃」は、芳しい薫りとその花姿の美しさから
名付けられました。



秋バラの美しさは、いつ見ても心を慰めてくれますね!



皆さんも是非お楽しみください!

スポンサードリンク



SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!