SPONSORED LINKS

地上から見てもよくわかりませんが、
それそれの雲はできる高さが大きく違うのです。
一番低い「層雲」は地表に接するほど低く、
一番高いところにできる「巻雲」は7000m以上、
時には エベレスト山よりはるかに高い
1万数千mの高さにできる雲までが存在します。

夏空にはいろいろな形の雲を見ることが出来ます。
夏空の雲を見て感動させられます。

今回は夏空の種類を画像で紹介してみました。

画像には補足として夏空の雲の解説もしました。

夏空には、実にいろいろな形や色の雲が出現します。
同じ色や形の雲は二度と出ませんから、
見ていて飽きません。
そういう雲でも、10種に分類することができます。

10種の雲形とは?

 
 世界気象機関では、雲を10種に分類しています。

  • 「巻雲」
  • 「巻積雲」
  • 「巻層雲」
  • 「高積雲」
  • 「高層雲」
  • 「積乱雲」
  • 「乱層雲」
  • 「積雲」
  • 「層積雲」
  • 「層雲」
  • の10種です。

    それらの雲の名前は、高さや形、天候を左右するかによって、
    あるルールに従って付けられているのです。

    夏の雲

    夏によくみられる雲には
    例えば、積乱雲、積雲

    などが見ることが出来ます。

    雲の峰といえば、夏の積乱雲のことです。
    入道雲、積乱雲、雷雲、峰雲ともいわれています。

    垂直に天高く延びた濃い雲で、
    巨大な塔や山の形をしているので、
    これらの名があります。

    日射の強い時に激しい上昇気流によって生じます。
    この雲は水滴と氷晶からできていて、
    雷電、しゅう雨、突風などを伴うことが多いのです。

    夏の雲の種類|10種類の紹介

  • 巻雲

  •  巻雲
    は、雲の中でもいちばん高い空にできる
    氷晶(氷の粒)でできた雲です。

    雲から落下する氷晶が上空の速い風に流され、
    はけではいたような美しい筋をつくる雲です。


    積乱雲

     積乱雲は、積雲が高度10000m以上にまで発達した「雲の王者」。

    圏界面に達すると水平方向に広がって「かなとこ雲」を形成する。
    積乱雲の下では雷やはげしい雨が生じており、

    その全貌は数十km離れた場所からもとらえること
    ができる。


    高層雲

    高層雲は空一面に広がるため、
    全天が濃淡のない薄灰色または
    乳白色一色になることが多い。
     雲を通して太陽や月の輪郭がぼんやりと
    見えるような、透明感のある小雲

    からできている


    高積雲

     太陽高度が低い早朝や夕方には、
    雲片の横方向に光が当たるため

    大変美しい高積雲を楽しむこと
    ができる。


    乱層雲

     層状の雲の中では最も厚いために
    暗灰色に見える雲で、広い範囲で雨や雪を降らせる。
    中層の雲に分類されるが、
    上層まで厚くなることや雲底が地上付近にまで達することもある。
    遠くの空の晴れ間が背景となって、
    乱層雲の雲底や降水のようすがよくわかった。

    SPONSORED LINKS


    積雲

     雲と聞いて最初に思い浮かぶ、雲の代表が積雲。

    青空に点々と魚が泳ぐように流れていく様子は美しい。


    層積雲は

    まるで巨大なフランスパンのような雲が、
    並んで次々と押し寄せて来る。

    畑の畝が並んでいるようにも見えることから、
    層積雲を「うね雲」と呼ぶこともある。


    積雲


    雲と聞いて最初に思い浮かぶ、雲の代表が積雲。

    青空に点々と魚が泳ぐように流れていく様子は美しい。


    層雲

    層雲は「霧雲」とも呼ばれるように、
    その中にいる人たちにとっては霧になるが、
    厳密には
    「雲」と「霧」は区別
    される。


    巻関雲

    小石をしきつめたように、
    やや濃い雲片が
    びっしりと集まった巻積雲

    巻積雲では、ほとんどの雲片の見かけの大きさは1°より
    小さいが、これはできる高さが大変高いためでもある。

    まとめ

    今回は夏の空で昼間に見られる雲の種類を掲載しました。
    しかし夏の空の雲には夜間と違った雲を紹介しました。


    雲の一口メモ

    「巻」「高」と「なし」で表現される雲の名前は

     これらは、雲ができる高さによって付く文字です。
    「巻」の字が付くと上空もっとも高い所に、
    「高」が付くと中くらい、
    「巻」と「高」が名前の中に
    入っていなかったら、低い所にできる雲です。


    「積」と「層」で表現される雲の名前は

     これらは、雲の形の違いによって付く文字です。
    「積」の字が付くと塊状で上にぼこぼことした感じの雲、

    「層」が付くと、横に広がった雲だということになります。


    「乱」で表現される雲の名前は

     「乱」の字が付く雲は、降水をもたらす雲です。

    積乱雲について

     積乱雲は、「巻」の字も「高」ぼ字も付いていないので、

    低層にできる雲
    ということになります。

    確かに雲底は低いが、この雲の上部は
    1万メートルを超えることが珍しくありません。
    もっとも背の高い雲だと言えます。

    (注)高さや性質による分類されている雲には、

      
    上層運は、「巻雲」と「巻積雲」と「巻層雲」

     
     中層雲は、「高積雲」と「高層雲」と「乱層雲」

      下層雲は、「層積雲」と「層雲」
      対流雲は、「積雲」と「積乱雲」 のように、
    分類されています。

      
    ※「積雲」は、下層雲にも入ります。

    如何でしたでしょうか
    夏の空の雲について、新たな発見がありましたでしょうか
    夏の空の雲を見て楽しんでください!!

    SPONSORED LINKS

    この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!