SPONSORED LINKS

無駄毛でお困りではありませんか?
無駄毛の脱毛及び除去する方法

無駄毛を脱毛・除毛するには、


どのような方法があるのでしょうか?

自分で自宅で無駄毛を処理する方法は

毛抜きを使って無駄毛をなくす方法が有りますね♪

市販の毛抜きを使って無駄毛を1本1本抜くのは、
とても大変ですよね♪

カミソリなどで一度にに無駄毛を
処理しようとしても、無駄毛の目立つ処は、
わきの下のような、カミソリの使えない
処だったりすると大変ですね♪

Sponsored Link

無駄毛を毛抜きを使って抜くときには、

無駄毛が埋没しないように注意しなければ
いけませんよ♪

無駄毛を無理に抜こうとすると、
皮膚の中で切れてしまうことがあります。
すると、無駄毛が伸びてくるときに、
毛穴からキチンと出てこなって、
皮膚の中で伸びてしまう事がありますので
注意して下さいね
そうなると、見た目は最悪ですね。
皮膚の中で、無駄毛が黒く伸びてしまうからです。

こうなると、皮膚を少し切って、
無駄毛を取り除かなければならなくなります。

その時に、肌を傷つけてしまうので、
美肌にも良くないし、見た目も良くありません。

また、傷口から雑菌が入り込んでしまい、
肌も赤くなってしまうこともあります。

毛抜きの脱毛は痛くない正しい方法は

無駄毛を無理に抜こうとすると
毛穴が目立つようになってくるので
見た目はキレイになっても、
無駄毛がなくなったように見えても、
毛穴は、まるで月のクレーターのようになっています。
とくに、無駄毛に逆らって抜こうとすると、
途中で切れてしまったり、
毛穴が目立つようになってしまいます。

毛抜きで無駄毛を抜いても,痛くありません



しっかり冷やしてやることが大切です。

冷やすことによって、毛穴をキュッと
引き締めることが出来ますから綺麗になりますよ♪

そして、乾燥しないように、
保湿クリームや化粧水をたっぷりと
肌を保湿するようにしましょう。

毛抜きとレーザー脱毛の関係

特に、注視しておく必要があるのは、
レーザー脱毛で無駄毛を処理しようと
している人がいらっしゃいます。

毛抜きで無駄毛を抜いていると、
当然、無駄毛が一時なくなるのですが

レーザー脱毛は、

無駄毛の黒い部分に反応して攻撃するわけですから

毛抜きで無駄毛を抜くと、毛がなくなり、

レーザー脱毛が使えませんから

無駄毛が生えてくるのを待たなければ

ならなくなってしまいますよね

折角、レーザー脱毛をしようとしても、
無駄毛がなくなっては、どうしようもありません。

レーザー脱毛を始めても、
無駄毛が生えてくるのを待つ期間が必要になり、
時間も費用も多くなってしまいますので、
レーザー脱毛を計画している人は、
むやみに毛抜きで無駄毛を抜かないようにしましょう。

無駄毛をなくす方法

無駄毛をなくす方法には、次の様な方法があります。

■無駄毛をなくすには、

■シェーバーで剃る、

■カミソリで剃る、

■毛抜きで無駄毛を抜く、

■脱毛クリームや除毛クリームを使う、

■自分でできるレーザー脱毛、

■本格的にエステティックサロンで処理してもらう

■永久脱毛など様々な方法があります。

しかし、どの無駄毛をなくす方法も、
正しい方法で行なわないと、逆に肌を痛めてしまったり、
無駄毛がいっそう目立つようになってしまう事になります。
無駄毛をなくすには、正しい処理方法をするように
心がけましょう!

無駄毛をシェーバーで剃る方法
無駄毛をシェーバーで剃るには、
無駄毛の生えている向きを注意して行なう必要があります。
生えている方向の逆からシェーバーをあてて、
軽く肌に押し当てます。
決して強く押し当てないようにしましょう!
そして、無駄毛はあらかじめ短くカットしておくほうが
簡単に無駄毛の処理する事が出来ますよ

無駄毛をカミソリで剃る方法
無駄毛をカミソリで剃るときには、
シェーバーで剃るときの逆で、
無駄毛の生えている方向からカミソリを
当てると良いでしょう。
無駄毛に逆らうように剃らない様に気をつけてね♪

そして、カミソリを使って無駄毛を剃るときには、
事前に、石鹸などで肌を滑りやすい状態にしてから
処理を進めましょうね♪
肌を温めておくと無駄毛が残らないので効果的です♪

