SPONSORED LINKS

[ad#co-1]

猫タイトル

目次

猫を飼う前に必要な条件



子猫は大変可愛いペットですので

これから新しく飼育しようとされる方は

子猫が成長していく過程で充分可愛がれる

気持ちを準備して、育てる事が大切です。

メジャー 猫の名前及び写真と詳細説明

声が美しい アビシニアン

アビシニアン
詳細説明

声が美しいアビシニアンの特徴は、

しなやかで筋肉質なボディー、

丸みのあるV字形頭部、大きなアーモンド形の目、

目の下にあるクレオパトララインなどです。

その鳴き声は美しく、「鈴を転がしたよう」と形容されるくらいです。

被毛は一本の毛が3~4色の濃淡に区切られているため、

太陽の下ではキラキラ輝いて一種の織物のようにも見えます。

「ティックドタビー」と呼ばれるこの模様は、

アビシニアンの大きな特徴となっています。

声が美しい アビシニアンの性格は、

高貴な雰囲気を漂わせる外見とは裏腹に、

非常に甘えん坊な側面があります。活発で、

好奇心旺盛ですが、少々神経質な個体もいます。

動画説明

愛敬たっぷりな アメリカンカール

アメリカンカール

アメリカンカールの特徴は、カールした耳の先っぽが特徴です。

通常は普通の猫と同じようにストレートな耳で生まれますが、

生後2~10日ぐらいで耳に軟骨が入り始め、

特徴的なカールが現れ始めます。

耳のカールの度合いは3段階に格付けされており、

三日月状に完全にカールしたものはショーに出されることが多いようです。

カールした耳を触ると軟骨を傷つけることがありますので、

興味本位で触らないようにしましょう。

カール耳の遺伝確率はほぼ50%と言われています。

体は筋肉質で、鼻筋はなだらかにカーブしており、

アーモンド型の目と、体長と同じくらい長い尾も特徴のひとつです。

 アメリカンカールは「ショートとロングの2つの長さのコートがある

1つの種類」と認められた最初の猫種で、

これ以降、他の猫の種類でも2つの長さのコートが認められるようになりました。

体は比較的大柄で、体格が完成するには通常2~3年を要します。

 アメリカンカールの性格は、

愛敬たっぷりでおとなしく、しつけもしやすい猫です。

愛情豊かで、人間に寄り添うのが好きです。

おとなしくて社交的なアメリカンショートヘアー

アメリカンショートヘアーの特徴・性格は

アメリカンショートヘアー

 アメリカンショートヘアの特徴は、

丸い顔と頑強なあご、ねずみやヘビと戦ってきたハンターとしての

特徴を随所に残した体型です。

何世紀もの間、戸外の環境に順応してきたので被毛はとても厚く、

短く密生しており、湿気、寒気、皮膚のケガを防ぐのに役立っています。

クラシックタビーの他、ブラック、シェーデッド、ホワイト、など

70色以上が認められており、黒い毛色や三毛などもいます。

 アメリカンショートヘアーの性格は、

穏やかで知的な反面、陽気で冒険好きな側面も持ち合わせています。

利口なのでしつけはしやすいでしょう。

アメリカンボブテイルの特徴・性格は

アメリカンボブテイル

 アメリカンボブテイルの特徴は、

ロング&サブスタンシャルリンクス(筋肉質で大型)の

がっしりした体型と短尾です。

特徴のある短尾は、まっすぐな尾、結んだような尾、巻いた尾があり、

他よりも長い毛が生えています。

耳の先にはリンクス・ティップ(オオヤマネコの先っぽ)と

呼ばれる飾り毛があり、下顎ががっしりとした力強い顔つきも特徴です。

中~長毛の被毛は、

少し硬めのダブルコートで、

メインクーンに近い毛をもっています。

 

