SPONSORED LINKS

入浴対突画像入浴対突画像

日本人は入浴が大好きな人種なので
入浴と言っても、自宅で入浴する場合と
季節によって、慰安旅行に出掛けて温泉入浴する場合が
多々あると思いますが
ここでは、入浴した場合の効果について記載しましたので
参考にして頂ければ幸甚です。

入浴は精神にとって、大変な効果を発揮します。

「自宅のお風呂に入ると一日の疲れが癒される」
「温泉に入るとリラックスできる」
「温泉に入ると気持ちが穏やかになる」

この様に感じられる事が多いのではないでしょうか

入浴を上手く利用すれば
こころの健康の改善に大きく役立つのです。

しっかりと疲れを癒して、
ぐっすりと眠るには、どの様な事を意識して
入浴すればいいのかを、記載します。

入浴の効能について

①入浴するとどんな効果があるのかについて

入浴する事で「気持ちいい」「癒される」
「疲れがほぐれる」・・・、
この様に色々表現されますが、
要するに「リラックスできる」のです。

入浴すると、身体の体温がやや高くなることで、
副交感神経が働きだします。
副交感神経は、気持ちや身体をリラックスさせる
方向に働きます。

気持ちが穏やかになるだけではなく、
身体の面でも心拍数は下った英り、
血管が拡張してきます。

血管が開く事によって、
身体の隅々まで血液が行きわたる様になるのです。

この様な事で、身体全体が芯まで温まり、
筋肉が緩んできます。

腸管の動きも活発になり、空腹を感じたり、
排便がスムーズになったりもします。

このように入浴はする事によって、
副交感神経を活性化させることによる
リラックス効果」が発揮されるのです。


注意したいのは、、温度が高すぎるお風呂だったり、
低すぎるお風呂だと、
交感神経という興奮効果のある神経が
働きだしてしまいますので、注意しましょう!



リラックスしたい時は38℃~42℃前後の温度
での
入浴がよいでしょう。

睡眠の質を改善する効果

活動をしなくてはいけない日中は高めの体温になり、

ゆっくりと休みたい夜間は低めの体温になります。

夜になると、
人間の体温は自然とゆっくり下がっていきます。

そして、これによって私たちは自然な眠気を感じ、
深い眠りを得られる様になるのです。

入浴は、この「体温を下げる事」に効果を発揮しますので
お風呂に入ると体温は高くなる傾向にあります。

入浴する事で血管が拡張して、
温まった血液が全身に循環するので、
体温は上って来るのです。

SPONSORED LINKS

入浴後も、血管はまだ拡張した状態なので
熱は体の外に放たれ易くなっています。

入浴後は、この放熱効果によって
丁度いい具合に体温が低くなっていきますから

丁度よく放熱された結果、
丁度いい具合に眠気が現れて、
質のいい睡眠が取れるようになるのです。

リラックス効果の高い入浴法とは?

・温度は40℃前後。(42℃以上にしないように)
・時間は30分ほど、ゆっくりと
・シャワーではなく、必ず湯船に浸かること


・湯冷めに注意

リラックス効果の高い入浴法は
まずは、温度が大切です。
副交感神経が活性化しやすい40℃前後(38-42℃)が
適温です。

反対に、水風呂や熱すぎるお風呂は、
「興奮の神経」である交感神経を刺激してしまいますので、
要注意です。

そして、入浴時間も大切です。

5分程度の入浴では、
副交感神経が活性化する前に入浴が終わってしまいます。

全身をリラックスさせる為には、

最低でも20分程度
できれば30分程度の入浴をしましょう。

一人暮らしの方等は、
シャワーで済ませてしまう方も多いかも知れませんが

「身体の洗浄」という目的だけであれば、
シャワーでかまいませんが、

シャワーは身体の汚れを洗い流しているだけで、
身体を温めることは効果が発揮出来ません。

「リラックス効果」「睡眠改善効果」を狙うのであれば、

ぜひ、シャワーだけではなく入浴をすることが大切です。

また、入浴後は
「ちょうどいい程度に体温を下げていくこと」が大切です。

血管が拡張しているので、

自然と過ごしているだけで丁度良く下がって来ます。

寒いところに長時間過ごしてしまうと

急激に体温が下がりすぎるため、睡眠の質が悪くってしまいます。

反対に、
入浴後にすぐにベッドに入ってしまうこともいけません。

熱が放散されなくなってしまい
体温が下がらずに睡眠の質が悪くなってしまいます。

入浴後は、適温の室内で過ごし、
ベッドへ行くのは30-60分はあけるようにすると良いでしょう。

リラックス効果の高い入浴法とは

・温度は40℃前後。(42℃以上にしないように)
・時間は30分ほど、ゆっくりと
・シャワーではなく、必ず湯船に浸かること


・湯冷めに注意

この様な事が言えます。

まずは、温度が大切です。
副交感神経が活性化しやすい
40℃前後(38-42℃)が適温なのです。

反対に、水風呂や熱すぎるお風呂は、
「興奮の神経」である交感神経を
刺激してしまいますので、注意が必要です。


時間にも注意しましょう!

5分程度の入浴では、副交感神経が活性化する前に
入浴が終わってしまいます。

全身をリラックスさせるためには、
最低でも20分程度、
できれば30分程度の入浴を心がけましょう。

「リラックス効果」や「睡眠改善効果」を狙うのであれば、
ぜひ、シャワーだけではなく入浴をお勧めします。

また、入浴後は「ちょうどいい程度に体温を
下げていくこと」が大切なのです。

入浴後は、適温の室内で過ごし、
ベッドへ行くのは30-60分は
あける事が大切なのです。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!