SPONSORED LINKS

眠いタイトル画像
寝ても寝ても眠いのには、どんな原因があるのかを
調べて、少しでも早く健康な日常生活を送りたいのが
誰でもわかっている事ではないでしょうか?
今回は、眠気を止めて原因を追究して健康な状態にする方法を
調べて見ました。

眠れない原因について

夜更かしは睡眠の大敵

最近は、生活状況も大分進歩してきていますので
テレビ鑑賞やパソコンによるインターネットサーフィン等で
夜更かしをしてしまう要素が沢山増えてきています。

その他には、小学生でも深夜0時以降まで起きている
子供が増えている様なデータもご存知ですね

結果として、単純に睡眠時間が短くなってしまい
日中に眠くなってしまう状況になってしまいます。

ですから、自律神経が乱れてしまう原因になってしまうのです。

自律神経には、身体を活発に活動させる交感神経と、
身体を休息させる副交感神経とがあります。

夜になると副交感神経によってリラックスして眠くなり、
明け方になると副交感神経が働いて体が活発になり
目覚めるのが通常です。

自律神経のバランスが崩れてしまうと
夜中に交感神経が活発になって眠れなくなったり、
日中に副交感神経が働いて眠くなったりの
現象になってしまうのです。

睡眠時間が長すぎた場合の対処方法

睡眠時間が長すぎると、逆に体が疲れてしまう
傾向があるのです。

結局、眠りが浅くなってしまい、
脳が十分に休息をとることが出来なくなってしまいます。

なので、休みの日等に寝溜めをしてしまうと、
逆効果になるので気を付けてください。

また、睡眠時間が長い人は死亡率が高いというデータもあります。
10時間以上寝ている人は、4~5時間の人よりも
死亡率が高くなっています。
そして、4時間以下の人も、死亡率が高くなるようです。

ベストなのは7~8時間といわれているので、
自分なりに睡眠時間を調節してみてください!

体温が低くなっている場合の対処方法

通常、人間の体温は朝起きた時は36度程度の低い状態で、
日中になるにつれて36.5度くらいまで上昇します。

そして、夜になると少しずつ低下していく
サイクルとなっています。

すなわち、人は体温が下がると眠りやすくなり、
体温が上がると覚醒しやすくなる傾向にあります。

この体温リズムが崩れてしまうと、
睡眠の質が著しく低下してしまいます。

夜に覚せい状態になってしまったり、
日中に眠気が襲って来たりしてしまう傾向があります。

特に注意するには、冷房のかけ過ぎない様にしましょう!
とかく夏場などには

ですから、寝ても寝ても眠いという人は、
低体温である可能性が高い傾向にあるのです。

常に体温が低い状態だと活動量が低下しますし、
睡眠覚醒のサイクルも乱れてしまうからですね。

低体温状態は自覚するのが難しいので、
日頃から体温が下がらないように
意識をする様に心がけましょう!

低体温になってしまう4つの原因と対処法

特に注意するのは、
冷房のかけすぎが原因の一つです。

室温が下がりすぎると低体温になってしまう
傾向があるので注意が肝心です。

人間の体は体温が上がりすぎないように、
夏季には、冷房には注意する事が大切なのです。

自宅ではこまめに温度調節をして、
オフィス等では、寒い時には膝掛けや
上着などを利用して、体温を維持出来る様にしましょう。

食生活の乱れに注意

東洋医学においては、体を温める「温性」の
食べ物と体を冷やすには「冷性」の食べ物が
存在すると言われといます。

例えば、色の濃い野菜は温性、
色の薄い野菜は冷性なのです。

故に、食材を選ぶ時には、
温性のものを選ぶと良いでしょう!