アメリカンボブテイルの性格は、

おとなしくて社交的。遊ぶのも大好きな優しい性格です。

甘えん坊なエキゾチックショートヘア

動画

エキゾチックショートヘアの特徴・性格

エキゾチックショートヘア

 エキゾチックショートヘアは、

全身がどっしりとしており、足は短く筋肉質です。

目は少し離れ気味についており、鼻はつぶれたように上を向いています。

毛色は、アメリカンショートヘアやペルシャで公認されている

全ての色が認められています。

毛が短い点以外の特徴はペルシャそっくりで、

「パジャマ姿のペルシャ」とも呼ばれています。

エキゾチックショートヘアの性格は、

ペルシャゆずりの優しく物静かな性格で、

愛情深く、甘えん坊なところもあります。

エジプシャンマウの特徴・性格

エジプシャンマウ

 エジプシャンマウの最大の特徴は、

猫の中で唯一といわれる、自然発生のスポット柄です。

地肌にも斑点模様があります。マズルは丸めで目はアーモンド型、

ちょっぴり吊りあがっており、

額には「スカラベマーク」と呼ばれる「M」字型をした

模様が浮かび上がることもあります。

 また、体は筋肉質で身体能力が高く、

時速40キロ以上で走ることも出来るといわれています。

このスピードの秘密は、チーターと同じように、

わき腹から膝の裏にかけて「皮ひだ」(primordial flap)があり、

走るときに足をより後方にひきつけ、

一歩のストライドを最大に出来るからです。

 エジプシャンマウの性格は、

とても賢く素直です。

やや人見知りで神経質な部分がありますが、

飼い主には従順です。

オリエンタルの特徴・性格

オリエンタル

 オリエンタルの特徴は、

「オリエンタル」タイプと呼ばれるスリムなボディです。

細くてしなやかな四肢をもち、

アーモンド型のやや上がった目や大きくとがった耳など、

被毛以外はシャムの特徴と同じです。

長毛種の毛はおよそ5センチで下毛のないシングルコートです。

カラーは、ショート、ロング共にポインテッド以外の

多くの種類が公認されています。

のどを鳴らしたときの音がひときわ大きいといわれています。

オリエンタルの性格は、

優しく甘えん坊で、飼い主に擦り寄って甘えてきます。

若干神経質な一面もありますが、機敏で活発です。

キムリックの特徴・性格

キムリック

 キムリックの最大の特徴は、

マンクスと同様しっぽで、

尾の形状によって大きく4つに分けられます。

「ランピー」は全く尾がなく、

「ランピーライザー」は尾椎が1~3個、

「スタンピー」はごくわずかに残った尾が

カーブしていたり捻じ曲がったもの、

「ロンギー」は普通の猫と同じくらいの長さの尾をもちます。

前肢よりも後肢が長いため、うさぎのように跳ねながら歩くのも特徴です。

 アンダーコートは厚く、オーバーコートは柔らかくて光沢があり、

腹部と首のひだえりの毛が体毛より長く伸びます。

 マンクス同様、内気でおっとりしていますが、

愛情深くお茶目な面ももっています。

コーニッシュレックスの特徴・性格

コーニッシュレックス

 コーニッシュレックスの特徴は、

その縮れ毛です。

よく「さざなみのよう」と形容されますが、

日本的に言うと「パンチパーマのよう」といったところでしょうか。

コーニッシュレックスのヒゲガードヘアーという外側の毛がなく、

アンダーコートのみで短い被毛が密生しているので、

手触りはとても良く、ビロードのような心地よさです。

しかしその反面、寒さには弱く、家電製品や人間のひざの上など、

暖かい場所を好みますので室内飼いが望まれます。

 ヒゲやしっぽに至るまで全ての体毛がカールしています。

スラッと伸びた鼻筋はローマンノーズで、顔は縦長の卵型、

大きな耳はウサギのようにまっすぐ立って、

目は大きな楕円形です。

細く長いボディとほっそりした足、優れたジャンプ力と

猫界ナンバーワンのスピード、

腰のくびれ(タックアップ)があることから、

「猫界のグレイ・ハウンド」とも呼ばれています。

 チーズを思わせるような独特なにおいを出すことがありますが、

これは肉球の臭腺から発せられると考えられています。

 好奇心旺盛で知的な猫です。

人見知りも少なく、慈愛深くて人が大好きです。

コラットの特徴・性格


コラット

 コラットの体は、

筋肉質でがっちりとしたセミコビータイプです。

毛はアンダーコートがなく、体に密着したシングルコートで、

角度によっては銀色に輝いて見えます。

顔は特徴的なハート型をしており、前足は後足よりやや短く、

美しいグリーンの瞳を持っています。

