SPONSORED LINKS

夏至のタイトル画像
夏至に食べる食べ物とはどんなも食べ物を食べるのでしょうか
冬至には確かにかぼちゃを食べる風習があったように
記憶していますが
改めて、夏至に食べるものについては記憶がありませんね

夏至とは

二十四節気の一つなのですが、
二至 (夏至、冬至) 、二分 (春分、秋分) の
四季の中央におかれた中頃の時期の事です。

すなわち、夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで、
太陽の黄経が 90°に達した日
(太陽暦の6月 21日または 22日) に始り、
小暑 (7月7日または8日) の前日までの約 15日間なのですが、

現行暦では、この期間の第1日目つまり6月 21日または 22日を
夏至と呼ばれています。

夏至には何を食べるのか?

夏至には決まった食べ物を食べる風習は
少ないようですねあまり聞いたことは少ないですね

その理由は、
夏至の頃は、農作物を生産するのに
梅雨明けまでに田植えの仕事を終わらせなくてはいけないし、

(梅雨明け前に田植えが終わらせないと、
不作になってしまうような風習があるそうですよ!)

ですから、農家のもっとも忙しい時期なので、
あまり祝い事のような事をしてる暇が無かったんじゃないかと
考えられます。

しかし、夏至に近い時期の、夏至から11日後頃に
「半夏生」という夏の盛りに、
つまり梅雨明けになる頃(田植えが終わってる頃;田植え休み)に、
麦の収穫時期なので麦もちを作るという風習の残っている
農村も多いらしいのですが、

地方によっては、一つのお祝い?や一休みの間を利用して
何かを食べる風習もある様です。

【関東地方】夏至の食べ物の習慣

関東では、古来から小麦と稲の二毛作が生業とされていました。

それらを原料として、夏至では小麦餅という食べ物を
食べる習慣があった様です。

小麦餅は、関東に住んでいる方でも初めて聞く人が
多いかもしれませんね!

一つの縁起物として食べてみるのも風流かも?

【関西地方】夏至の食べ物の習慣

関西では、たこを食べる習慣があるそうです。

この習慣は根強く浸透していて、

最近でも食べる習慣があるようです。

関西にお住まいの方は、

SPONSORED LINKS

夏至にたこを食べたことが記憶にあるのではないでしょうか?
蛸の画像
この由来は、たこの足のように稲が根強く育って
ほしいという願いが込められているようです。

ただし、関西地方の中でも地域によっては
少し食べ物が違っている様ですよ!

奈良地方では、関東と同様に小麦餅を食べる習慣があるようです。

また、京都地方では水無月という和菓子を食べる習慣があるようです。

夏至の食べ物の習慣(その他の地域)

香川県の地方では、うどんが有名ですよね?

香川県地方では夏至にうどんを食べる習慣があるようです。

なんと驚いたことに、

香川県では夏至をうどんの日として定めているようです。

鯖の画像
福井県地方では、サバを食べる習慣があるようです。

サバには栄養がたくさん含まれていいるので、

元気よく農業を行えるように、この習慣がついたそうです。

愛知県地方では、無花果(いちじく)を食べる習慣があるようです。

愛知県の一部の地域に限られることのようですが、

とても独特な風習ですね!

さらに、日本だけでなく、

海外でも夏至に食べ物を食べる風習があります。

例えば、スウェーデンでは、

ニシンを食べる風習があるようです。

海外でもこのような風習があるとは驚きですね!

まとめ

春から初夏になる頃即ち夏至の頃には

昔から農業に携わって居られる方々の一つの農業の

区切りとして、いろんな物を地方によっての風習が

あった事に痛感しました。

改めて、今年の夏至には是非昔からの風習にならって

いろんな地方の風習を思い出しながら

その地方の食べ物を味わうのも風流なのかも知れません。

最後までお付き合い有難う御座いました。

SPONSORED LINKS

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます!