SPONSORED LINKS

熱い季節が到来すると汗が吹き出し
清涼飲料水欲しくなって来ます。
今回は、熱い季節に良く飲まれる飲料水の
シークワーサーの原液の上手な飲み方
について解説しています。

・シークワーサージュースの場合

一般に市販されている
シークワーサージュース
は、

糖分や水分で味を調整し加工されていますので
大変飲み易く加工されていますので飲み易くなっています。
 
しかし、飲み易さを重視して、加工されていますので
どうしても、どうしても糖分や水分が多くなっていますので
有効成分である
「ノビレチン
」等の含有量が少なくなっています。

また、シークワーサーは果物の中でも

カロリーが低くヘルシー
なのですが、
加工されていると糖分が多く入り過ぎている
事もありますので、
ダイエットや健康目的で飲む場合は注意が必要です。

シークワーサーの原液の場合


シークワーサー
が原液の場合には、
自分の好みの甘さや味に加工して飲用出来ますので
濃度を変えたい人はおすすめです。

最近では、シークワーサーの
有効成分であるノビレチンやクエン酸、
ヘスペリジンの含有量を重視して
ジュースとして、売られているものでも
原液のものが多いようです。
 

また、ダイエットや健康目的で飲む場合は、
あとから自分で甘さなどを調整できる
果汁100%の原液のものを選ぶ事をお勧めします。

・シークワーサーとは?


シークワーサー
とは、
沖縄県を主産地とするミカン科の常緑木です。

沖縄から台湾にかけて自生している
柑橘系の樹木としても有名です。  
 
特に、シークワーサーの生産が多く栽培されているのが、
沖縄本島の北部にある大宜味村(おおぎみそん)で、

日本一
と言われています。
 

大宜味村の人口は3500人ほどの小さな村なのですが、
なんと
90歳を越える長寿者が80人も
元気に生活を送っている長寿村
としても有名です。

この様な理由で、沖縄県では特産品として、
シークワーサーをたくさん栽培されているのです。
 

シークワーサーは鹿児島県や和歌山県でも、
わずかですが生産されています。
 


沖縄県の方言で「シー」はすっぱいを意味し、
「クワーサー」は食べさせるという意味
があるのです。
 

そして、呼び名も「シークワーサー」と言われていますが、
実はこの呼び方は沖縄県の方言なのです。

和名では「ヒラミレモン」と呼ばれています。

・シークワーサーの人気の原因?


シークワーサーの人気の秘訣は

何といっても、豊富な天然の栄養素では
ないでしょうか?

