SPONSORED LINKS

歯が痛い タイトル画像

歯が痛んで眠れない時には困ってしまいますね
歯が痛い原因について
歯が痛い時の症状は、

  • ・我慢できない症状の時の対処方法
  • ・仕事中などで歯が痛んでしまう症状の対処方法
  • ・夜中に急に歯の痛みが出た時の対処方法
  • 等が考えられます。

    今回はこれらの原因や対処方法と応急処置について
    解説致しましたので、是非参考にして下さい!

    ■歯が痛い時の原因は?

    歯が痛い時の原因について各項目別に
    解説しましたので、是非参考にして下さい。

    ▼冷たい物を食べた時に歯がしみる時には

    この場合に考えられる症状では

    知覚過敏の可能性が考えられます。

    この場合には、根の表面の象牙質が露出する事によって、

    冷たいものに対して敏感に反応する時があるのです。

    知覚過敏用の歯磨き粉の使用したり、フッ素塗布を行う事によって、

    象牙質表面の神経の細かい穴を封鎖する様にしましょう。

    こうする事によって、1,2カ月程度で

    改善される可能性がありますよ!

    ▼冷たいものや甘いものを食べた時にしみる?

    この様な症状の場合には、


    虫歯が深くなっている可能性があるのです。

    虫歯の表面のエナメル質から象牙質に入ってくると、

    象牙質には神経とつながる管が走っているので、

    冷たいものや甘いものなどの刺激で痛みを感じる事があります。

    この時点ではまだ一時的な痛みなので

    すぐに痛みは解消されます。

    ▼温かいもを食べた時に歯がしみる時

    この場合には、
    虫歯が神経の近くまで来ている可能性があります。

    虫歯が象牙質の深いところまで入ってくると

    温かいものがしみるようになる可能性があります。

    この場合には、虫歯菌が神経に近いのか、

    神経まで達している可能性が高いのです。

    神経を残せるかぎりぎりのところです。

    できるだけ早めに治療し、

    神経を残すような治療を心がけましょう!

    ▼歯に激痛があるとき

    この場合には、
    虫歯が神経まで達している可能性があります
    ので、

    歯の中で神経が腫れて膨れ上がると歯に激痛が発生するのです。

    この場合には、神経を抜き取る処置が必要なのですが、

    歯の中で血液があふれかえっているため麻酔が効きにくく、

    治療にも痛みを伴います。


    この治療は当然、歯医者さんに治療して頂く事をお勧めします。

    ▼夜寝ているときにズキズキするとき

    この症状の時には、虫歯が神経の一部を腐らせてしまっているので、

    部分的に神経が残っている可能性があるのです。

    ですので、体が温まった時に痛みを感じる事になるのです。

    虫歯菌が根の先から出てしまう前に

    常日頃から、根の消毒をするとによって改善されますので


    常日頃の歯磨きが大切です。

    ▼歯が痛い原因は

    歯が痛い時の原因については

    下記に記載した内容がありますので

    項目の内容を参考にして応急処置や対策を行いましょう!

    ▼噛んだ時に痛いときには

    虫歯菌が歯の周りの膜(歯根膜)まで入ると

    噛んだ時に痛みが出ます。

    この膜は噛んだ時に硬い、

    軟らかいなどを判別する膜で、

    この膜に痛みが出始めると

    根の治療をしても痛みが取れるのに時間がかかります。

    ■我慢できない症状の時の対処方法及び応急処置?