体脂肪が低く、抱き上げると見た目よりもずっしりと重く感じます。

まれに淡いスポットやグレイのストライプが見られることもありますが、

こうした被毛パターンはショーキャットとしては認められず、

公認はブルーのみです。

 コラットの性格は、

おとなしくて人見知りな所もありますが、

飼い主に甘えてくるとても優しい性格の猫です。

ジャパニーズボブテイルの特徴・性格

ジャパニーズボブテイル

 ジャパニーズボブテイルの最大の特徴は

その丸まった尾で、つけ根から折れ曲がり、

伸ばしても10センチに届きません。

座っている時はボディに巻きつけ、

立っている時はたいてい立てています。

ボディは中型のフォーリンタイプで、

大きな耳、突き出た頬骨、頬のくぼみ、

高い鼻なども特徴のひとつです。

毛質は柔らかく、毛色には白、黒、赤などの単色と

その組み合わせがありますが、一番人気は三毛です。

ジャパニーズボブテイルの性格は

とても優しく穏やかです。

また環境の変化にも強く、

賢いのでしつけもしやすいですが、

見知らぬ人には少々神経質な一面もあります。

シャルトリューの特徴・性格

シャルトリュー

 シャルトリューの最大の特徴は、

ブルーの被毛です。短い被毛はボディに密生し、

光沢のある柔らかな手触りをしています。

その美しさから、かつては毛皮原料として

大量に殺されていたという悲しい歴史もあるくらいです。

 四肢は短いものの、ボディはがっしりした大型のセミコビータイプで、

ほっそりした四肢とがっちりした体型のコントラストから

「じゃがいもに爪楊枝が刺さったよう」とも形容されます。

ゴールド(金色)からカッパー(銅色)の瞳と、

先細りしている鼻口部、およびしばしば微笑んでいるように

見える口も特徴のひとつです。

また、鳴き声はきわめて小さく、

まれに「チーチー」という奇妙な音を出すこともあります。

 シャルトリューは観察力が鋭くて賢く、

知的な猫です。声が小さく上品で、

大人になってもじゃれるのが好きです。

シンガプーラの特徴・性格

シンガプーラ

 シンガプーラはおとなしい性格でめったに鳴かず、

「鳴かない猫」とも呼ばれています。

ボディは、全猫種の中で最小のセミコビータイプ。

小柄ですが筋肉質で四肢はしっかりしており、

大きな目にはアイラインが入り、

ピンと立った耳はやや離れ気味についています。

体毛は短くシルキーな肌触りで、

ティッキング(1本の毛に少なくとも2種類の色)があり、

根元から先端に向かって色が濃くなっていきます(ティックド・コート)。

 シンガプーラの性格は

おとなしく、「鳴かない猫」とまで言われます。

優しく甘えん坊で人なつこい猫です。

スコティッシュフォールドの特徴・性格

スコティッシュフォールド

 スコティッシュフォールドの最大の特徴は、

その折れ曲がった耳です。

ゆるい1つの折り目(シングルフォールド)、

ぴったりした折り目(ダブルフォールド)、

三重の折り目(トリプルフォールド)があります。

遺伝確率はおおよそ30%といわれており、

環境や体質によって、徐々に耳が立ってしまう個体もいるようです。

 特徴的な面立ちは、

しばしば「フクロウ」に例えられます。

ボディは筋肉質でがっしりしたセミコビータイプ。

短毛・長毛とも被毛は密生していて弾力があり、

シルキーな手触りです。毛色は全色OKです。

健康面では、多発嚢胞腎や筋ミオパチーを発症しやすいといわれており、

耳折れ同士の交配では高確率で骨の形成異常を発症するとも言われています

(→骨軟骨異形成)。

 スコティッシュフォールドの性格は

優しく温和で、愛嬌があります。甘えん坊なのでで、

飼い主と遊んだりそばにいることが大好きです。

スノーシューの特徴・性格

スノーシュー

 スノーシューの特徴は、

なんと言っても四肢の先端に現れる、ソックスをはいたような模様です。

のどの辺りには、腹部よりも幅の広い白い帯があります。

ボディはアメリカンショートヘアのどっしりした体型と、

オリエンタルのスリムな体型を併せ持つセミフォーリンタイプです。

また、水を怖がらず、水の中で泳ぐ個体もいるそうです。

 スノーシューの性格は、

甘えん坊でやんちゃです。

猫にしては余り孤独が得意ではなく、

常に人間のそばにいたがるところがあるようです。

頻繁に鳴く個体もいるようですが、

シャムほど大きな声が出るわけではありません。

スフィンクスの特徴・性格

スフィンクス

 スフィンクスの最大の特徴は、

無毛であることです。

無毛といっても実際には産毛が生えており、

