SPONSORED LINKS

クレマチスのタイトル画像

つるがとても丈夫なことから、「鉄線(テッセン)」と
呼ばれて親しまれているクレチマスの花は
通称「テッセン」等と呼ばれています。
クレマチスは大変丈夫な花でありながら
形や色も美しい花なので花言葉も綺麗な言葉で
呼ばれています。
今回は、花言葉と種類の育て方について徹底解説を致します。

クレマチスの花言葉と由来について

花言葉は
『精神の美』
『旅人の喜び』
「旅人の喜び」
という花言葉は、
旅人が快適に宿泊できるよう宿の玄関に
クレマチスを植えて迎えていたという
ヨーロッパの風習に由来しています。

『策略』等と呼ばれています。

●西洋の花言葉
●mental beauty:精神の美
 クレマチスは、茎がとても細いのに対して
 花が大きく鮮やかなことから
「精神の美」という花言葉をもっています。

●ingenuity:創意工夫
●artifice:策略
「策略」という秘め事を覗わせる花言葉は、
 フランスの貧しい人達がクレマチスの葉の汁で
 自分の肌をかぶれさせて、
 通行人の同情を引いた事からつけられたとも
 言われています。

因みに花の色は

クレマチスの赤の画像

クレマチスのピンクの画像

白、
クレマチスの白の画像

青、
クレマチスの青の画像

紫、
クレマチスの紫の画像


クレマチスの黄色の画像
などの種類があります。

別名には
・鉄線(テッセン)(蔓が細く丈夫なので)
・風車(カザグルマ)(花の形からかも?)
等と呼ばれています。


いずれにしてもみんな綺麗な花弁は素敵です

特徴

ギリシャ語のKlema(つる、巻きひげ)が学名の
由来になっていますが、
アサガオやブドウのように巻きひげによって
よじ登るのではなく、

葉柄が支柱などにからみつきいて成長します。

クレマチスの魅力は、花が変化に富んでいる事です。
花といっても花弁に見えるのは、
萼片(がくへん)が変化して色がついたもので
雄しべとのコントラストも見何処と思われます。

葉の形や草姿も様々なので、
そして、花後にできる球状の果実も面白い形をしており、
花材にもなっています。

SPONSORED LINKS

多くはつる性の落葉植物ですが、
木立性や常緑のもの、芳香性のものもあり、
花期も四季に渡り楽しませてくれます。
この多様性が大変魅力です。

苗の選び方

挿し木をして一年以内の一年生苗と、
一年生苗をもう一年育てた二年生苗があります。

よい芽があり、枝がしっかりしたもので、
鉢底から根が出ているような株を選びましょう。

二年生苗の方が値段は少し高いですが、
初心者の方にはお薦めです。

植え付け

クレマチスは大変丈夫な花ですが、
幼苗は弱いので、1、2年生苗は一年間鉢で育てて、
丈夫にしてから、庭やコンテナに植えると良いでしょう。

・ 鉢植え;鉢に植える場合に、
クレマチスは根が傷みやすいので、
土と根をなじませるために、
竹箸などで用土を突き入れたりしないで
植え付け終了後、2~3回鉢をトントンと
地面に打ち付けて、根と土をなじませると良いです。

2年に1回は、一回り大きな鉢に根を
傷めないように気を付けて植え替えると丈夫に育ちます。

・庭植え;2年以上の株は真夏以外なら何時でも
構いませんが、
出来る限り休眠期(冬~早春)に植え付けます。

・日当たりに関しては、半日以上日が当たる処に、
花を眺める方向に空間ができるように
配慮して植えると花を鑑賞する事が出来ます。

株元に直接日が当たる処では、地温が上昇し、
夏の間に根が弱ってしまうので、
株元を覆う一年草などを植えると、
土の乾燥も防ぎ、泥はね防止にも役立ちます。

地中に1節以上入るように深植えして
立ち枯れ病が発生しても、
また地中から再生しますし、
複数の芽が地中から出ますので、
枝数が増え、早く株立ちになります。

殖やし方

さし木が一般的な方法です。

他には実生、接ぎ木、つる伏せ、取り木等の
方法もあります。

さし木は比較的簡単なので、
適期は4月下旬から8月上旬迄が最適です。

今年伸びた枝の少し硬くなったところを鋭利な
かみそりなどの刃物で、節がつぶれないように
2節つけてきれいに切り、
下の節の葉は切り取り、挿し穂として利用できます。