    この様な症状が発生してしまうと、大変辛くて

    精神的にも落ち着けない状態になって困ります。

    そこで、今回は応急処置として


    市販の痛み止めの薬を紹介いたします。

    その商品は「ロキソニンS」をお勧めします。

    「ロキソニンS」の薬は画像をクリックすると購入できます。

    「ロキソニンS」を服用する事によって

    歯の痛みは痛みの中でもとても強いものなので

    痛み止めで一時的に痛みを抑えることができます。

    「ロキソニンS」は掛かり付けの歯医者さんで、

    処方される痛み止めの成分とほぼ近いものですが

    注意事項を確認の上、服用して下さい。

    ただし、痛みが一時的に引いてもまた繰り返すか、

    虫歯菌がもっとひどくなる場合があるので、

    早めに歯医者で診てもらう事をお勧めさいます。

    ▼歯を冷やして痛み止めを和らげる応急処置

    歯の痛みは、歯の中にある血液が多くなってしまい

    神経を圧迫することによって起こるのが原因として

    考えられますので

    歯を冷やすことによって、血液の流れが遅くする

    事によって歯の痛みを和らげることが出来ます。

    その方法は、


    冷水や氷などを口に含んで歯を直接冷やす方法と


    市販の「冷えピタ」等を張ってほほ側から冷やす方法

    あります。

    今回は、市販の「冷えピタ」のサイトを見つけましたので

    参考にして下さい。

    市販の「冷えピタ」は画像をクリックすると購入できます。

    SPONSORED LINKS

    ▼詰まっている食べカスを取って歯の痛みを和らげる方法

    何となく歯が疼いたり、少し違和感がある場合があります。

    その様な場合には、食べカスや細菌が歯や歯の神経を圧迫して

    痛みが引き起こされている可能性があります。

    歯や歯茎に食い込んでしまっている食べカスは

    違和感がありますので

    歯ブラシなどできれいにすることによって

    痛みが軽減する事が出来ます。

    ▼虫歯の痛みを一時的に和らげる方法

    この方法は、特に虫歯の痛みを和らげる方法です。

    その方法は、

    市販されている正露丸を

    痛みのある虫歯に適量に詰めて痛みを和らげる方法です。

    「正露丸の主成分の日局木(もく)クレオソートが、

    歯の鎮痛鎮静や根管の消毒用として使用されていますので

    この方法は、痛みのある虫歯に適量を詰める事によって

    一時的な歯痛の痛みを和らげる方法ですので、

    虫歯そのものを治療する効果はありません。


    あくまでも、歯痛を和らげる時だけをお勧めします。

    市販の「正露丸は画像をクリックすると購入できます。

    この正露丸は歯科医で適切な虫歯治療を行った後に使用する様にして下さい。

    ■歯が痛い時に絶対やってはいけない事

    ここからは、歯が痛んだ時にやってはいけない事について

    解説致します。

    歯が痛むとなんとなく自分で知識もないのに

    何でもやってしまう事がありますが、

    この様な軽はずみな行動は避けましょう

    つぎにコーナーではこれらについて詳しく解説致します。

    ▼痛い歯をいじってはいけません

    歯が痛んでいる状態で、歯の周りの汚れを取ることはいいのですが、

    歯を揺さぶったり、

    たたいたりしても痛みは変わらないのです。

    特に、刺激が加わり痛みが強くなる可能性があるので、

    痛い歯は安静にすることが大切です。

    ▼アルコールを飲む?

    歯が痛んでいる時には、アルコールを飲んで楽に成ろうとして、

    しまう事があるかもしれませんが

    アルコールを服用すると

    中枢が麻痺してしまい、

    一時的には痛みを忘れることができますが、

    そんな時には、血液の循環が良くなってしまい、

    その後強い痛みに襲われてしまいますので


    アルコールを飲む事によって良い事はありません。

    ▼熱い風呂に入ったり、激しい運動をするのはいけません

    血圧が上がるようなことは避けましょう。

    原因は、血圧が上がると痛みがある歯の血液の循環が良くなり、

    血流で神経を圧迫し、痛みが強くなってしまいます。

    また、体を温めると同様に痛みが増します。

    ■歯が原因ではない痛みについて

    歯の痛い症状の対策については全項目で

    解説致しましたが、

    ここからは、原因ではない痛みや症状について

    解説しますので参考にして下さい。

    ▼副鼻腔炎で歯が痛い場合

    鼻の病気から来る副鼻腔炎によって

    歯が痛くなることがあります。

    原因としては、副鼻腔は上の歯の奥歯の根に接しているため、

    副鼻腔炎になると歯が痛くなることがあるのです。

    治療法は、鑑別診断を行って抗生物質で治る事があります。

    ▼咀嚼筋(そしゃくきん)の痛みによる歯痛の場合

    噛む力を発揮する筋肉を咀嚼筋(そしゃくきん)と言いますが

    この中で歯に近い咬筋(こうきん)や側頭筋(そくとうきん)の

    痛みから歯が痛くなることがあるのです。

    改善の方法としては、筋肉の緊張をほぐすマッサージなどの

    治療をする事によって改善される場合があります。

    ▼帯状疱疹(たいじょうほうしん)で歯が痛い場合

    水ぼうそうを起こすウイルスが

    原因での急性の神経の炎症です。

    虫歯の痛みと同じような強い痛みが出ますが

    歯に何の異常もなく、

    激痛が出た場合は、この病気を疑ってみる必要があります。


    この場合には、皮膚科への治療をする様ににしましょう

    ▼三叉(さんさ)神経痛で歯が痛い場合

    顔の感覚をつかさどる三叉神経が、

    血管の圧迫により三叉神経に異常を起こして

    疼痛の原因になると考えられています。

    歯にピリッとした痛みが長期的に起こっていることが多く、


    この様な症状がある場合には耳鼻科の治療を受ける様にしましょう

    ▼偏頭痛、脳腫瘍などで歯が痛い場合

    偏頭痛ゃ脳腫瘍など脳神経が原因による痛みで

    歯が痛くなることが時々あります。

    頭が重かったり、頭痛を伴ったりした場合には


    脳神経外科の診察をうけるようにしましょう!

    ▼狭心症、心筋梗塞などによって歯が痛い場合

    狭心症や心筋梗塞が原因で歯が痛くなることがあります。

    息苦しくなったり、疲れやすかったりしていて、

    歯に痛みがある場合には


    循環科の診察を受ける事をお勧めします。

    ▼うつ病などによって心因性による歯痛の場合

    うつ病などが原因によって、心因性の疾患で

    歯が痛くなることがありますがその場合には、

    歯科的には何の兆候もなく痛みが出ることが多くあります。

    その場合には、
    精神科の治療をお勧めします。

    ■関連サイト

    ■まとめ

    歯の痛みは痛みの中でも強いものですので

    早めに原因を解明して、治療を行うことが

    痛みを早く取り除く方法なのです。

    今回は、歯痛の原因や対処法を項目別に解説いたしました。

    その他に直接歯痛の病ではない尚樹について

    何処のお医者さんに相談したら良いのかも

    症状別に記載しましたので参考にして下さい。

    いずれにしても、歯が痛いのは大変辛く不愉快な症状ですので

    常日頃の歯に対する労わりに気を付ける様にしましょう!

    最後までお付き合い有難う御座いました。

    健康な日常生活を謳歌して下さい!!

    SPONSORED LINKS

    この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!