脱毛・除毛クリームを使う方法
脱毛クリームや除毛クリームは、
大変簡単に無駄毛をなくすことが出来ますよ♪
無駄毛の生えている処に
直接、脱毛クリームや除毛クリーム塗り、
数分間待って診ましょう♪
すると、無駄毛が溶けて肌に浸透しますから
この作業をを繰り返しているうちに、
無駄毛が生えづらくなって来るのです。

自分でレーザー脱毛の方法
自分で出来るレーザー脱毛もあります。
普通、レーザー脱毛の方法は、
一般的には高額なエステティックサロンで
治療して行なうものでしたが、
最近では電気量販店等でも手軽に、
レーザー脱毛器を購入することが出来る様に
なりましたね
この方法は、自分で少しずつ無駄毛を
処理したい人には最適な方法ですよ♪

エステで永久脱毛する方法
エステティックサロンでの無駄毛を処理して貰うと、
それは、永久脱毛になります。
わずらわしい無駄毛を永久に生えなくする
簡単な脱毛の方法です。
でも、金額は少し高額になってしまうのが欠点です。
無駄毛の悩みから永久に生えなくなりますので、
とにかく、今すぐ無駄毛をなくしたい人や、
もう面倒な無駄毛を見たくない人にはお勧めな方法です。

電気シェーバーで無駄毛を剃る方法
無駄毛をなくすのに電気シェーバーを使ってみませんか?

電気シェーバーを使って、無駄毛をなくすには、
注意しなければいけないことがあります。
電気シェーバーを使う前に注意しなければならないのは
事前に無駄毛を少し短めにカットしておく必要があります。

電気シェーバーで無駄毛を剃るときに、
無駄毛を長いままにして、無駄毛を剃ろうとしても、
なかなかうまくは無駄毛を剃ることは出来ないからです。
無駄毛が長い状態だと、電器シェーバーに
無駄毛が絡まってしまい、無駄毛が引っ張られて、
思わず涙が出るほどに痛い思いをしなければなりませんので
注意しましょうね。

無駄毛を剃る方向に注意
無駄毛を剃る方向にも注意しましょう。

電気シェーバーで無駄毛を剃る場合には、
無駄毛の生えている方向とは逆に剃る様にしましょう♪
普通のT字カミソリなどで無駄毛を剃る場合にには、
無駄毛の生えている方向に剃るのが一般的ですが、
電気シェーバーで無駄毛を剃るときには、
無駄毛の生えている方向とは逆の方向に剃るのがコツです。

無駄毛処理後のアフターケアの方法
電気シェーバーで無駄毛を剃った場合には
肌へのダメージもありますので
しっかりケアしないと、あなたのきれいな肌が、
痛んでザラザラになってしまうので注意しましょう。

電気シェーバーは、肌の表面の角質を削ってしまうので

電気シェーバーを使った後は、
しっかりと、化粧水や保湿クリーム等を塗って、
肌のケアをしてください。
これで、水分補給と潤いがとても大切になります。

もし、しっかりケアをして置かないと、
肌へのダメージが残ってしまい、
肌の角質がはがれてしまい、
皮膚も黒済んで来てしまう事もありますので
しっかりとしたアフターケアを心がけましょう。

カミソリで無駄毛を剃るには
カミソリで無駄毛を剃るメリットは、
1.自分で自宅で無駄毛の処理が簡単にできることと、

2.費用が要らないで、すぐに始められることです。

カミソリで無駄毛を剃る時の注意
カミソリで無駄毛を剃る時に大切なのことは、
最初に肌を温めておく様にしましょう♪
肌を温めて置くことで、毛根が開き、
無駄毛を剃りやすい状態にしてくれます。
毛根が開くことで、無駄毛を根元から
根こそぎ剃ることができるようになります。

カミソリで無駄毛を剃るのには、
もう1つ大切なことがあります。
肌を滑りやすくしておくことです。
肌に剃刀専用のシェービングフォームや
ジェルを使う方法です。
もちろん石鹸でも差し支えありませんよ。
肌を滑りやすく、カミソリと皮膚との間に
クッションを作るようにしましょう。
そうすることで、肌を痛めずにすみますし、
保湿効果もあり、肌荒れやダメージも軽減されます。