現代の健康ブームにおいて、
様々な果物が取り上げられている中でも、
シークワーサーの名前は
一般的に有名になっています。


市販されているシークワーサーは、
熱い季節に飲んでみると大変爽やかな
気分を味わう事が出来ます。

・シークワーサーの原液の場合の飲み方

シークワーサーが原液の場合は、
自分の好みの甘さや、爽やかさの
味に仕上げられるので
自分好みの味に加工して飲むことが出来ます。
 
最近では、シークワーサーの有効成分である

ノビレチンやクエン酸、ヘスペリジン
の含有量を重視して
ジュースとして、売られているものでも
原液のものが多いようです。
 

・シークワーサーの原液の加工方法

シークワーサーは原液で
売られているものが多く、


50mlの原液を5~8倍に水で薄めて、

はちみつや砂糖、シロップ等ご自分の
お好みの味にして甘さを調整して飲みます。

あらかじめシークワーサージュースとして
加工されているものは、
そのまま美味しく飲みますが
 

のどごしを楽しみたい場合には、
水の代わりに炭酸水で割ると
シークワーサーの酸味が引き立ちますので
美味しく飲むことが出来ます。

焼酎やカクテル、サワーなどで割って飲むと
美味しく飲むことが出来ます。
 

SPONSORED LINKS

寒い時期は、
水の代わりにお湯で割って飲むと
カラダも温まり、シークワーサーの
クエン酸パワーで疲労を回復させられるかも・・・



・シークワーサーの期待できる効果は

・糖尿病予防!血糖値を下げる効果


血糖値を下げるホルモンはインスリンです。

シークワーサーに含まれるノビレチンは
インスリンの働きを促進してくれます。

・血管の老化を防ぐ効果


ビタミンCが豊富であるために、
血管の老化を抑制してくれます。

さらにビタミンCの破壊を抑制する
ヘスペリジンが含まれていますので、
壊れやすい豊富なビタミンCを
体に届けやすくする働きもあるのです。


ビタミンCには、一般的に、
老化防止や美白、美肌、免疫機能を
高める風邪予防効果など
があるのです。

また、新しい研究では発がん抑制や

リウマチ炎症にも効果的
であることが
発見されているそうです。

シークワーサー自体に抑制作用や
予防に繋がる成分が多く含まれているのです。


・シークワーサーの成分は

・【ノビレチン】

フラボノイドには抗酸化作用が有効なので種類も多く、
その1つはノビレチンなのです。

ノビレチンには血糖値を下げる為の
インスリンの働きを補助しますので
血糖値の上昇を抑える働きがあると
注目を集めています。

その他に、発がん性抑制作用や
慢性リュウマチの予防治療にも
効果があるといわれておりますが、
さらには抗認知症作用で

記憶障害改善作用、
脳コリン作動神経変性抑制効果アルツハイマー病の
原因物質沈着抑制作用、
神経成長因子効果などの研究も進んで
注目されております。

シークワーサーは
そのノビレチンが柑橘系の中でも
飛び抜けて含有量が多いので
100g中に温州みかんは24mg、かぼすは89mg、
ポンカンは127mgなのですが
シークワーサーは267mgも含まれているんです。

このノビレチンは果皮の部分に多く含まれていますので
絞る時に皮をつたって絞るように
すると栄養価も高く効果があります。

・【ビタミンC】

皮膚や血管の老化を防いで
免疫力アップさせる効果を発揮します。

シークワーサーには壊れやすい
ビタミンCを安定化させるヘスピリジンが
含まれていますので効果を
減少させる心配も有りません。

またビタミンCは
コラーゲン生成に不可欠な栄養素でも
ありますから、

皮膚や骨血管を丈夫に保つ働きもあります。

さらに
シミのもと
である
メラニン色素の生成を防ぐ働きもあり
美肌ビタミンの代表的な存在でもあります。

また強い抗酸化力を持ち免疫力を
強化する働きもあります。

さらにストレスは精神的緊張、
不安だけでなく寒さ暑さ睡眠不足なども
ストレスを与える要素になり
ビタミンCが大量に消費されるのです。

・【ビタミンB1】

糖質代謝を促しエネルギーに
変換して、疲れにくくする働きがあります。

脳や神経にもとっても大切で
中枢神経や手足の抹消神経を
正常に働かせる働き名等もあります。

ビタミンB1をとると
その働きを助けるので集中力が増し
記憶力が向上しますが
逆に不足するとイライラなどの症状や
筋肉痛・倦怠感・食欲不振・記憶力の
低下などが現れてくることがあります。

・【クエン酸】

柑橘類に多く含まれる酸で人
間の血液中に一定の割合で含まれています。

カルシウムや鉄などの吸収されにくい
脂溶性のミネラルを
水溶性に変え吸収を良くもしてくれます。

運動時などに生成される
筋肉中の疲労物質の乳酸を
分解して疲労回復を早める働きもあります。

・【精油成分】


d–リモネン、ピネン、テルピネンが
多く含まれています。

d–リモネンは
香りの成分でリフレッシュ、
リラックス、食欲促進効果があるのです。

ピネンとテルピネンは
消毒殺菌作用があるのです。

・シークワーサーの利用方法

●料理の隠し味や薬味にする
●柚子やレモンの代用にする
●マリネのお酢の替わりにする
●ドレッシングに混ぜる
●揚げ物や焼き魚にかける
●肉料理にかける
●スムージーにする
●ジャムに加工する
●ゼリーにする
●お菓子作りに加える

この様な多彩の利用方法がありますので
上手に利用しては如何でしょう!

・編集後記

今回は、爽やかで美味しい
シークワーサーに関する管理者が感じた
内容を掲載しました。
特にシークワーサーの産地の情報や
美味しいシークワーサーの原液の
加工して飲む方法や利用方法とか
シークワーサーに含まれている成分とか
飲用した時の効果なども掲載いたしました。
いずれにしても、非常に安価に手に入る飲料水の
原液ですので美味しく召し上がっていただいて
長生きが出来ればこんな良い事はないかと思います。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!