SPONSORED LINKS

クチナシのタイトル画像
クチナシの花は、初夏になると、郊外の畦道等で風揺られて
鼻をくすぐる甘い香りが感じられる様な季節がやって来ます。
クチナシの花は、独特の花として人気があります。
今回は、クチナシ色素の安全性と危険性について調べてみました。
その他に、花言葉の由来や育て方も掲載しました。
クチナシの花を楽しみながら初夏の気分を味わっていただければ
大変嬉しいです。

クチナシ色素の安全性はどうなの?

クチナシ色素は着色料の事です。
クチナシの実を利用して色素を作成するのですが

あまりにも、香りが強いので色々な着色料として
使われています。

葉酸サプリメントには色付けにも使われています。

クチナシ色素には内訳で3種類です。
・クチナシ青色素、
・クチナシ赤色素、
・クチナシ黄色素
の3種類がありますが

クチナシ青色素と

※クチナシ赤色素は人体への影響が認められていませんので
安全性が高いのです。

ですから、絵の具と同じ要領でそれぞれの混ぜ具合によって
任意の色を作り出す事が出来るのです。

文字通り、クチナシ青色素は青色、
クチナシ赤色素は赤色、
クチナシ黄色素は黄色の色を作り出す事が出来るのです。

クチナシ色素の危険性は

しかし、クチナシ黄色素は
下痢や肝臓への影響が確認されていますので
摂口なっしの取する事は好ましくありません。

また、クチナシ色素と原材料に記載されている場合は
3種類ある内の何の色素が使われているのか

不明ですので心配ですが、
※レモン味をうたっている製品の場合は

毒性の強いクチナシ黄色素が使われている場合が多いので要注意です。

また、葉酸サプリメントにおいて着色料は本来不要です。

着色料を使わなくても
葉酸サプリメントは製造出来るのですから、
わざわざ余計な添加物が含まれているものは
摂らない方が安全性が高いと言えます。

クチナシの育て方
クチナシの栽培時期の画像

SPONSORED LINKS

栽培の特徴

花の咲く時期に生えてくる新しい枝に、
翌年の花芽が出来て来ますので

秋以降に剪定をすると、
翌年の花芽まで切り落として
しまう可能性がありますので、

花が終わった6月頃の早い時期に、
新しい枝をそのままにして、枝の剪定を行うと


●二期咲きの場合6月と9月に花が咲いてくれます。

このときは9月に剪定をします。

<水やりと肥料いついて
土の表面が乾いてきたら、
水をたっぷりとやってあげましょう。

冬は水やりを控えましょう。

葉が黄色くなってきますが、
元気がなくななったように見えますが、
そのままでも、春になると復活して来ます。

肥料は固形の肥料(油粕)を根元に撒いてあげましょう!

庭植えの場合は2月と8月の年に二回。

鉢植えの場合は年に1回、
8月に肥料を追肥してあげましょう!

鉢植えの場合は年に1回で充分ですので
これ以上は多すぎです。

<植え付け・植えかえ・種蒔きについて
クチナシは大きくなるほど地植えで
放置しておくと、根が物凄く成長してしまうので
適当に根を間引きしてやると
クチナシは大変丈夫なので、大きく成長します。

大きくなりすぎたら、鉢植えに切り替えては如何ですか

適当な大きさに剪定するのも方法です。


●地植えで育てることが多いですが、鉢植えも充分楽しめます。

根が詰まっているようでしたら、植え替えに切り替えましょう。

植え替えは5月前後か九月前後が好ましいのですが、
余りに詰まっているようでしたら、

冬以外なら適宜植え替えると良いです。

●剪定して切った枝葉をそこいら辺に投げていると
発根して株が増えてしまいますので・・・

管理場所や日当たりについて

クチナシは乾燥に弱いので、
真夏に直射日光がガンガン当たっていると、
乾燥して成長が阻害されてしまいます。

クチナシを植える場所は出来れば、
半日陰の場所にしてください。

鉢植えの場合は夏は半日陰の場所に移動させてください。

育てる環境はアジサイと似ています。
管理場所の理想は、
一日に数時間ほどしか日の当たらない「半日陰」の場所が良いです。

その他

クチナシはオオスカシバという虫害が多く付くので、
冬以外は薬剤が欠かせません。

オオスカシバの幼虫を軽く見ていると
一晩で丸坊主になることもあります。

早めの散布でクチナシを守りってあげましょう

虫除けには「オルトラン」が効果が抜群です。
一ヶ月に一回オルトランを根本に撒いておけば、
虫はかなり減らす事が出来ます。

クチナシの花言葉

初夏の風に鼻をくすぐる甘い香りを放つクチナシの花。
花言葉の
「喜びを運ぶ」

その香りにちなむといわれます。

また、アメリカでは男性が女性を
ダンスパーティーに誘うときにこの花を贈るそうです。

花言葉の
「とても幸せです」
は、
誘われた女性の気持ちを表しているのかもしれません。

クチナシは、ジャスミンのような香りがするので

英語では
「ケープ・ジャスミン(Cape jasmine)」

呼ばれています。
ケープは喜望峰(Cape of Good Hope)のことです。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!