SPONSORED LINKS

2017年の関東甲信地方は6月に梅雨入りしました。

この情報は、気象庁の気象サイトにて
公表されていましたのでお知らせいたします。


今年の梅雨入りは全国的に平年並
となり、
梅雨明けは西日本で平年より遅いと予想していました。

2017年の梅雨入り・梅雨明けは

今年の梅雨入りは、九州から東北は平年並となると
予想していました。

梅雨明けは、西日本で平年より
遅れる可能性があるようです。

特に九州北部と四国は、今年の梅雨期間は
平年より長くなる見込みで、ほかのエリアは平年並の
予想のようですが
予想通りの天候の様です。

予想が的中すると皆さんはそれなりの心構えと準備が
出来ますので、うれしいような?かなしい気分です。

西・東日本は6月上旬に梅雨入り

しましたが、
7月中旬から下旬にかけて

徐々に梅雨明けとなる予想しています。



東北は地方の予想は

6月中旬から7月下旬が梅雨期間となる見込みです。


沖縄・奄美は、平年より遅く5月中旬に梅雨入り
しましたが

沖縄の梅雨明けは平年並の6月下旬の予想

のようですが、

奄美の梅雨明けは高気圧の張り出し具合や
暖かく湿った空気の影響を受けて、
平年より遅れて7月上旬となる予想です。

SPONSORED LINKS

梅雨期間の雨量は

2017年の梅雨の時期の雨量は
大変気になりますが


今年の梅雨期間の雨量は、
西日本を中心に平年より多く

東日本と東北は平年並~やや多い予想しています。

6月上旬から中旬は、梅雨前線が南西諸島付近から
日本の南岸に停滞する予想ですが

沖縄付近では活発な前線や暖かく湿った空気の
影響を受けて大雨の恐れがあり、

平年の6月よりもやや多い雨量となる見通しのために
充分な注意が必要となります。

6月下旬以降は、梅雨前線が本州の南岸から
本州付近に北上して、
九州から東北にかけて雨のピークを迎えて

南からの暖かく湿った空気の影響で
前線活動が活発化することによって、

激しい雷雨や大雨となる可能性があるのは
あまりありがたくありません。

河川の増水、家屋への浸水には注意が必要

土砂災害などの恐れがあり、
特に暖かく湿った空気が流れ込みやすい
九州や中国・四国など
特に、

西日本を中心に警戒が必要です。

まとめ

今回は、関東甲信は6月下旬に梅雨入り2017年の
「梅雨の天気傾向」について記載しました。
如何だったでしょうか?
梅雨いりの季節が到来すると
湿気や衣類の乾燥の準備が必要になってきます。
ですので梅雨入りの前に準備をして
快適な生活が出来るようにしましょう!!

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!