SPONSORED LINKS

取水制限のタイトル画像

取水制限とは、皆さんが快適な生活をするのに
絶対に必要な水を制限されてしまうと
農作物から工業関係や普段の飲料水等に
大きな影響をもたらしてしまいます。
今回は、国土交通省が公表している条例の資料や
最近の流量について調べてみましたので
参考にして頂ければ幸甚です。

取水制限とは

首都圏1都5県の水源となっている

利根川上流8ダムの貯水率が5割を切り、

この時期の貯水量としては8ダム体制となった事により


節水の協力を、求めています!

国土交通省関東地方整備局の条例による飼料をご覧ください

↓↓↓資料の内容↓↓↓

今後のダム周辺の雨は?

今後のダム周辺の雨の見通しですが、

一時的にざっと雨が降ることはあっても、

長続きしないでしょう。

西から前線が北上する、天候による雨は

太平洋側に近い関東南部が中心で、

ダム周辺ではあまり雨量は期待できない見込みの様です。


早めに、節水を心掛ける必要がありそうです。

節水を心がけましょう!

関東地方の水不足が深刻化してきています。
関東地方の、
水を供給している利根川上流の8つの

ダムの貯水量が日に日に少なくなっていています!

最近の降雨量は結構あるのですが

実際のダムに供給される貯水率は上昇しないのは

冬に降雪が無い為の様です。

やはり、冬季に雪が降らないと

この様な現象が起きます。

その様な理由で現在の貯水率が低下していますので

私達も節水に気を付けて利用しましょうね!

流量について

1992年以来、最も少なくなっている。

4月は例年より早く解けた雪の流入もあり

平年並みの貯水量を維持していたが、

雪解け水がなくなった5月は少雨だったため、

貯水量が日増しに減少。

5日に梅雨入りしたが、

今後の降水量次第で渇水も懸念され、

国土交通省は節水を呼びかけている。

流量は単に雨が降らないと水がダムに溜まらないと

単純に考えていましたが、実際には雪の影響が

SPONSORED LINKS

あるものだと痛感致しました。

最近の流量の資料がありましたので記載いたします。


↓↓↓利根川水源の概況↓↓↓

利根川上流域の降水量の画像

渇水に関する用語と基礎知識を知ろう!

水を貯めるには
水を貯める施設には次のような施設があります。


ダムでは

川の水を貯めて、川を流れる水量を
調節するための施設をダムといいます。

ダムの役割には洪水調節や
各種用水の確保・水力発電などがあります。


多目的ダムでは

洪水調節や水の確保や
水力発電など複数の目的を持つダムを
多目的ダムといいます。

大きなダムはほとんどが多目的のために建設され、
こうしたダムには、
矢木沢、奈良俣、川治、下久保、草木、
宮ヶ瀬ダムなどがあります。


利水ダム では

ダムの役割のうち、
生活用や工業用、農業用、発電用などの
水の確保の目的だけのために
造られたダムのことです。


治水ダムとは

洪水を防ぐため下流に流す水量を調節したり、
河川維持用の水の確保を
目的とするダムのことです。


調節池 では

広大な河川敷を有する河川の
中流部などで川の周囲に堤防や水門を作り、
水を貯める施設です。
これには渡良瀬貯水池や
荒川調節池などがあります。

ダムなどで蓄えられた水は
おもに生活用や工業用、農業用、
発電用に利用されますが、
その他にも河川維持用水としても利用されています。



詳しい内容はこちらをご覧ください!

まとめ

今回は、取水制限について詳細を調べて見ました!

条例と流量についての関係資料を掲載いたしましたが

皆さんは普段何も気にしない?で水道は出て当たり前の様に

お考えではありませんか?

然し、水源を確保するには自然と大きく関係している事が解りました。

この様な状態ですから
節水に協力致しましょう!

最後までお付き合い有難う御座いました。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!