SPONSORED LINKS

ビートルズのタイトル画像

今回は、ビートルズのメンバーに関する情報をお届けします。

リンゴ・スターの4人を中心に活動していましたが
あまりにも有名なメンバー達の経歴について詳しく
調べて見ました。経歴を見てみると意外な人間模様が
理解できます。

ジョン・レノンの経歴

(John Lennon)
ジョンレノンの画像
本名 ジョン・オノ・レノン
生年月日 1940年10月9日
出生地 リヴァプール、ウールトン
学校 ダヴディル小学校、
クオリーバンク中学校、リヴァプール美術学校
好きな食べ物 カレー、ステーキ、
コーンフレーク、ポテトチップス

好きな色 黒

趣味 絵を描く事、本を書く事

嫌いな物 トラディショナル、ジャズ、話が下手な人

好きな歌手 エルヴィス・プレスリー、リトル・リチャード

身長 5フィート11インチ(約180.5cm)

髪の色 中間の茶色

目 茶色、ステージ以外では眼鏡着用

首周り 15と1/2インチ(約39cm)ポロネックのセーター好む

胸囲 39インチ(約99cm)

体重 11ストーン5ポンド(約71.5kg)

ウエスト 32インチ(約81cm)
手 右利き

洋服 殆どロンドンのDouggie Millings

ズボン丈 30インチ(約76cm)スエードとレザーを好む

足 8と2/1インチ(26.5cm)

1980年12月8日 死亡享年40

本名:ジョン・ウィンストン・オノ・レノン
(出生時は、ジョン・ウィンストン・レノンでしたが、
オノ・ヨーコと結婚後に
ジョン・ウィンストン・オノ・レノンに改名しています。

出身地:イングランド リヴァプール

ビートルズでの主な担当楽器:リズム・ギター、その他色々

ビートルズ時代の代表曲:
「ヘルプ!」、
「抱きしめたい」、
「シー・ラブズ・ユー」、
「プリーズ・プリーズ・ミー」、
「ストロベリー・フィーリズ・フォーエヴァー」、
「愛こそはすべて」、
「アクロス・ザ・ユニバース」、
「カム・トゥゲザー」等があります。

ビートルズ解散後の代表曲には
「ラヴ」、
「イマジン」、
「スターティング・オーヴァー」等があります。

出生時、父親のアルフレッドは商船の乗組員として
働いていたが、航海中で不在だったので、
母親のジュリアも他の男性と同棲して居た為に、
母親の姉・メアリー(ミミ伯母、以下ミミとする)夫妻に
引き取られて、育てられました。

戦後に、父親のアルフレッドが帰国して、
父親に引き取られ数週間一緒に暮らしたのだが、
母親のジュリアンがジョンを連れ戻すが、
母親と暮らすことは出来ず、
再び、ミミ夫妻のもとで育ちます。

メンバーと出会う以前から音楽に興味をもっており、
出会ってから音楽にっ没頭するようになりました。

1957年7月にポール・マッカートニーと出会い、
1958年2月にジョージ・ハリソンと出会います。
この事によって益々音楽の勉強に熱中した様です。

然し、悲しいことに、1958年7月に
母親のジュリアンが交通事故でこの世を去ってしまいました。

その後、ジョンはリヴァプールだけでなく、
ドイツのハンブルクでの演奏を経て、
1962年1月のデッカ・レコードのオーディションに
落ちてしまいましたが、
6月にパーロフォンとレコーディング契約を結ぶ事が出来ました。

バンド名もこれまでにいくつか変わっています。

8月に、当時のドラマーだったピート・ベストを解雇し、
新たにドラマーとしてリンゴ・スターが加入します。

現在のメンバーとなったのは、この時らしいのです。

10月に「ザ・ビートルズ」として、
レコード・デビューする事になりました。

1962年2月に、シンシア・パウエルと結婚、
二人の間に、ジュリアン・レノンが生まれています。

1966年にのちに二人目の妻となる
オノ・ヨーコと出会い、二人の間柄は深くなり

1968年11月にシンシアと離婚。

1969年3月に、オノ・ヨーコと結婚

以後は、ビートルズの活動より、
オノ・ヨーコとの音楽活動が多くなります。

然し、1970年4月にビートルズが解散しています。
その後、ソロとしての活動を開始ます。

1976年には、ソロ活動から
ハウス・ハズバンド業に専念する様になりましたが、
しかし暇を見ては、自宅で録音もしていたようです。

1980年11月にアルバムを制作して
『ダブル・ファンタジー』で、音楽活動を復帰しています。

アルバムもチャートの売り上げが上昇し始めました

その結果は、最高位は、全米1位、全英1位までになりました。、
その年の12月8日夜に、急遽死亡してしまいました。

※12月8日23時頃(米国東部時間)にニューヨークの
 自宅アパート「ダコタ・ハウス」前において
 ファンを名乗る男性に射殺されてしまいました。

没後、
アルバムは大ヒットして、
1981年のグラミー賞最優秀アルバムとなりました。

衝撃的な事件でもあり、
音楽的カリスマ性、影響力は今なお強いと
いえるのではないかと思います。

ビートルズ時代、ポール・マッカートニーと
ソングライティング・チームを結成し、

「レノン=マッカートニー」で、
多くの楽曲を制作しました。

ポール・マッカートニーの経歴

ポール・マッカートニーの画像

本名 ジェームズ・ポール・マッカートニー
生年月日 1942年6月18日
出生地 リヴァプール、ウールトン

学校 ストックトンウッドロード小学校、
ジョゼフウィリアムズ小学校、
リヴァプール・インスティチュート

好きな食べ物 ステーキ、チキン、
クラフトチーズ、ミルク、コーク(近年はベジタリアンに)