剪定の仕方

剪定をして株作りをしないと1本の枝が伸びるだけで、
花数も少なく、間が抜けた感じの株になってしまいます。

そして、生育の仕方によって剪定の仕方が変わって来ます。

旧枝咲き―前年伸びた枝(旧枝)の各節から新芽を
1~3節ほど伸ばして咲かせる方法は、

一季咲きの性質が強いので、
生育を始めると直ぐに咲きますので、

4月中旬から5月中旬と早咲きで大輪のものが多いです。

このタイプの種類
(モンタナ系、シルホサ系、
ユンナンエンシス系等)は

花後に弱剪定又は無剪定で成長します。

新枝咲き―前年伸びた枝は大半が枯れてしまい、
地際や地中からの新芽が10節ほど伸びてから、

節々に花をさかせる種類
(テキセンシス系、ビオルナ系、
ヘラクレフォリア系等)は、

多くは5月下旬から咲き始め、
四季咲き性が強いので、
花後に強剪定(強く切り詰める)と再び花が見られます。
剪定を繰り返すと、秋まで3~4回花を楽しめます。

新旧両枝咲きの場合には、前年伸びた枝の各節から、
新芽を5~8節ほどのばして花を咲かせ、
今年伸びた枝(新枝)にも花を咲かせられます。

5月頃から咲きだし、四季咲き性があります。
このタイプのものは
(多くの四季咲き性大輪種、タングチカ系、
テッセンの改良種等)は、

花後早めに剪定する事によって、
年に2~3回花を楽しむ事が出来ます。

剪定の仕方としては、
強剪定でも弱剪定でも、構いませんので
簡単に育てられます。

殖やし方

さし木が一般的です。
ほかに実生、接ぎ木、つる伏せ、取り木等の
方法もあります。

さし木は比較的簡単なので、
適期は4月下旬から8月上旬迄が良いです。
今年伸びた枝の少し硬くなったところを
鋭利なかみそりなどの刃物で、
節がつぶれないように2節つけてきれいに切り、
下の節の葉は切り取り、挿し穂として利用できます。

剪定の仕方

剪定をして株作りをしないと
1本の枝が伸びるだけで、花数も少なく、
間が抜けた感じの株になってしまいます。

また、生育の仕方によっては剪定の仕方は異なります。
旧枝咲き―前年伸びた枝(旧枝)の各節から
新芽を1~3節ほど伸ばして咲かせるものは、
一季咲きの性質が強く、
生育を始めるとすぐに咲きますので、
4月中旬から5月中旬と早咲きで大輪のものが多いです。

このタイプのもの
(モンタナ系、シルホサ系、
ユンナンエンシス系など)は
花後に弱剪定または無剪定で構いません。

新枝咲き―前年伸びた枝は大半が枯れ、
地際や地中からの新芽が10節ほど伸びてきてから、
節々に花をさかせるもの
(テキセンシス系、ビオルナ系、
ヘラクレフォリア系など)は、
多くは5月下旬から咲き始め、四季咲き性が強く、
花後に強剪定(強く切り詰める)と再び花が見られます。

剪定を繰り返すと、秋まで3~4回花を楽しめます。

新旧両枝咲き―前年伸びた枝の各節から、
新芽を5~8節ほどのばして花を咲かせ、
今年伸びた枝(新枝)にも花を咲かせます。

5月頃から咲きだし、四季咲き性があります。
このタイプのもの(多くの四季咲き性
大輪種、タングチカ系、テッセンの改良種など)は、
花後早めに剪定する事によって、
年に2~3回花を見ることができます。

剪定の仕方としては、
強剪定でも弱剪定でもよい任意剪定になります。

病害虫

うどんこ病、葉枯れ病、白絹病、
立ち枯れ病などを発生しますので、

・トップジンM水和剤、
・トリフミン水和剤等の殺菌剤を散布します。

アブラムシ、ナメクジ、ヨトウムシ、
シャクトリムシなどが発生しますので、
その場合には、捕殺したり、
・スミチオン乳剤、
・オルトラン水和剤、
・バロックフロアブルなどの
殺虫剤を散布すると良いでしょう。

病害虫
うどんこ病、葉枯れ病、白絹病、立ち枯れ病などが
発生しますので、その場合には

・トップジンM水和剤、
・トリフミン水和剤などの殺菌剤を散布します。

アブラムシ、ナメクジ、ヨトウムシ、
シャクトリムシなども発生しますので、
捕殺したり、
・スミチオン乳剤、
・オルトラン水和剤、
バロックフロアブルなどの殺虫剤を散布します。

まとめ

クレマチスの花は大変綺麗な花なので
何処の場所でも丈夫な植物なので、
充分楽しめられる花ですが
もう一つの特徴としては
蔓が長く成長する性質を持っているので
アーチ系の処でも楽しめます。
今回は花言葉の由来の他に育て方や
育てる時期の他に病気に対する対策法等を
記載しました。参考にして頂ければ幸甚です。
参照サイト 

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!