SPONSORED LINKS

化粧品のタイトル画像化粧品のタイトル画像

スキンケアをしようとした時に、色々な化粧品を見てみると、
「医薬部外品」という言葉を目にすることがあります。

そこで、医薬部外品とは一体何なのか?

また、化粧品とはどう違うのかし?

これらの疑問について、解説してみようと思います。

医薬部外品とは?一般的な化粧品とは何が違うか?

医薬部外品も化粧品も、作用が緩和なものなのか!?



医薬部外品も化粧品も薬事法
でしっかりと定められています。

薬事法では、化粧品は、「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、
容貌を変え、または皮膚や毛髪を健やかに保つために
身体に使うもので、
人体に対する作用が緩和なもの」と定義されています。

一方、医薬部外品は、「作用が緩和であり、
疾病の治療または予防に使用せず、
人体の構造・機能に影響を及ぼすような使用目的を
合わせ持たないもの」となっています。

このように、医薬部外品も化粧品も、

“作用が緩和なもの”なんです。

その違いは、一体何が違うのかというと、

「医薬部外品は、効果効能をうたうことができる」ということです。

医薬部外品は、薬事法に指定された成分をある
程度以上配合されていて、

・腋臭(ワキガ)防止剤
・養毛剤
・染毛剤(ヘアカラー)
・パーマネントウェーブ剤
・薬用化粧品(フケ用シャンプー、
日焼け止め、
ニキビ用化粧品、
あせも用クリーム

など、病気といえないようなものの
予防や改善の効果を詠うことができるのです。


化粧品は、効果効能をパッケージに表示したり、
広告でうたうことが認められてはいません。

SPONSORED LINKS

例えば、美白化粧品の中でも
「日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ」と
いった詠うのは、医薬部外品だけなのです。

化粧品の方が自由に成分を使えるが、
良し悪しはピンからキリまである

医薬部外品は、薬事法に指定された成分をある
一定以上配合されていることが条件で、
厚生労働省が認可を行っています。

ただし、指定成分を含んでいても、
認可されない場合もあります。

薬事法に指定された成分を、
ある程度以上含んでいることが条件となります。
ただし、ある種の成分を組み合わせて使うと
逆に医薬部外品として認可されないことがあります。
前例がないものなどは、
認可されないようなことがあるのです。
医薬部外品扱いの化粧品(薬用化粧品)は、
ある意味で規制が厳しいともいえるのです。
(引用元:素肌美人になるためのスキンケア美容医学事典)>>

そのため、医薬部外品よりも化粧品の方が
自由に成分を使えるのです。

また、医薬部外品は、指定を受けるために
時間と費用がかかってしまい、
そのコストは当然、価格に乗ってきてしまいます。

ですので、薬事法に指定されている成分を
高濃度に配合している化粧品でも、
あえて医薬部外品の指定をとっていないものもあります。

一方で、医薬部外品ではない化粧品の中には、
ほとんど有効成分を配合していないにも関わらず、
高額で販売しているものがあるので注意しましょう。

そのため、医薬部外品は、
一定以上有効成分を配合していることが条件ですから、
最低限の品質は保証されてるのです。

一方で、上から下まで色々なレベルの製品がありますが、
医薬部外品ではない一般の化粧品ということが言えます。

スキンケア化粧品を選ぶ方法

スキンケア化粧品を選ぶときは
この点にも注意しながら選ぶ様にしましょう!

関連サイト

セラミド 化粧水とは?美容液のおすすめの商品紹介

酵素サプリと生酵素の違いは?効果的な選び方は!

脱毛の効果はあるの?トラブルと副作用は経験からの説明!エステサロン一覧付

医薬部外品とは?一般的な化粧品との違いを徹底解説

まとめ

如何でしたか?
医薬品には、医薬部外品ではない化粧品の中には、
ほとんど有効成分を配合していないにも関わらず、
高額で販売しているものがあるので注意しましょう。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!