食べるものによって、体温は大きく変化します。
暖かいものを食べれば体温が上がりますし、
冷たいものを食べると体温は下がります。

ですから、体温ばかり気にするよりも
冷たいものは、避ける様にしましょう

運動不足は不眠には大敵です。

普段、身体を動かさない状態が続いていると、
全身の筋肉は衰えてしまいます。

筋肉を動かすことで熱を生むのですので、
筋肉量が少なくなると体温が下がりやすく
なってしまいます。

特に、下半身の筋肉は全体の70%ほどを占めいますのから、
これが低下してしまうと心臓に血液を戻せなくなってしまい
血行が悪くなってしまうのです。

血行が悪くなってしまうと全身の臓器の働きも
弱くなってしまうので、体温は下ってしまいます。


日頃から歩く習慣をする事
によっても、
筋力を維持できるので睡眠にも影響します。

お風呂に入るときの注意事項

お風呂に入ることによって体温を上昇させられますが、
シャワーを浴びるだけでは十分な効果は得られません。

シャワーだけで皮膚の表面だけを温めてしまうと、
体温が放熱してしまうので
逆に体温が下がりやすくなってしまいます。


夏場であっても湯船に浸かる様にしましょう。

40度位のお湯に10分浸かる事によって、
体温は2度上昇すると考えられていますので

体温を上げるためには、最も効果的な方法なのです。

湯船に浸かって体を温めると、
副交感神経が優位になって眠りに入りやすくなります。

SPONSORED LINKS

湯船に入る事で、深く眠ることができるようになるので、
日中の眠気も解消される可能性が増えて来ます。

飲み物にも注意

低体温の状態を防ぐには、
飲み物に気を付ける必要があります。

冷たい水やジュースなどばかり飲んでいると、
体温は下がる一方なのです。

ですから、身体を温める飲み物を選ぶように
する習慣をつけましょう。

では、どんな飲み物が良いのかを少し説明しましょう


・ホットミルク

ホットミルクを飲むことによって、
身体を温める効果があります。

牛乳に含まれている成分には
・トリプトファンが含まれております。
これに安眠効果があるとされています。

体内に入ったトリプトファンは、
セロトニンという物質に変化して、
それが代謝されてメラトニンに変わるのです。

メラトニンは眠りを誘導するホルモンですので、
これが増えることで睡眠の質が上がる効果を発揮します。

その他には、牛乳に含まれるカルシウムやペプチドには、
精神を安定させてリラックスさせる働きもあります。

ですから、眠りに入りやすい状態を発揮します。

故に、食後や寝る前などに、
ホットミルクを飲むと効果を発揮しますので
お薦めです。


・蓮の葉のお茶

蓮の葉には、数種類のアルカロイドが
豊富に含まれていますので
これによって自律神経が正常化して、
精神を安定させる効果があります。

余談ですが、ベトナムでは、
蓮の葉茶は不眠症の薬として、利用されています。

実際に、ベトナムの大学での実験により、
蓮の葉茶による不眠症の改善効果が実証されています。

作り方は、熱めのお湯に注ぐだけで
蓮の葉茶を作るだけです。

蓮の茶を飲んでみますと
体温の上昇と安眠効果で、
睡眠の質が効果として発揮します。


・ウイスキーのソーダ割り

ウイスキーのソーダ割りを飲むと睡眠効果が発揮します。
お酒を飲むことにとって、体温を上昇させることができます。

飲みすぎると眠りが浅くなってしまいう傾向にありますが、
適量であれば睡眠の質も向上するでしょう。

おススメなのが、ウイスキーののソーダ割りがあります。
アルコール度数が高いのですぐに体が温まって来ますので、
炭酸が胃を刺激するので内臓が活発になり
体温が上がりやすい効果もあります。

その他には、砂糖を少し加えるだけで、
甘さの効果によりリラックス効果も得られます。

寝る前にコップ一杯飲む事によって、
熟睡することが発揮されます。


タイミングとしては、寝る1時間前くらいが良いでしょう。


くれぐれも、飲み過ぎないように注意してください。


・サフラン

サフランとは、
パエリア等のブイヤベースのスパイスとしてスパイス
利用されるものです。

このスパイスには、脳の機能を高めたり、
高血圧や動脈硬化などに効果があるとして注目されています。

そして、睡眠の質を高める作用もありますので、
不眠症の人を対象とした健康食品としても、販売されています。

代謝をアップさせて身体を温めるので、
低体温も解消に効果を発揮しますので、
お薦めです。

摂取方法としては、
「サフラン水」を飲むことで効果を発揮します。

ペットボトルの水に、サフランを
2~3本浸しておくだけで完成します。
日頃から飲むようにすれば、効率よく
摂取することができます!

・グリシン
人間は、深い眠りである「ノンレム睡眠」と、
浅い眠りである「レム睡眠」を交互に繰り返しています。
ノンレム睡眠とレム睡眠を交互に4~5サイクル繰り返して、
朝に覚醒するのが正常な状態なのです。

しかし、低体温の人はレム睡眠が繰り返されて、
脳と体が十分に休まらないまま目覚めてしって
日中に眠気が襲ってくる可能性があるのです。

グリシンという成分を摂取すれば、
ノンレム睡眠が高い確率で現れることが証明されていますので

しっかりと休息を取ることができるのです。

日中に活動的となり体温が上昇するということです。

グリシンが多く含まれる食品は、
クルマエビや伊勢海老、ウニやホタテなどの
魚介類などにふくまれています。

また、肉類にも豊富に含まれています。

栄養補給にはサプリメントを使おう

サプリメントを上手に利用しましょう!

睡眠の質を高めるサプリメントは
たくさん発売されていますが、

市販されているサプリメントを使う事によって
日中に眠くなることも防げます。

継続的に栄養補給をするのなら、
サプリメントは欠かせません。

思い切って、食生活を変えてみましょう!

食生活を変えれば低体温を解消できる可能性が大きく変わります。

食生活は睡眠には、重要な要素なのです。
食生活は、正しいリズムで行う事が大切なのです。

朝食を抜いたりすると、栄養が不足してしまい、
体内で熱が発生しませんので
朝食は欠かせない要素の一つなのです。

特に、朝食を食べないと、
体のエンジンが掛からないので
体温が低いままとなってしまう傾向になります。

栄養バランスが悪いことによって、
精神にも悪影響を与えてしまうので、
睡眠の質を悪化させてしまうのです。

まとめ

如何だってでしょか?
睡眠不足という状態では決して健康な生活を謳歌する事が
出来ないのが現状です。
今回記載した内容を読んで頂くことによって少しでも
参考になる記事を掲載しました。
眠気を覚まして、毎日の生活を楽しく過ごせます様に
下記目録を記載いたしました。
眠れない原因について
睡眠時間が長すぎた場合の対処方法
体温が低くなっている場合の対処方法
低体温になってしまう4つの原因と対処法
食生活の乱れに注意
運動不足は不眠には大敵です。
お風呂に入るときの注意事項
飲み物にも注意

最後までお付き合い感謝いたしす。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!