ボディの先端部分には短い毛が残っています。

地肌はしっとりとして触り心地が良いですが、

無毛ゆえに傷がつきやすく、また紫外線に弱いのが難点です。

 耳は非常に大きくて頬骨が高く、

頬の部分にはっきりした窪みがあり、目はレモン型です。

ひげやまつげまで全く無い個体もいますが、

毛が少ないからといって、

猫アレルギーの原因にならないわけではありません。

猫アレルギーの原因は主として「Feld1」と呼ばれる、

猫の唾液や皮脂腺に多く含まれたんぱく質です。

つまり猫に毛がなくても、過剰に接触すれば、

アレルギーを発症することがあるというわけです。

 スフィンクスの性格は、

好奇心が旺盛で遊ぶことが大好きです。

あまり人見知りをせず、

子供や他の動物とも仲良くなりやすいと言われます。

しかし肌が弱いので多頭飼いは基本的にお勧めできません。

また、好奇心からあちこちに探検したがるので、

放し飼いは絶対といって良いほど禁物です。

耳の中や指の間にも毛がありませんので、

耳には耳垢、指の間には汚れが溜まりやすい傾向にあります。

最低でも週に一回は耳や指をキレイにしてあげましょう。

セルカークレックスの特徴・性格

セルカークレックス

 セルカークレックスの特徴は、

巻き毛の被毛です。

この巻き毛は優性遺伝で、特に首まわり、

しっぽなどに顕著に現れます。

元になったシェルターの猫がロングヘアの遺伝子を持っていたため、

セミロングやロングヘアタイプのセルカークも存在します。

 生まれたときは巻き毛ですが、

生後約半年で一度抜け落ちます。

その後2歳くらいになるまでの間に、

徐々に特徴的な巻き毛が完成していきます。

 セルカークレックスの性格は、

とっても人懐っこく、甘えん坊です。

ペルシャの可愛さとエキゾチックショートヘアの

SPONSORED LINKS

やんちゃぶりを持ち合わせたく愛すべき性格です。

ターキッシュアンゴラの特徴・性格

ターキッシュアンゴラ

 ターキッシュアンゴラの特徴は、

絹のような手触りの長いシングルコート、とがった直立耳、

色とりどりのアーモンド形の目

(青、緑、琥珀、金目銀目=オッドアイ)などです。

ボディはスリムなフォーリンタイプですが、

筋肉質の体は引き締まっています。

健康面では、「Ataxia」と呼ばれる運動失調症の発症確率が

高いことが報告されています。

 ターキッシュアンゴラの性格は、

頭が良くて優しく、飼い主に従順です。

好奇心旺盛ですが若干神経質な部分もあります。

ターキッシュバンの特徴・性格

ターキッシュバン

 ターキッシュバンの特徴は、

いわゆる「バン・カラー」と呼ばれる、

頭部と尻尾以外は白という模様です。

被毛は長いシングルコートで、

冬にはふさふさですが夏にはかなり短くなり、

季節によって被毛の長さがかなり変化します。

別名「スイミングキャット」と呼ばれていますが、

「水に入るのが好き」というよりは、

「他の猫に比べると水を怖がらない」といった程度の意味合いです。

被毛には防水性があるといわれています。

 ターキッシュバンの性格は、

頭が良く活発です。

飼い主に忠実ですが、若干束縛を嫌う傾向があります。

デボンレックスの特徴・性格

デボンレックス

 デボンレックスの特徴は、

その巻き毛です。

同じ巻き毛猫であるコーニッシュレックスと比較すると、

被毛のカールはデボンレックスの方が緩やかです。

 アンダーコートのみのシングルコートですが、

肌触りはまるでビロードのように滑らかです。

しかし個体によってウェーブの度合いに差があり、

毛むくじゃらのモップ状から

薄いスウェードのようなコートまで様々です。

少し上向きの鼻と、小顔に不釣り合いな大きな耳から、

「pixie cats」(ピクシーキャット 小妖精)とか

「alien cats」(エイリアンキャト)という異名を持ち、

またその特徴的な巻き毛から

「プードルキャット」と呼ばれることもあります。

 デボンレックスの性格は、

好奇心旺盛・活発で大の冒険好きです。

いたずらが過ぎることもありますが、とってもおちゃめです。

トンキニーズの特徴・性格

トンキニーズ

 トンキニーズの特徴は、

つややかな被毛です。

「ミンク」とまで呼ばれるほど滑らかで、

四肢、顔、耳、尾にポイントがあります。

生まれてすぐは白ですが、

数年かけてトンキニーズ独特の色調が出てきます。

ボディはシャムとバーミーズの要素を併せ持ったセミフォーリンタイプ。

 トンキニーズの性格は

天真爛漫(てんしんらんまん)

