SPONSORED LINKS

東京湾の水の色が青く見える様ですね

青潮という言葉はあまり耳にしませんが

青潮は私たちにどんな影響を与えるのでしょうか?

今回は、青潮と赤潮について、調べてみました。

青潮とは?

赤潮現象が発生している時に、
外観が緑色になるものを青潮と呼ぶ場合もあるのですが、

今回は、そうではない一般的な青潮のことについて説明します。


青潮は、夏から秋にかけて発生しやすい
といわれています。


青潮とは、海水が少し青または緑がかった白色に濁る現象
なので、



青潮になると、海水中の酸素がほとんど無くなってしまうので
魚や貝類が死んでしまいます。

青潮はなぜ発生するのか?

海の底の方には、長年かかって流れてきた汚物が
沈んでヘドロの状態になってたまっている状態があります。

そのヘドロは水中の酸素を使い果たしてしまうので、
汚れた海の底の方では水中の酸素はなくなってしまうのです。

海水中には、食塩の他に硫酸イオンが
たくさん含まれていますが

この硫酸イオンは、酸素の無い水中では、

硫酸還元菌という細菌によって硫化物イオンに変化
するのです。

したがって、ヘドロが溜まっているような
汚れた海の底の方には、

硫化物イオンをたくさん含んでいて、
しかも、酸素の無い水がたくさんたまってしまうのです。

ある程度汚れた海でも、
海面の近くの海水は空気中から
酸素が溶け込んでいるので、
酸素は十分あり、魚も住むことが出来ます。

しかし、陸から海にむかって強い風が吹いたりした場合、
海面近くの水がずっと沖のほうに押し出されたりすると、

代わりに、海底の硫化物イオンを
たくさん含んだ酸素の無い水が底のほうから
湧きあがって来ることがあるのです。

それによって、硫化物イオンを含んだ水は、
海面近くに湧き上がってくると、
卵の腐ったような臭いのする硫化水素を発生したり、


硫化物イオンが空気中の酸素と反応して
イオウを発生したりします。

このようにして発生したイオウが光を散乱させるため、
海面の色が乳白色や乳青色に見えるのです。

青潮が発生しないようにするには?

青潮は、海底近くにある酸素の無い水が
海面近くに湧き上がってくることにより
発生するのですから、


海底にヘドロが溜まらないようにすることです。

したがって、赤潮が発生しないようにする方法と
同じで、川や海に汚れた水を流さないように
するとともに、
植物性プランクトンの栄養となる窒素やリンを
できるだけ流さないようにすることです。

赤潮とは?

赤潮というのは、一般に海中の植物性あるいは


動物性プランクトンが急激に異常繁殖して、

水の色が変わって見えるほど増殖する現象のことをいうのです。

SPONSORED LINKS

プランクトンとは、水中で浮かんだまま生活している
生き物のことで、比較的大きなものもありますが、

多くは顕微鏡でその形が判別できる程度の
小さい生き物なのです。

プランクトンの中には、

光合成をする植物性プランクトンと、

それら植物性プランクトンなどを食べている
動物性プランクトン
とがあります。

このプランクトンは、魚介類にとって大切な
エサの役割を果たしています。

しかし、この植物性プランクトンが大発生して、
しばしば魚介類などに大きな被害を与えることがあります。

このことによって
海水が赤みを帯びた色になる
ことが多い現象のこと
です。

必ずしも赤色になるとは限らないのです。

(外観が緑色を帯びて見えるものもあり、
それを青潮と呼ぶ場合もあります。)

赤潮が発生すると、
海中の溶存酸素量が異常増殖したプランクトンの
呼吸作用によって、極端に低下したり、
それらをプランクトンが傷めたりして、


えらで呼吸している魚介類が窒息死してしまいます。

また、最近では、赤潮現象によって増殖した
プランクトンのなかには強い毒性をもつものがあっ たりして、

その毒性物質が魚介類や人間に被害を与える
ケースも見つかっています。

赤潮はなぜ起こるのでしょうか?

陸上の野菜や花など植物の成長には
適度の雨と日光、それと肥料が必要です。

水中に存在する植物性プランクトンも
それと基本的には同じなのです。

河川などから海に流れ込む栄養分は、
特に湾内など海水交換の悪い場所で豊富となり、

陸上の作物の肥料と同じようになり、


その結果、植物性プランクトンの
異常繁殖が起こります。

生物は一般にその生物にとって住み心地のよい
環境のところでは、


どんどん増えていきます。

夏は多くの植物性プランクトンにとって、
活動しやすい季節であり、
赤潮も発生しやすくなります。

陸上の植物は生長するとどんどん大きくなりますが、
植物性プランクトンは大きくなるかわりに
分裂して数を増やしていきます。

かりに、1日に1回細胞分裂していくと仮定すると、
つまり1日に2倍に増えるわけですから、

計算上、1週間で128倍、2週間では1万6千倍となるわけです。

まとめ

  • 今回は、
  • 青潮とは?
  • 青潮はなぜ発生するのか?
  • 青潮が発生しないようにするには?
  • 赤潮とは?
  • 赤潮はなぜ起こるのでしょうか?
  • この様な事柄を掲載しました。
    東京湾の海水の色がこの様な現象が
    発生しない様に日常生活の中で
    常日頃注意して、


    この様な状態にならない様にしましょう!

    SPONSORED LINKS

    この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!