SPONSORED LINKS

チューリップのタイトル画像

チューリップの特徴としては
ューリップはユリ科の植物の球根から育つ花なのですが、
花が咲き終わった後に
掘り上げてあげないと翌年開花しない事もあります。

開花期も殆ど同じ時期に綺麗に咲いて呉れるので
世話が楽なのも特徴の一つです。

数種類、色を寄せ植えするよりも、
同じ種類や色をまとめて植えたほうが綺麗に
鑑賞できるのも特徴の一つではないかと思います。

チューリップを綺麗に咲かせる方法や球根の取り扱い方法と
咲かせる為の手入れの方法等を記載しています。

チューリップの品種について

チューリップの原産地はオランダです。

日本の球根も、育てやすく見栄えのする
品種改良が研究されています。

主な種類は、
早咲き種、
普通咲き種、
遅咲き種や、
草丈が短い原種系、
矮性種
などが存在しています。

また、咲き方で、
一重咲き、八重咲き、ユリ咲き、パーロットなど、
いろいろな品種があり、ぼかしや縞が入った、
愛らしいチューリップもありますので各々楽しみ方が
様々です。

チューリップの育て方のポイントは?

チューリップを上手に育てるコツは、
「有機質で水はけのよい土」で育て、
「地中深くに植える」、
「冬の寒さにあてる」ことが大切です。

水はけが悪いとすぐに球根が腐ってしまい、
浅植えでは茎が十分に育ちませんので注意しましょう。

また冬の寒さがなければ芽を出しませんが、
高温には弱いので、なるべく涼しいところで
育てる事をお勧めします。

SPONSORED LINKS

チューリップの球根を植えの時期と植え方

チューリップは、
種と球根から育てられますのですが
ただ、種から球根になるまでには
約5年位必要なので、
種から球根を育てる方法はお勧めできません。



球根から育てるのが一般的な栽培方法なのです。


球根を植えの時期は
植え付け適期を10~11月上旬より遅れると、
球根が根を張らないので注意が必要です。

また、球根を植える時に適当に浅く植えてしまうと、
根の力で球根が上に持ち上がって、一部が
地上に表面に出てくる事がありますので
少し深めに植えるようにしましょう!

チューリップの土作り、水やり、肥料のコツは?

土作りの画像
チューリップの肥料作りの画像

チューリップの土作りに使用する材料は
腐葉土 堆肥 枯れ葉 落ち葉 網 肥料等を利用します。

チューリップは、水はけのよい土を好むのです。

鉢植えであれば、赤玉土(小粒)6:腐葉土3:川砂1の割合で
混ぜた土を利用すると良いでしょう。

地植えであれば、腐葉土を庭土の3割くらいまぜ、
さらに草木灰や堆肥などを混ぜ込んで
1〜2週間ほど寝かせておくと、
肥えた土壌が作れるのです。

まとめ

このサイトでは
チューリップの品種について
チューリップの育て方のポイントについて
チューリップの球根を植えの時期と植え方について
チューリップの土作り、水やり、肥料のコツについて
記載しました。
結果的にここに記載した通りに作業を進めて行けば
きっと素晴らしいチューリップを楽しむ事が出来ますので
是非参考にして頂ければ幸甚です。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!