・活動的で愛情深く、社交的で知的です。

ノルウェージャンフォレストキャットの特徴・性格

ノルウェージャンフォレストキャット

 ノルウェージャンフォレストキャットの特徴は、

見た目の優雅さと機能性とを兼ね備えた厚い被毛です。

防水性の高い豊かなカバーコートと、

量が多くて空気を含みやすい縮れたアンダーコートの

ダブルコートですが、

抜け毛の多さが玉に瑕(きず)です。

 苛酷な環境で生き抜いてきたその体はとても大きく、

筋肉質なロング&サブスタンシャルタイプです。

三角形の顔とタフト付きの耳、そして上がり気味の目も特徴です。

 ノルウェージャンフォレストキャットの性格は、

知的で愛情深く、少し寂しがり屋です。

バーマンの特徴・性格,

バーマン

 バーマンの特徴は、

四肢から先にあるソックス状の被毛でしょう。

前足は「グローブ」、後足は「レース」などとも呼ばれます。

生後6週くらいから見られるようになりますが、

両親がソックス状の被毛を持っていても、

確実に子猫に遺伝するわけではありません。

 長くてシルキーな被毛はもつれることが少なく、

アンダーコートの少ないダブルコートです。

瞳は美しいサファイアブルーで、

ボディは筋肉質でがっしりしたロング&サブスタンシャルタイプです。

 バーマンの性格は、

穏やかで優しく、多少甘えん坊です。

<ハバナブラウンの特徴・性格

ハバナブラウン

 ハバナブラウンの特徴は、

柔らかく光沢に満ちた被毛です。

基本色はチョコレートですが、

ロシアンブルーの遺伝子が入った為にフロストも認められています。

大きな耳や卵型の目はシャム譲りです。

頭はやや面長で、角張ったマズル、大きな耳を持ち、

目は卵形の綺麗な形をしています。

ヒゲもブラウンであることが望ましいとされ、

目はグリーンが好まれます。

 ハバナブラウンの性格は、

知的で愛情深く、

シャムに似て活発で明るい側面もあります。

バーミーズの特徴・性格

バーミーズ

 バーミーズの特徴は、

光沢が有り、サテンのような手触りの短い被毛です。

カラーはシャムから受け継いでいますが、

シャムよりも若干淡い、ダイリュートと呼ばれる色合いです。

ボディは丸みのあるコビータイプで、

どの角度から見ても全体的に丸みを帯びています。

 バーミーズの性格は、

陽気で遊ぶことが大好きです。鳴き声が小さく、

とても優しい性格をしています

バリニーズの特徴・性格

 バリニーズの特徴は

セミロングの被毛です。長さには個体差がありますが、

おもに尻尾と首回りの毛が長く伸びます。

アンダーコートの無いシングルコートで、

手触りはシャム同様滑らかですが、若干寒さに弱い傾向があります。

ボディはオリエンタルタイプ。

アーモンド型の目はサファイアブルーのみです。

 バリニーズの性格は

とても愛情深く甘えん坊ですが、若干神経質な部分もあります。

ピクシーボブの特徴・性格

ピクシーボブ

 ピクシーボブの特徴は、

短いボブテイルで、長さは3~15センチメートルほどです。

しかし実際は全く尾のない「ランプータイプ」、

6~12センチの「ミドルタイプ」、

そして祖先である「ピクシー」と同様、

長いしっぽのタイプがいます

。純粋にボブキャットのような見た目を求める人に合わせ、

長いしっぽを断尾してしまうブリーダーもいるそうです。

 体は全体的に筋肉質でがっしりしたロング&サブスタンシャルタイプ。

オスでは8キロに達することもあります。

短くて濃いコートにはヤマネコに似たブラウンのスポットがあり、

表面はとても滑らかです。創始者であるキャロルが、

ピクシーボブを作出するに当たって非常に多くの猫を用いたため、

結果的に近親交配に見られるような健康上の疾患が少ないという特徴もあります。

 ピクシーボブの性格は、

穏やかで飼い主に忠実です。頭がよく、甘えん坊な所もあります。

ヒマラヤンの特徴・性格