肌を温めることと肌をすべりやすくすることの
両方を満たすためには、
入浴時に無駄毛を処理する方法もあります。

SPONSORED LINKS

カミソリで無駄毛をそる方向は
無駄毛の生えている方向にそって剃って行きましょう。
無駄毛の毛先のほうから根元に向かって剃ると、
無駄毛を剃った後に毛根が開いてしまったり、
無駄毛が深剃りしすぎてしまい、
皮膚の奥のほうで剃れてしまい、
皮膚に埋蔵してしまう危険がありますので注意しましょう。

特にスネの無駄毛を剃るときには、
ひざの方から足首に向かって剃るようにする事に
心がけましょう♪

無駄毛が太くなったような気がするのは
カミソリで無駄毛をすると、
早い人なら2、3日くらいで無駄毛が伸びてきて
無駄毛が太くなったように感じてしまいます。
これは無駄毛をカットした断面積が太くなったので、
無駄毛自体が太くなったためではありませんので
安心してください。

レーザー脱毛の肌トラブル
無駄毛の永久脱毛として
最初に思い浮かべるのは
エステティックサロンや
美容外科などで行なわれているレーザー脱毛では
ないでしょうか。

レーザー脱毛は、毛に含まれる
メラニンにレーザー光が吸収されることによって、
毛根が破壊され、無駄毛がなくなってしまう事です。

レーザー脱毛は、高額な費用がかかりますし、
あからじめレーザー脱毛におけるトラブルなどを
把握した上で行なうことをオススメします。

レーザー脱毛をする前に
レーザー脱毛は、無駄毛がなければ意味がありませんので、
レーザー脱毛をする前には、毛抜きなどでの無駄毛処理は
しないほうが良いです。

レーザー脱毛は、無駄毛に反応しますから、
無駄毛を抜いたあとでは、毛がない状態です。
ですから、いくらレーザーを当てても、
効果が発揮できません。
日頃、無駄毛を抜いていた方は、
レーザー脱毛を受けようと思ったら、
無駄毛を抜くのではなく、
かみそりなどで処理して剃るようにしていたほうが、
期間も短くてすみますし、料金も格安になりますよ♪

その他に、軽い日焼けは大丈夫なのですが、
極度の日焼け肌には、レーザー脱毛は行なうことが
出来ませんので、レーザー脱毛をすると決めたら、
あまり日焼けはしないほうが無難だと思います。

レーザー脱毛の肌トラブル例
レーザー脱毛にもトラブルが報告されていますので、
知っていたほうが良いと思います。

レーザー脱毛のトラブルで一番多いのが、
熱傷(やけど)です。

レーザーは、無駄毛の黒い色にだけ反応するものですが、
皮膚のメラニンにも反応することがあります。
皮膚のメラニンが多い人はそれだけ熱傷(やけど)に
なるリスクが増えます。

また、あなたが使っている化粧品にも
レーザーが反応する成分が含まれている可能性もあります。

そのため日焼け止めクリームを
使っているひともいるのですが、
日焼け止めクリームを塗ったままだと、
日焼け止めクリームも化粧品と同じように
レーザーが反応してしまう場合もあります。

熱傷(やけど)をしたときには、
適切な処置をしないと、
ヤケドの痕が残ってしまう場合もありますので、
万が一を考え、トラブルが起きたときの応対の
しっかりしたエステティックサロンなどを
選ぶようにしたいものです。

毛抜きで無駄毛を抜くには
毛抜きを使って無駄毛を1本1本抜くのは、
とても大変ですね。

無駄毛を無理に抜こうとすると、
皮膚の中で切れてしまうことがあります。
すると、無駄毛が伸びてくるときに、
毛穴からキチンと出てこなくて、
皮膚の中で伸びてしまうことがあります。
見た目は最悪ですね。
皮膚の中で、無駄毛が黒く伸びてしまうのです。

こうなると、皮膚を少し切って、
無駄毛を取り除かなければいけません。

肌を傷つけるので、
美肌にも良くないですし、
見た目も良くありません。
傷口から雑菌が入り込んで、
肌も赤くなってしまうこともあります。

毛抜きで無駄毛を抜いたら、
しっかり冷やしてやることが大切です。
冷やすことで毛穴をキュッと引き締めることが出来ます。

そして、乾燥しないように、
保湿クリームや化粧水をたっぷりと
つけるようにしましょう。

毛抜きとレーザー脱毛の関係
注視しておく必要があるのは、
レーザー脱毛で無駄毛を処理しようとしている人です。
毛抜きで無駄毛を抜いていると、
当然、無駄毛が一時なくなります。
レーザー脱毛は、無駄毛の黒い部分に反応して
攻撃するわけです。
ですから、毛抜きで無駄毛を抜くと、
毛がなくなり、レーザー脱毛が使えません。
無駄毛が生えてくるのを待たなければなりません。
せっかく、レーザー脱毛をしようとしても、
無駄な毛がなくなっては、どうしようもありません。
レーザー脱毛を始めても、
無駄毛が生えてくるのを待つ期間が必要になり、
時間も費用も多くなってしまいますので、
レーザー脱毛を計画している人は、
むやみに毛抜きで無駄毛を抜かないことです。