好きな色 黒

趣味 作詞・作曲

嫌いな物 髭剃り、南部風チキン

好きな歌手 チャック・ベリー、レイ・チャールズ、
ペギー・リー
身長 5フィート11インチ(約180.5cm)

髪の色 非常に濃い茶色

目 茶色
首周り 15インチ(約38cm)

胸囲 38インチ(約96.5cm)

体重 11ストーン4ポンド(約71kg)

ウエスト 30インチ(約76cm)
手 左利き

靴 彼らの靴はArelloとDavideが作った

ズボン丈 31インチ(約79cm)カジュアルな物を好む

足 8インチ(26cm)

本名:サー・ジェイムズ・ポール・マッカートニー・ジュニア
(出生時は、当然、サーの称号はありませんでした。

ジェイムズ・ポール・マッカートニー・ジュニア)
出身地:イングランド リヴァプール

ビートルズでの主な担当楽器は、ベース、その他いろいろ

ビートルズ時代の代表曲を紹介いたします。
「ラヴ・ミー・ドゥ」、
「イエスタディ」、
「エリナー・リグビー」、
「へルター・スケルター」、
「レット・イット・ビー」、
「ヘイ・ジュード」、
「ペニー・レイン」、
「フールズ・オン・ザ・ヒルズ」等がありました。

ビートルズ解散後の代表曲を紹介いたします。
「バンド・オン・ザ・ラン」、
「マイ・ラヴ」、
「夢の旅人」、
「心のラヴ・ソング」、
「エボニー・アンド・アイボリー」等がありました。
・生立ちは
1942年に生まれています。
1956年に母・メアリーが病死。
1957年7月にジョン・レノンと出会っています。
1962年6月に、ビートルズとして、
レコードデビューを致しました。
1969年に、リンダ・イーストマンと結婚しました。
1970年4月に、ビートルズを脱退してしまっています。

SPONSORED LINKS

これが解散へとつながります。

1971年にはウイングスを結成しました。

その後、ビートルズ時代の中期以降行わなかった
ツアー活動も積極的に開始しています。

然し、1980年、成田空港にて大麻・
不法所持で現行犯逮捕され、
ウイングスの日本公演中止になりました。
同年末には、ジョン・レノンが射殺されています。

1981年にウイングス解散。

1989年-1990年には、
ソロとしてワールドツアーを開始し、日本でも初の講演を
致しました。

1993年、ワールドツアーで、
ソロとして2度目の日本公演を行っています。

1997年、ナイトに叙勲される。

1998年、妻のリンダ・マッカートニー病死。

2002年、へザー・ミルズと結婚、
ソロとしては3度目の日本公演を行いました。

2006年に、へザー・ミルズとの離婚調停を開始し、
2008年に離婚成立致しました。

2011年に、ナンシー・ジェベルと結婚。

ビートルズ時代、ジョン・レノンと
ソングライティング・チーム
「レノン=マッカートニー」で
、多くの楽曲を制作しています。

「レノン=マッカートニー」は
「史上最も成功したソングライティング・チーム」の
一つかもしれません。

ポール・マッカートニーは、
マルチ・プレーヤーとしても知られ、
器用で多くの楽器を演奏できることでも知られています。

ビートルズ時代の「3大バラード」といわれる
「イエスタディ」、
「レット・イット・ビー」、
「ヘイ・ジュード」がポールの作品であるように、
親しみやすいメロディを生み出し、
「永遠のメロディ・メーカー」として称えられています。

初期のビートルズを牽引したのは、
ジョン・レノンなのですが、

中期以降のビートルズを牽引したのは、ビートルズより、
オノ・ヨーコとの活動に力を入れていたと伝えられています。

ですから、ジョン・レノンではなく、
ポール・マッカートニーだったのではないかと思います。

前述のように、マルチ・プレーヤーで、
多くの楽器を演奏し、ポピュラー音楽だけでなく、
ジャズ、クラシックも手がけています。

器用でマルチな才能を持つポールは、
ジョン・レノンのカリスマ性とは違った魅力があります。

ジョージ・ハリスンの経歴

ジョージ・ハリスンの画像

本名 ジョージ・ハリスン

生年月日 1943年2月24日
 (1992年迄は2月25日生まれであると公表)