ヒマラヤン

 ヒマラヤンの特徴は、

丸々としたアウトライン、

丸くてブルーの瞳、ふわふわの被毛などです。

顔のタイプにはエクストリーム(Extreme)と

トラディショナル(Traditional)があります。

 ペルシャ同様、丸っこい体と短めの足を持っているので、

他の猫に比べるとジャンプ動作が苦手です。

ショーに出されるヒマラヤンは、「鼻ペチャ&クリクリおめめ」の

ベビー・ドール顔が好まれるようです。

 ヒマラヤンの性格は、

ペルシャに似て、非常に穏やかで温和だといわれます。

物静かでめったに鳴くこともなく、愛情豊かなのんびり屋です。

ブリティッシュショートヘアーの特徴・性格

ブリティッシュショートヘアー

 ブリティッシュショートヘアーの特徴は、

大きくて丸い顔、筋肉質な体、短く体に張り付いたビロードのような被毛です。

一番人気のブルーのほかにも様々な色が認められています。

また、約半数の個体の血液型B型であるという事実は、

他の短毛種では見られない特徴です。

 ブリティッシュショートヘアーの性格は、

温厚でのんびり屋です。頭がよく甘えん坊な側面もあります。

ペルシャの特徴・性格

ペルシャ

 ペルシャの特徴は、

丸くて大きな目と、少しつぶれたような

鼻、横から見ると平らな顔立ち、

そして豊かなダブルコートからなる被毛です。

ペチャッとつぶれた鼻は、愛嬌になると同時に、

多くの健康上の問題をもたらします

(→骨軟骨異形成)。

非常に長くて厚い被毛は、

猫が自分で行う毛づくろいでは間に合わないため、

飼い主による定期的なグルーミングが必要です。

なお、約半数のペルシャは、遺伝的に「多発性嚢胞腎」

(たはつせいのうほうじん)にかかりやすいといわれています。

 ペルシャの性格は

非常に穏やかで温和です。

ほとんど鳴くことがなくおとなしい猫と言われています。

ベンガルの特徴・性格


ベンガル

 ベンガルの特徴は、

ヒョウを思わせるその被毛です。

「ロゼット」(2つの色合いをもつスポットまたはマーキングの事)と

呼ばれる模様を持つのはベンガルだけで、

手触りは非常に滑らかです。

ボディは筋肉質なロング&サブスタンシャルタイプ。

雰囲気は非常に野生的で、小型のヒョウのようです。

 ベンガルの性格は、

野生的な外見とは裏腹に、

社交的で明るく、甘えん坊でお茶目です。

ボンベイの特徴・性格

ボンベイ

 ボンベイの特徴は、

そのつややかに輝く漆黒の被毛です。

生まれたばかりの頃は縞模様が出ることもありますが、

成長と共に黒一色になります。

目は大きくアンバー(琥珀色)で、

ボディは筋肉質で骨太なセミコビータイプです。

 ボンベイの性格は、

とても穏やかで甘えん坊です。

頭もよく行動的な一面もあります。

マンクスの特徴・性格

マンクス

 マンクスの特徴は、

そのしっぽです。

しっぽを支える「尾椎」(びつい)と呼ばれる骨の突然変異であるため、

正確には脊柱の突然変異種として扱われます。

全くしっぽの無いものを特に「ランピー」

(もしくはディンプルランピーとも/ディンプルとは穴ぼこのことで、

しっぽの付け根に穴が開いたようなくぼみが見られるところから)、

わずかばかりしっぽが見て取れるものを

「ライザー」(もしくはランピーライザー)、

ライザーよりは長いものの、

通常の猫よりはしっぽの短いものを「スタンピー」、

そしてしっぽが鉤状に曲がる「テイリー(ロンギー)」と呼びます。

 交配に際しては、

ランピー同士を掛け合わせることがタブーとなっています。

これは、ランピー同士から生まれた子猫は高確率で死産が、

もしくは生まれてすぐに死んでしまうからです。

ですからマンクスの繁殖にはランピー×スタンピーなどが基本型となります。

 ランピー同士を掛け合わせると脊柱に障害を持つ子猫が

生まれることがありますが、

