SPONSORED LINKS

タイトル画像

コンテンツマーケティングを実施し始めているする

企業が増えてきているのですが、

そこで、どのようなコンテンツを作ればどのような効果が

現れるのか解らない方も多いのではないでしょうか?

今回は、コンテンツマーケティングとは

そもそも何なのか?。

そして、よく使われる代表的なコンテンツの手法を

交えながら徹底解説します。

■コンテンツマーケティングとは



コンテンツマーケティングとは、

日本では2015年頃から流行りだしたキーワードなのですが、

ユーザーニーズに答えるようなコンテンツ(読み物・動画など)を

提供し続けることで、

ユーザーをファン化して、


購買行動などに繋げる手法のことなのです。

然し、実際には 真新しいキーワードのように見えますが、

概念自体は
アメリカで生まれ10年以上も前から存在しているのです。

実際に検索されている状況図の画像

コンテンツマーケティングのキーワードは図の様に

推移しているのです。

■感情に訴えかける系コンテンツの内容は

1.バイラルコンテンツ

思わずいいね!を押したくなるようなコンテンツは、

アクションのハードルが低く興味を持ってもらう為には

最適なコンテンツの1つなのです。

バイラル(viral)の意味が「ウィルス性の」という様に、

爆発的に広がりやすいコンテンツのことを

バイラルコンテンツというのですが

そのためには、

人々に広がりやすいコンテンツを作ることが重要となります。

ではどんなコンテンツを作ればバイラルしやすいのでしょうか。

▼1-1.感情を揺さぶるもの

こんな感激するプロポーズは他にあるだろうか

これは、感激するプロポーズの動画です。
すでに1,864,510回も再生をされています。

思わずシェアしたくなる感情を揺さぶるコンテンツといえますね。

▼2.クイズ

クイズ形式のコンテンツは共感を生みやすそうです。

ターゲットユーザーが疑問に思っていそうなことを

クイズ形式にして、それを解く体験をしてもらうことで

共感を生み出し、エンゲージに繋げていくことができるのです。

▼3.動画

動画は制作の手間とコストが少しかかるのですが、

テキストに比べても情報量や表現の幅が広いために、

視聴者に向けて感情に訴えかけるコンテンツを

制作しやすいのが特徴なのです。

▼4.著名人を活用したコンテンツ

著名人、有名人の権威性を活用することにより、

そのコンテンツの説得力が増します。

著名人に寄稿してもらったり、

監修してもらうなどは、このタイプになります。

このタイプで成功を収めていて

特に有名なのは、ライザップではないかとも思われます。

▼5.コミュニティ・フォーラム

コミュニティやフォーラムで

SPONSORED LINKS

その商品に対する意見や質問などを活発に意見交換していると、

それを見た他のユーザーの参考になるコンテンツと変わります。

▼6.レビュー

ユーザーからのレビューには、

運営側が伝えきれない商品の魅力などが詰まっています。

また、良い意見ばかりではないかも知れませんが、

改善点に真摯に向き合って、商品を改良できる

チャンスと考え方を変えて取り組むことで

更に良い商品が生まれますのです。

▼7.記事

ブログなどを活用した記事コンテンツは

導入の障壁が低いため一番始めやすく作成できます。

日本では今一番流行っているコンテンツかも知れません。

●感情コンテンツ型

文字通り、感情を揺れ動かすようなコンテンツを作成することで

人を惹きつける手法です。

例えば、感動系コンテンツや面白いネタ系コンテンツ、等

思わずスゴイ!と感激しまうような

コンテンツがこれに当てはまります。

まずコンテンツに来てもらわなければ意味が

無いという考えから、

比較的ユーザーの興味を引きやすそうな

面白コンテンツで集客を行っていく手法です。

●役立ちコンテンツ型

ターゲットユーザーが必要としている情報を、

記事の中で提供することによって

ターゲットユーザーの信頼を得て、

最終的にコンバージョンを目指す形になる手法です。

●コンテンツSEO型

とにかく記事を多く公開して、

順位が上がったコンテンツの中身を

ブラッシュアップしていく形式です。

クラウドソーシングの台頭とともに

人気が出た形でもありますが、

コンテンツの質が低くなりやすいため、

ユーザーの信頼感を得にくいのが難点です。

コンテンツの質が低くならない様にすることが大切です。

▼8.インフォグラフィック

インフォグラフィックは

多くの情報をデザインで整理し、

見やすく作成したものです。

見せ方次第で多くの注目を集めることが

可能なコンテンツなのです。

▼9.EBOOK・ホワイトペーパー

調査データなどをまとめて

ダウンロードできるような形にしたのがホワイトペーパーです。

調査データや、商品の事例などをまとめたものなど、

興味はあるもののまだまだ検討中という人に向けたコンテンツです。

▼10.デモコンテンツ

商品を触ってみたいユーザーにとって、

デモコンテンツは商品を体験できる

非常に強力なコンテンツになります。

▼11.ウェビナー

ウェビナーとはウェブ上で行われるセミナーです。

リアルタイムで行われるため、

遠隔地からでも参加出来るのが大きな特徴です。

セミナー同様に閲覧者を引き込むことが出来、

今注目を浴びているコンテンツマーケティングの手法です。

▼12.事例

事例は実際にその商品を使って、

どんな効果があったのかを

導入までに行ったことは何だったのかなど、

これからその商品を購入しようとしている人の

参考になるような事例を掲載するコンテンツとなります。

▼13.クチコミ

その商品を使っている先人たちの声は大変重要です。

運営側の声よりも圧倒的に説得力が高いのです。

良い商品を提供できれば良いクチコミが集まるのは当然です。

そのクチコミを見て、

更に商品が売れるという良い循環が発生します。

もし悪いクチコミが届いてしまっても、

その声を無視するのではなく

逆に悪い口コミを、しっかりと商品に反映し、

良い商品に改善できれば、

前述したような良い循環に変わっていくのです。

■まとめ

いかがでしたでしょうか。

日本では、記事をベースとした

コンテンツSEO=コンテンツマーケティングのようになっていますが、

海外ではもっと大きな枠組でコンテンツマーケティングを

活用しているのです。

コンテンツマーケティングは

必ずしも記事である必要はないのですが

ターゲットユーザーをどう態度変容させたいのかを

考え取り組むことが重要に成って来ます。

そして、手法それぞれ効果は違うのです。

自社サービスのターゲットユーザーに

最適な状態でコンテンツを届ける事によって

コンテンツマーケティングが構成されるのです。

今回は13項目の手法の内容も記載しましたので

参考にして頂けたら幸甚です。

皆様がコンテンツマーケティングを

理解して作業されると少しでも良い結果が

現れる様期待しています。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!