SPONSORED LINKS

仲間由紀恵(35)の主演舞台「放浪記

舞台「放浪記」初日のカーテンコールで挨拶をする仲間由紀恵さん(中央)

女優・仲間紀恵が演じた「放浪記」は

東京・日比谷シアタークリエで行われました。
仲間紀恵が演じた「放浪記」は、皆さんもご存知の通り
国民栄誉賞の女優森光子さん(享年92)が
2017回演じた名作舞台なので、さぞかし難しかったのでは
ないでしょうかね♪

しかしながら、立派にカーテンコールに応えたのは
素晴らしい演技力ですね♪
女優としての仲間由紀恵が確立されたような気がしませんか?

放浪記」は、

作家林芙美子の半生を描いた菊田一夫作品であることは有名です。

森さんが2017回主演したときに
代役なしに上演した舞台としては
最多記録を誇る作品が6年ぶりに復活したことになります。

劇中では、木賃宿で作品の掲載を喜ぶ芙美子が見せる
「でんぐり返し」が有名なシーンだが、
森光子でんぐり返し


この場面も、仲間由紀恵の独特な演技を
「側転」を取り入れたのは素晴らしいですね♪
勢いよく回転すると、会場からは驚きの声が上がったのは
言うまでもありませんね

仲間由紀恵 側転場面

SPONSORED LINKS

仲間は、出演にさいして以下の様なコメントをしていました。

「私なりの林芙美子像をちょっとずつ作ってきました。
喜びを爆発させるシーンで、
私なりのアイデアを出させて、
いろいろ試させていただいて、
1つの道を見つけることができました。
大きく見えるので、喜びの大きさが一番伝わると思いました」

 約6年4カ月ぶりに復活する名作への重圧もある。
それでも、森さんへの思いも新たにしたようで
「私たちの新しい『放浪記』を森さんにも
楽しんでいただきたいという気持ちでやってきました。
大先輩を超えることはできませんが、
少しでも近づけるように最後まで演じていきたいと思いますので、
ぜひ見守ってください」と話していました。


スポンサードリンク




仲間由紀恵の年収

CMのギャラは大体3000万円~4000万円位
CMが4本だとすると低く見積もっても1億2000万円位
その他には、3億4000万円位が予想されます。

仲間由紀恵のプロフィール

仲間 由紀恵(なかま ゆきえ)
生年月日 1979年10月30日(35歳)
出生地 沖縄県浦添市
身長 160 cm
血液型 A型
職業 女優
特技  琉球舞踊
ジャンル テレビドラマ・映画・CM・舞台
活動期間 1994年 –
配偶者 田中哲司(2014年 – )
公式サイト プロダクション尾木 公式サイト
http://ogipro.com/talent/nakama/

性格

こっそり気遣う”優しい振る舞いを素直にする姿が
周りの人に好感をもたれているようです。素敵ですね!
その他に、朝ドラは長丁場だし、終盤になれば
えてしてストレスが溜まり、現場も殺伐な雰囲気に
なりかねないのは当たり前ですが、その場面でも上手に周りのスタッフを
上手にフォローするなんて素晴らしいですね!


益々ファンになって来ました。これからも、応援します!

スポンサードリンク



SPONSORED LINKS