google-site-verification: googleb1efe07e040f47ff.html p3dNjYBhRzVGgcGuNgl61j3qK9pa-Sn9KrTnB9uwVHM,104406292561472284698

雷被害からPCや家電等を守る対策と正しい商品の選び方


SPONSORED LINKS

世の中で特に恐ろしいと言われているものは雷ですね

「地震雷火事親父」と言う言葉があるように、

雷は古来から人々に恐れられてきた気象現象ですね!。

今回は、雷が落ちたらどうなるのでしょうね

心配でたまりませんので被害を最小限にして

被害から守るための対策と有効な商品を

紹介しようと思います。

雷が落ちたらどうなるの?

雷が落ちるということを

落雷の被害にあったということです。

地表で大気が暖められることなどにより

発生した上昇気流は湿度が高いほど

低層から飽和水蒸気量を超えて水滴(雲粒)が

発生して雲となり、気流の規模が大きいほど

高空にかけて発達する気象現象なのです。

雷が家庭の家屋に落雷し場合には

いろいろな有り難くない被害を受けます。

例えば家電製品に落雷すると周りの物が

燃えだして火災になってしまいますね

火災は大変怖いので避けたいものです。

雷が直接人体に落雷すると命を奪われてしまいますので

絶対に避けたいですね

いかなるものも無残な姿になってしまいます

このような被害を受けないような対策を考えましょう!

雷が家庭に落雷しないような対策は

雷が鳴り、近づいてきたら特にパソコンなどの

起動されている家電は電源を切ってコンセントを

抜いておくのが良いでしょう。

できれば、可能な限り落雷時の被害を防ぐため

家との電力供給を切断しましょう!

家庭の電源を遮断する器具



おすすめの商品はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


ブレーカー自動遮断装置「スイッチ断ボール」

地震が起きたときの被害で、もっとも危惧されているのが

「火災」による被害です。

かつて関東大震災では、地震そのものより「大火災」によって

多くの命が奪われたそうです。

現代では地震の際起きる
火災の最大の原因は『電気」
だと想定されています。

電気復旧時に断裂したコードからの発火や、

電気暖房機器が再度運転したり、

この「通電火災」が大規模火災につながるおそれが…。


通電火災を防ぐにはブレーカーを切っておくこと!が基本
ですが、

緊急時に忘れてしまいがち。

それに外出先の場合は家まで帰れないですよね…


スイッチ断ボール は地震時にブレーカーを落とす装置です。

地震がおこるとボールが勝手に落ちて

ブレーカーも一緒に落ちる、

という

一見簡単なしくみ。


しかし正規品の「スイッチ断ボール」は震度検査もしっかり通ってます。
簡単な仕組みだからこそ、確実に作動する優れものです!!

まとめ

日本国内で最多数の雷を観測するのが、栃木県と群馬県。

梅雨時期から夏にかけては

週に何度も雷をきくほど県民には慣れっこな事で

恐怖とは縁遠くなってしまっているようですが、


雷は怖いものですから特に注意をしましょう!

落雷にあってしまったら、

いかなるものも無残な姿になってしまいます。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!

コメントを残す

サブコンテンツ

関連記事はこちら!

    None Found

このページの先頭へ