出生地 リヴァプール、ウェイバートリー

学校 ダヴディル小学校、リヴァプール・インスティチュート

好きな食べ物 ラムチョップス、ポテトチップス、
ゼリービーンズ

好きな色 黒、ブルー

趣味 車、ドライヴ

嫌いな物 散髪、砂糖抜きの紅茶、夜の長距離旅行

好きな歌手 アーサー・キット、カール・パーキンス、
リトル・リチャード

身長 5フィート11インチ(約180.5cm)

髪の色 濃い茶色

目 濃い茶色

首周り 14インチ(約36cm)

胸囲 38インチ(約96.5cm)

体重 10ストーン2ポンド(約64kg)

ウエスト 30インチ(約76cm)

手 右利き

シャツ 4人共襟の長いボタンダウンや
尖ったイタリアン・スタイルの物を好んだ。

ズボン丈 30インチ(約76cm)

足 8と1/2インチ(26.5cm)

2001年11月29日に病死。享年58。

ビートルズでの主な担当楽器はリード・ギター、その他

ビートルズ時代の代表曲を紹介いたします
「ホワイル・マイ・ギター」
ジェントリー・ウィープス」、
「サムシング」、
「ヒア・カム・ザ・サン」等

ビートルズ解散後の代表曲も紹介いたします。
「マイ・スィート・ロード」、
「過ぎ去りし日々」

1943年2月24日、ビートルズでは、
一番の年少で生まれです。

ビートルズでは、ジョン、ポールの次に
ビートルズに加入しておりますが、

ジョン・レノン、ポール・マッカートニーという
2人の天才の影に隠れていた存在だったのですが、

ビートルズの中期以降は、
音楽制作などで隠れた才能を発揮して、
「ホワイル・マイ・ギター」
ジェントリー・ウィープス」、
「サムシング」、
「ヒア・カム・ザ・サン」等の名曲をを制作した他に、

シタールなどのインド楽器を採用したり、
当時、導入され始めたシンセサイザーを
導入するなど音楽面で大きく貢献しました。

ビートルズが、インド音楽を導入したのには、
ジョージの存在が大きかったといわれます。

メンバーで、最もインドと接近しましたが
ビートルズ解散後も、順調にソロ活動等の
音楽活動をしていました。

ジョージ・ハリスンは、
エリック・クラプトン等との交流がよく知られています。

リンゴ・スターの経歴

リンゴ・スターの画像
本名 リチャード・スターキー

生年月日 1940年7月7日

出生地 リヴァプール、ディングル

学校 セント・サテライス小学校、
ディングルヴェイル中学校

好きな食べ物 ステーキ、ポテトチップス、シュウエップス

好きな色 黒

趣味 車、ドライヴ

嫌いな物 早朝の公演、玉葱とオートバイ、
ドナルドダック

好きな歌手 レイ・チャールズ、ダイナ・ワシントン

身長 5フィート8インチ(約173cm)

髪の色 茶色で天然のグレーの筋が入っている。
右の眉毛にもグレーがかかっている。

目 青

首周り 14と1/2インチ(約37cm)

胸囲 38インチ(約96.5cm)

体重 9ストーン8ポンド(約60kg)

ウエスト 29インチ(約74cm)

手 右利き
シャツ 4人共ウォードール通りにある
「スティーヴンズ」で購入した物が多い。

ズボン丈 29インチ(約74cm)

足 8インチ(26cm)

1940年7月7日生まれ。(左利きといわれている)

ビートルズでの主な担当楽器:ドラムス、その他

ビートルズ時代の代表曲には
「オクトパス・ザ・ガーデン」

ビートルズ解散後の代表曲は
「想い出のフォトグラフ」等がありました。

ビートルズ時代には、音楽面での貢献より、
メンバーの中を取り持つ潤滑油のような役割をしました。

温厚で人格者として知られ、
個性の強いビートルズのメンバーを支えていました。

ビートルズへ加入以前は、他のバンドのドラマーでしたが、
ビートルズに加入したのも、ビートルズでは最後です。

1970年にビートルズが解散すると、
1970年前半は、順調で好調な音楽活動を行っていました。

しかし、1970年代後半から1980年代は、不振に陥り、
1980年代後半には、アルコール依存症にも悩まされます。

1989年には、アルコール依存症の更生施設での
治療を経て、カムバックを果たしました。

1992年には、久々のアルバムを発表し、
着実に現在までにコンスタントに音楽活動も復帰しています。

リンゴ・スターは、音楽活動以外に、
俳優としても活躍しています。

ジョン・レノンが亡くなり、
ジョージ・ハリソンも亡くなった今、
存命のビートルズのメンバーは、
ポール・マッカートニーと
リンゴ・スターだけになってしまいました。
(2012年7月の事です。

まとめ

今回は、皆さんがご存知のビートルズの皆さんの
メンバーの経歴を詳しく調べて顔の画像も併せて
記載いたしましたが如何だったでしょうか?
なんせ、世界中の人気グループの皆さんについては
良く知られていますので当然だったと思いますが
このサイトをご覧になられて、ビートルズの曲を
楽しもうではありませんか?

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!