SPONSORED LINKS

リーマンショックの画像

世界経済を震撼させる出来事が発生しました。
この事によって、世界経済を震撼させる出来事が発生
事件が発生したのは、2008年9月15日。
最近では、バブルが崩壊したのは、リーマンショックの性だと
全世界の経済担当者や一般の私達も口にする様になりました。
今回は、リーマンショックとは何かについて
わかりやすく原因などを解説したいと思います。

リーマンショックとは何か?

アメリカ、ニューヨークの大手投資銀行の
リーマン・ブラザーズが2008年9月15日に
経営破綻したことによる世界中の
一連の経済パニックの事です。

この事件が発覚して全世界の投資会社が
多大な影響を被り経済が破綻に陥ってしまう
恐ろしい事件でした。

この状態を。リーマンショックと呼ぶようになりました。

リーマンショックの由来?

リーマンショックの由来について調べてみました。

ドイツに在住のリーマンという3兄弟が
1850年にアメリカで起業した会社です。

もともとは綿花の取引を業務の中心とする
会社だったのですが、後に投資業務を開始して
金融業界にも進出したのです。

金融業界において会社の規模を大きくすることに成功し、
アメリカで第4位にまで発展をし

全米で第4位という数字から、
如何にリーマン・ブラザーズが名門投資銀行であったかが
想像できます。

サブプライムローンについて

リーマン・ブラザーズが名門投資銀行として
多額の資産と資金を保有していたので
如何にして、多額の資産と資金を運用して利益を拡大するかを
考案してから、運用する方法として
サブプライムローンを確立しました。

元来のローンよは
購入の費用を金融機関などから前借りして
働きながら少しずつ返済する、
というのが基本的な仕組みです。

投資者がローンを利用するには
①一定の水準を超える収入がある人(金融機関によって水準は異なります)
②安定した収入を確保し続けられる人
この、二つの条件を満たす人にのみ、お金を貸すのが基本的な考え方です。

そこで、低所得者に対して(高い金利でも)
お金を貸し出す仕組みを構築したのです。

その方法とは、
ローンを返済できなくなったら担保にした家を
引き渡すだけで、それ以上の請求がないことです。

本来、家のローンを支払えなくなった場合には
担保にしていた家や土地に加えて、

それらではまかないきれない残りの費用も
その後返済し続けないといけません。

しかし、このサブプライムローンはそうしたリスクもなく、

いざとなったら家を返してアパートなどに移り住めば良い。

これらの条件が消費者の住宅購買意欲をかきたてていたのです

サブプライムローンは
「元金+利子分」を住宅金融会社から証券化して買い取り、

投資銀行が住宅金融会社に変わって負債者からの
借金を受け取る、
この方法を債権化したのがサブプライムローンです。

SPONSORED LINKS

リーマン・ブラザーズの破綻に経緯

リーマン・ブラザーズが経営破綻に追い込まれた背景には、
2007年まで続いていた住宅バブルを形作った
「サブプライムローン問題」の波状問題から始まるのです。

「サブプライムローン問題」とは、

当時アメリカ経済が安定していたので
全米の住民の方々が住宅を購入したい方々が多くいましたので
比較的に簡単に低所得者も購入したのです。

購入した住宅は好景気の影響で、購入した元金よりも
高く処分できる状態が続いたが

そのような状態で、購入した住宅の価値が、上がってきたので
投資を目的に住宅を購入し、安く買っても高く売れるので
住宅市場は大変な人気になって来たのです。

★この様な現象はあまり長く続きませんでした。

ところが、アメリカの景気が多少悪くなってきたので
今度は購入した住宅が値下がり傾向になり

住宅購入資金をローンで支払う方式で、住宅を多くの方々が
購入しましたが
ローンの支払金利と元金を毎月支払えなくなってしまい
不良債権と呼ばれる住宅が増えてきたのです。

こうなってくると、住宅購入資金を貸し付けていた金融機関の
利益が上がらなくなってきたのです。

貸し付けた金額が返済されなくなり、金融機関は、不良債権が
多くなってきたので、一部の金融機関が倒産してしまった現象が
発生してしまいました。

このリーマン・ショックにはじまる金融不安は
その後のアメリカの政治にも大きな影響を与えました。

ニューヨークは世界経済の中心ですから、
経済動向はあっという間に世界に波及してしまいました。


債権を「証券」として売り出す
ことで、
投資銀行はリスク対策を行っていた。

まとめ

サブプライムローンの意味は
・サブ(sub):2番目、格下、控え。
・プライム(prime):最も重要な、主要な、最高位の
・ローン(loan):貸付金
上記の事です。

ローンというのは、
購入の費用を金融機関などから前借りして
働きながら少しずつ返済する、この事が基本でした。

投資銀行が債権を買い取っても、
負債者が負債のローンを返せなくなってしまったら、
投資銀行に大きな損害が出ることになります。

そのような場合に備えて、
投資銀行は債権を「証券」として、売り出しを行っていました。

ところが、FRBの金利引き上げが契機となって、住宅バブルが崩壊したのが
リーマン・ショックになったわけです。

こうして不良債権が増加したことによって、
このサブプライムローンを買い込んでいた投資銀行や、
証券会社などが大ダメージを受けました。

家は1件1件がとても高額であるため、
バブル崩壊の影響は甚大なものとなります。

住宅バブルが起こっていた時には、
たくさん仕事があった住宅関係の会社は、
仕事が激減してしまいます。

企業は倒産を免れるために人件費を削減し、
多くの解雇者が生まれてしまいました。

そして、このサブプライムローンに
深い関係のあった大手投資銀行の1つ、
リーマン・ブラザーズも
倒産に追い込まれることになったのです。

企業が倒産しそうになった時、
アメリカ(日本でも)では、
大企業が買収合併をして救済することがあります。

それは、その国の政策により、救済する方法が
あったのですが、各種の理由で救済出来なかったので
世界中の経済不況に至った訳です。

ここでは、リーマンショックとは何かについて
簡単に説明致しましたが
実際には大変奥の深い問題ですので簡単に説明させて
頂きました。
一部解りにくい文章もありますがご容赦下さい。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!