こうした障害は通称「マンクス症候群」などと呼ばれます。

後肢よりも前肢の方が長く、

跳ねるように歩く様は「マンクスホップ」

・「ラビットキャット」などとも呼ばれています。

被毛は厚めのアンダーコートと長めのトップコートのダブルコートです。

 

マンクスの性格は

おとなしく、デリケートです。また愛情深く、飼い主には忠実です。

マンチカンの特徴・性格

マンチカン

 マンチカンの特徴は、

ダックスフントのように短いその足です。

足が短い割りに意外と足が速く、

ジャンプや木登りも苦にしません。

ボディは筋肉質で引き締まったセミコビー。

被毛はシルキーで、短毛と長毛がいます。

 マンチカンの性格は、

明るく元気で甘えん坊です。茶目っ気があり、陽気で好奇心旺盛です。

メインクーンの特徴・性格

 メインクーンの特徴は、

過酷な自然に鍛えられたがっしりとした体型と豊富な被毛です。

オーバーコートはシルキーで防水効果があり、

胸元にはライオンのたてがみに似た長い毛があります。

 大きなオス猫では体重が10キロを超えることもありますが、

通常の猫に比べて体の完成が遅く、

成猫になるまでには2年ほどかかるとも言われています。

2010年のギネス記録では、「スチューウィ」と言う名のオスの

メインクーンが、「世界で最も体長が長い猫」として

世界一に認定されました。

記録は123cmです。

 メインクーンの性格は、

野生的な外見とは裏腹に非常に温和で優しいです。

ラガマフィンの特徴・性格

ラガマフィン

 ラガマフィンの特徴は、

大柄でがっしりしたロング&サブスタンシャルタイプのボディ、

前足より長い後足、やや釣り上がった卵型の目、

そしてシルキーな長毛などです。

体が完全に成長するまでにはおよそ4年を要するといわれています。

 ラガマフィンの性格は

非常に優しく、頭がよいといわれます。温厚で人間好きな猫です。

ラグドールの特徴・性格

 ラグドールの特徴は、

がっしりして筋肉質なロング&サブスタンシャルタイプのボディです。

猫の品種の中では最大クラスで、

大きいオス猫だと体重が10キロを越えることもあります。

通常の猫に比べて体の完成が遅く、成熟するまで2~3年ほどかかります。

 被毛は滑らかなダブルコートで、

首から長くなっているのが特徴です。

抱き上げると体の力を抜いてだらんとなる個体が多く、

猫にしては珍しいその従順性は遺伝的な

突然変異ではないかとまで言われています。

 ラグドールの性格は、

非常に温和で優しく、飼い主には従順です。

狩りに対する執着が薄く、引っ掻かない傾向があります。

ラパーマの特徴・性格

ラパーマ

 ラパーマの特徴は

その巻き毛です。

カールはあごの下と耳の付け根に最も強く現れます。

デボンレックスやコーニッシュレックスが

劣性遺伝であるのに対し、

ラパーマの巻き毛は優性遺伝であることが分かっています。

 またラパーマは生涯のある時期、無毛になりますが、

その多くは生まれたばかりの時期です。

また初めて交配を迎えるメス猫が無毛になってしまうこともあります。

しかしいずれにしても、一定期間が過ぎると

柔らかくカールした被毛が復活するそうです。

 ラパーマの性格は、

とても優しくて愛情深く、人間が大好きな甘えん坊です。

ロシアンブルーの特徴・性格>/h4>
ロシアンブルー

 ロシアンブルーの特徴は、

スリムなフォーリンタイプのボディ、

まん丸で美しいグリーンの目、

丸みを帯びて微笑んでいるかのような口元(ロシアンスマイル)です。

また、厚いダブルコートの被毛は特徴的なブルーで光沢があり、

手触りはシルキーです。

 ロシアンブルーの性格は、

非常におとなしく、めったに鳴くことがありません。

頭が良く、飼い主に従順です。
[ad#co-1]

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!