SPONSORED LINKS

小惑星探査機「はやぶさ2」が目指す小惑星1999 JU3の名称が「Ryugu」に決定しました

太陽系と生命の起源の謎を探る! 小惑星探査機「はやぶさ2」《動画》

はやぶさ2の現在地1写真

JAXAはやぶさ2の現在地は意外と近くにいます。
やぶさ2が打ち上げられて約17日が経過しました。
アクシデントを乗り越えての打ち上げに、
なりましたが現在は、やぶさ2は何処にいるのでしょうか?

やぶさ2の現在地

JAXAはやぶさ2は2014年12月3日13時22分4秒に
打ち上げられました。

打ち上げをしてから約17日が過ぎましたが
つい数日前のことのように思えます。

予定としては、11月30日が打ち上げとされていましたが
なかなか打ち上げ条件が合わず
12月3日まで延期となってしまいました。

9日まで打ち上げられなければ、
その後のスケジュールは未定だったので
3日に打ち上げられて良かったですよね

さて、現在のJAXAはやぶさ2の現在地が
気になるところです。

打ち上げから、約1年の歳月をかけて
JAXAはやぶさ2は地球に近い軌道で太陽の周りを
1週する予定です。

そこから再び地球の近くに戻ってきて
ミッション遂行を進めていくみたいですね。

さて、気になるのが現在のJAXAはやぶさ2の位置。

1年を掛けてまずは太陽の回りを一周するので
さほど地球からは離れていない位置にいます。


こちらのサイト
を見てみると

現在地や地球との距離や軌道なども判るので
今後の場所なども知りたい方は、定期的に
チェックしていくといいかも知れませんね。

JAXAはやぶさ2の目的地とミッション
そもそもJAXAはやぶさ2はどういった目的から
打ち上げられたのかおさらいをして見ましょう。

SPONSORED LINKS

JAXAはやぶさ2の目的地となるのが
小惑星1999 JU3。


小惑星はおよそ900mの大きさである小さな惑星です。

この小惑星には、太陽系が誕生したときの
進化の情報を持っているのではないか?
ということもいわれている為に
今回の目的地になりました。

現在、人類はまだ地球以外のものというと
月の石しか持って帰っていません。

今回のミッションでは、一年掛けて太陽の周りを
一周した後にスタンバイ状態に入り
ちょうど目的小惑星が近づいた時に着地をする予定です。

そして、無事に小惑星に到着したら
およそ18ヶ月という月日をかけて
探査を始めていき、ようやくミッションが
開始されます。

その後、2020年に地球へと期間予定なので
もし、期待しているような太陽系の謎をつかむ
証拠を見つけることが出来れば人類の歴史上にも
大きく刻まれる瞬間へとなることは間違いありませんね。

昨年末に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ2」が

12月に地球に近い軌道を離れ、

目的の小惑星リュウグウに向かう航路に入る。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))が14日、

はやぶさ2の針路を変える「地球スイングバイ」の詳細な計画を発表した。

 スイングバイは、宇宙船や探査機が天体の近くを通り、

天体の重力を利用して速度や針路を変える航法。JAXAによると、

はやぶさ2は現在、地球とほぼ同じ軌道で太陽を回っており、

11月3日から12月1日にかけて計3回のエンジン噴射を行い、

地球に近づく。

 

12月3日午後7時頃に米ハワイ上空約3100キロ・メートルまで

地球に接近し、スイングバイを行って地球を離れる。

地球に近づいたはやぶさ2は、日本でも3日の日没後に

天文台クラスの望遠鏡を使えば観測できそうで、

JAXAは近く軌道情報をホームページで公開する予定だ。

読売新聞記事参照

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!