すね毛をなくす方法
毛抜きを使って無駄毛を1本1本抜くのは、
とても大変ですね。

カミソリなどでいっぺんに無駄毛を
処理しようとしても、
無駄毛の目立つところは、
わきの下のような、カミソリの
使えないところだったりします。

無駄毛を毛抜きを使って抜くときには、
無駄毛が埋没しないように注意しなければいけません。

無駄毛を無理に抜こうとすると、
皮膚の中で切れてしまうことがあります。
すると、無駄毛が伸びてくるときに、
毛穴からキチンと出てこなくて、
皮膚の中で伸びてしまうことがあります。
見た目は最悪ですね。皮膚の中で、
無駄毛が黒く伸びてしまうのです。

こうなると、皮膚を少し切って、
無駄毛を取り除かなければいけません。

肌を傷つけるので、
美肌にも良くないですし、
見た目も良くありません。
傷口から雑菌が入り込んで、
肌も赤くなってしまうこともあります。

無駄毛を無理に抜くと
無駄毛を無理に抜こうとすると、
毛穴が目立つようになってしまいます。
見た目はキレイになって、
無駄毛がなくなったように見えても、
毛穴は、まるで月のクレーターのようになっています。
とくに、無駄毛に逆らって抜こうとすると、
途中で切れてしまったり、
毛穴が目立つようになってしまいます。

毛抜きで無駄毛を抜いたら、
しっかり冷やしてやることが大切です。
冷やすことで毛穴をキュッと引き締めることが出来ます。

そして、乾燥しないように、
保湿クリームや化粧水をたっぷりと
つけるようにしましょう。

毛抜きとレーザー脱毛の関係
注視しておく必要があるのは、
レーザー脱毛で無駄毛を処理しようとしている人です。
毛抜きで無駄毛を抜いていると、
当然、無駄毛が一時なくなります。
レーザー脱毛は、無駄毛の黒い部分に
反応して攻撃するわけです。
ですから、毛抜きで無駄毛を抜くと、
毛がなくなり、レーザー脱毛が使えません。
無駄毛が生えてくるのを待たなければなりません。
せっかく、レーザー脱毛をしようとしても、
無駄な毛がなくなっては、
どうしようもありません。
レーザー脱毛を始めても、
無駄毛が生えてくるのを待つ期間が必要になり、
時間も費用も多くなってしまいますので、
レーザー脱毛を計画している人は、
むやみに毛抜きで無駄毛を抜かないことです。

除毛クリームで無駄毛をなくす
除毛クリームをつけると、
無駄毛がきれいにとれてしまいますよね。
どうして、除毛クリームで無駄毛が
無くなってしまうのか調べてみました。

人の肌はというのは弱酸性です。
そして、除毛クリームは、
アルカリ性で作られています。
弱酸性の肌に、アルカリ性の除毛クリームを塗ると、
肌にある毛穴が広がるんですね。
その開いた毛穴に除毛クリームが
入り込んでいくということになります。
そして、除毛クリームが毛根を分解して、
無駄毛が抜けるという仕組みなんですね。

除毛クリームは、
無駄毛に塗ってから数分間そのままにおいておきます。
その後、ティッシュなどでふき取ります。
すると、無駄毛がするっと抜けます。

かみそりで無駄毛をそるデメリットとして
もっとも大きいのは、
またすぐに無駄毛が生えてくるということです。
そして、その無駄毛もチクチクとした無駄毛です。

除毛クリームなら簡単
除毛クリームなら、保湿成分が配合されているので、
肌へのダメージも少なくてすみ、
コストもそれほど高額ではないので、
無駄毛対策にはいいですね。

しかも、最近の除毛クリームには
抑毛成分が配合されているので、
使っているうちに、
無駄毛もだんだん細くなって、
目立たなくなってきます。

除毛クリームを使ったことがない人は、
まずは、除毛クリームで
無駄毛対策してみてください。

Sponsored Link

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!